So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

長い夢から醒める時。 ~松田直樹 [Marinos *]

松本山雅サポのみなさんには、山ほどの期待をしていただければと願います。応えるよな?マツ。こっちのことはしばらく忘れてくれていい。と、ゆー気持ち。もはやかなしくはない。楽しみにしてる。
posted at 1/9 12:27:34

*****************

見たわ、緑ユニ。「え?ジョモカップ?おーるスター?」と脳が勝手に。
posted at 1/12 09:22:09

思うことはいっぱいあるけど、山雅サポさんにいっぱい叱咤激励されるといい。強い想いには(紆余曲折しても)応えようとするし、逆に、それだけが彼の燃料。
posted at 1/12 09:22:33

まず、また、“ただの、いち選手”として。うちでは“ただの”には戻れないとこまで押し上げられてたから。移籍して手に入れたものだよ、そこ。
posted at 1/12 09:24:57

toricoballine3.jpg

「一番好きな選手って誰?」などと聞かれると、たいへん困る。

(プレースタイルの好みで、年中肩入れする選手は複数いるし、
観戦履歴の濃さと重なる選手は、“目の中にいれても”だけど。)
そのシーズンそのシーズン、その試合その試合、と、変わるし、
「今、この選手にがんばってもらいたい。」とゆー目線になる。
「この選手が今チカラ出してくれたらチームが(ゲームが)おもしろくなる」とか。
いつからか、そうなった。

それでも「誰かひとり」と言われたら、
私はまちがいなく「松田直樹です」と答えるだろう。

16年もの長きに渡って、トリコロールを支えてくれたというのもある。
ルックスもある。やんちゃなキャラもある。
弱さだだもれさせちゃう幼さもある。
いつもこっち(スタンド)をまっすぐ見つづけてくれたという姿勢もあるし、
「ぁーーったく、あいつは何を血迷ってるのよっ!」とゆー心配ばっかしてたこともある。
でも、それはオマケといえばオマケで、
私は、
最終ラインで、あのいからせた肩で、ばっさばっさと
相手選手を(神経もろとも)切り裂いていく姿が好きだった。
「マツにやられた選手はきっと、悔しさを突き抜けて笑っちゃうんだろな。」と
相手を読み、試合の流れを読み、
思考というより、持って生まれたカンと気質で恵まれた身体を駆使して。
時に挑発的な光を放ちながら、
「おらおらおらおらぁー」と、“ちゃぶる”ディフェンス。

観戦履歴の早い時期に、マツのプレーを観ていた私は幸せ者だと思う。
ディフェンスのおもしろさ、ディフェンスの攻撃性、
ひいてはピッチ全体をおもしろがれるようになったのは、
マツのおかげだと思う。

そういう意味で、
マツのプレーは私の中での“マリノスらしさ”の象徴だったし、
サッカーそのものだった。

toricoballine3.jpg

そのあたりのとらえかたが、サポーターとマツは近いのでね。いちサッカー選手としての道でみせてくれる佑二とクラブあってのサッカー選手としていようとしたマツは対称的で、どっちが偉いとか正しいじゃなくて。
posted at 12/5 14:25:46

こっちに逃げないでまずそっち方面でがんばれよ>3、と思ってた時期があるので、まことに勝手きわまりないのだけど。
posted at 12/6 15:31:03

このブログを読んでくれていた方ならば、
私がマツに対して、じれったさを持ってきたのはわかってもらえると思う。
年齢を重ね、チームを支える不動の位置で、
若い選手を先導しながら、その選手たちに“道を空け”“穴を埋める”ような姿勢。
そのマツを否定する気はないし、それは“成長”なんだと目を細めながらも、
「好好爺やってる場合じゃないんだよっ!」という。
ベテラン選手として立派な言動を見るにつけ、
言葉は汚いけど「そっちに逃げんなっ!」と思うことはあった。

01年、残留争いのさなかに、“将軍”は誕生した。
全然器用なキャプテンシーではなかった。
坊主ならぬ“金髪願掛け司令”で、嫌がる俊輔まで自らの手で茶髪にしたと思うと、
鹿戦の敗戦後パニックになりピッチで耳をふさいでおびえ。
無骨な、むき出しの、先導。
『一丸となって』おおいにけっこう。
でも、あの時のマツは、
『ぜってぇー“俺が”止めてやるっ!俺の屍越えねぇーとゴールなどさせねぇ!』と、ピッチに立ってた。

それを、思い出してほしい。
前面に押し出してピッチに立ってほしい。
それが、マツのキャプテンシーなんだよ。

松本山雅への移籍は発表された。
むき出しの、“いち選手としての”マツをみたい。
「一番好きな選手は、松本山雅の松田直樹です」と、私にいわせてほしい。

toricoballine3.jpg

まぁ、稀な存在なのよ、マツは。言葉悪いけどサポもマツもお互い甘え合いとゆーか、夢みてた。でも、幻想じゃなくて理想に化ける夢もある。水かぶって「幻想で終わっちゃうわけ?」ってのが、ムカーっ!と来たんだと思う、あたし。
posted at 12/5 14:31:12

私にとって(たぶん多くのマリサポにとって)、
松田直樹は夢だった。長く熱い。

マツにも、私(たち)にも、同じく夢から醒める時がやってきた。
足元を、現実を、本分を、もう一度見る。
そういう時が来たのだと、覚悟した。

お互いがそれぞれに、しっかり歩めば、
またいつか、“理想”としての夢の続きを、一緒に観ることができると、思ってる。

Image016.jpg ありがとう、マツ。
また、会おう。

タグ:松田直樹
コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。