So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

それでは、トリコのGW快進撃を祈る! [Marinos *]

GW連戦もあと3つ。
京極で、九石で、そして、まずは土曜日の横国で、
090429-panorama.jpg

選手の“勝つための”日々の積み重ねが、お互いの敬意と理解で紡がれて、
大きなチカラとなって躍動し、
トリコのフラッグがはためく美しいゴール裏とリンクして、
きっちり3回、トリパラが廻ることを、信じて祈ってます。
(そしたら、勝点18ぢゃーん♪)

・写真は、パノラマ撮影してみた4/29の横国ナイトヴュー。
・多少、“新型ウイルスの疑い”の影響が心配になってきましたが・・・・。


toricoballine3.jpg

と、言う事で、帰省しますので、 GW開けてTVなり現地なりで試合を観るまで、
ブログもお休みです。

よっぽどの感情の揺れが起これば、記事あげすると思いますが、
(か、モンテ地元情報とか。)
なにせ、試合観ないわけなので、
とるにたらない“鼻でぴーんっ”な記事になることうけあいです。
(ふだんからそーだっ。とも思うが・・・・。)
試合あってのサポ生活なので、
みなさまにはトリコGWの快進撃を楽しみ尽くしていただきたいです。
(観れないのは観れないで、なかなかちゅらいものです・・・・。)
GW開けには、トリコ熱もすこしクールダウンして、
年齢相応の冷静なサポ(あこがれるわぁ。)として、横国7Fに復帰したいところです。


コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

完全復活!スピードスター! [Marinos *]

いっやあ、がまんならずに記事あげです(笑)。

兄の先制もすばらしかったが、
サカティが゙戻ってきだんだねぇ。
あちこちテキスト読んで想像してたより、もっとサカティ度が濃かった。
待ってたよぉ、ほんと。
ノりはじめたら、止めらないよぉ♪
運よく連戦。慎重にならずに、大人ぶらずに、今は、自分をどんどんのせてもらいたい。

現地応援のみなさま、
おつかれさまでした。
一気に8位。いや、まだまだいける!
マツの怪我は、どれぐらいのものでしょうか?


ナオのハットトリックにもびっくりです。
よっぽどのってますね。
怪我とかするなよぉ。


いじょ。
『スパサカ』の超゙ゴール゙ダイジェストでわかるのなんて、ゴールシーンだけですから。
そこしかわかりません。
これって、゙サッカーの魅力゙の何パーセントを伝えられるのだろーか?


タグ:坂田大輔
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

このさびしさをさくらんぼでうめてみる。 [Marinos *]

観戦休業中ですが、ちょこっと時間があいたので、
京都戦についていろいろ見てまわった。

こーきち君、また“うずうず”しちゃってるのねん。
“うずうず”がいい方に転がればいいが。
そこは“うずうず要員”の選手のがんばりによるぞ。

この記事読んでたら、
トルシエ思い出しちゃったよ(苦笑)。

toricoballine3.jpg

サッカー漬けの日々から、
いきなりテキストとダイジェストのみの生活になると、
いいようのない寂しさもあり、
せめて「『エルゴラ』読みてぇ!」と、昨日コンビニ3軒回ったが、
ピンクの新聞はみつからず、
実家のテレビのCSボタンをついつい押してしまいそうになり。
「Jにことさら興味のない人の生活って、ほんとに試合観ることとほど遠いところにあるのねぇ。」と、
サッカー漬けの日々が、実は“あたりまえのことではない”のが身にしみます。
この乾ききった気持ちを、佐藤錦(さくらんぼ)で埋めているGW。
090509.jpg


京極のみなさま、スカパー前のみなさま、
今日もそのしあわせを味わいながら、応援よろしくお願いします。
私は、家事手伝いしつつ携帯サイトのテキスト速報をチラ見しながら念を送ります。

京都の陰陽師が・・・・。
私、余力あるんで、祓っときますわ。

toricoballine3.jpg

後半、テキスト速報みてましたが……。
ポゼッション68%なのに!?
終盤、猛攻だった様子。
遠征のみなさんの声が聞こえてきそうでした。

去年も、チームがのりはじめたころに、゙ぬゅらぬゅら京都゙にエアポケットだったのよねぇ。

積み上げてきた得失点差プラスのおかげで、
順位だけは、ガタ落ちしなそうですが……みごとに並んできました、勝点。


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

12-sevenから抜け出すための5/9。 [Marinos *]

「しばらくお休みします」が、けっきょくお休みしてないブログ(苦笑)。
京都戦後の選手コメ、申し合わせたように“自滅”っぽいことを言っていて、
ポゼッション68%なのにシュート数11本・・・・・。
裏返すと京都は32%で2得点。
「いったい何があったのだ??」と、もんもんとしてましたら、
いつも頼りにしてるLoose blog 様が、早々にレヴューをあげてくださったので、
「そーゆーことだったか・・・・・・。」と思ったしだいです。

試合の内容のことは、
まったく観れていないので、どーのこーの言える立場でもなく。
毎年毎年、ぽこっとエアポケットというか、
「なにもかにもが裏目裏目じゃーーーー!」という試合はある。
いわずもがな、去年の京都戦もそーだった。
(そーゆー試合をさせるチームって、ある・・・・。りすっことか。)
だから「やっと乗れてきたところで1敗」ということに関しては、さほど心配してない。
そんなにトントン拍子にするする上がっていくはずもなく。

「ほんとに大丈夫か?」と思うことのひとつは、
やっぱりこーきち君の“うずうず”ですかね。
『いい時こそ変える』とゆーのは、ほんと、うまくいけばオプションは増えるのかもしれないけど、
最悪は、積み重ねがなくなって熟成などほど遠くなるんじゃぁないの?と思いますし、
ベースもしっかりしてないのにオプションばかり増えても使いきれるのか?っつー。
京都戦に関しては、
マツ不在の難局をどう乗り切るか?と、
前3枚活かすための健太ボランチ3試合め、というだけで、りっぱに新しい試みはあるわけで。
それ以上に何か企てられても・・・・と、いう気はします。
チームの幅を広げることは大切だけど、
矢継ぎばやでは追いつかないし拡散もしてしまう気がします。
熟す前の果物を早く収穫しちゃうよーなものなのではないかしらん?
(最高の時期に味わうことなく。)
まぁ、結果論ですが・・・・。
あまり落ち着きなく起用されて、自信喪失されても傷深いですから・・・・。
がっちり固定されたスタメンでは、いずれ息切れするのもわかるから、
けっして悪いことではないと思うのだけど、
バランスに気をつけないと、
ずーーーっとチームは液状みたいに不安定なチームになってしまう危険性もあるので、
お試しは1試合に1つでお願いしたいなぁ。
試合は紅白戦とかミニゲームの延長ではないので。

あとひとつは、ピッチ内での修正。
そう簡単なものではないとは思う。
だから何度も繰り返してしまうのだと思うけど、
全員が同じことを思ってて、90分修正がきかないのはなぜ?
でも、ものすごくできてる試合もあって、
じゃ、なぜこの試合はできなかったのかを、
それぞれが考えるんじゃなくて、ちゃんと話をして共通の課題にしたほうがよい気がします。

toricoballine3.jpg

チームも認識しているみたいだけど、
このGWは、上で戦えるか、下で戦わざるえないかの分岐点。
近年の中位定位置に甘んずるか、抜け出すか。

(川崎が1試合少ないとはいえ、)勝点12が7チーム。
5/9は、“うずうずを自制して”勝ちにこだわってもらいたい。
大分、伝説になりかけた監督の進退までかかっているというじゃあないの。
そうとう必死で来ると思う。

勇蔵も全体練習に復帰したらしいのはいいニュースだけど、
小椋は出場停止だし、
マツも戻ってこられるのかどうかだし、
そこを整えるたけで精一杯の状態なのではないかと想像しますが。

こーゆーぎりぎりの難局ひとつひとつを、
どーやってみんなで乗り越えて勝ちを拾っていけるのかが、
チームの自信にも地力にも繋がる気がするのだけどな。

どーなんでしょーか?



コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

試合を観れないと、 [Marinos *]

こーゆーことに過剰反応してしまい、
いろいろよくないほーにどんどん心配して、結果眠れなくなってしまうよーなことになる・・・・。
明け方になって、
「九州のチームはきっと結束がカタイから、大分戦への心理作戦だ。そーにちがいない。」
と、むりやり言い聞かせてやっと寝た。

試合観れてれば、
本筋のところでドキドキしたり、わくわくしたり、喜んだりできるのだがなっ。

で、どーせ本筋外なら、
「まじめにかわいいぞ、そのスニーカー!」などと、
気持ちに害のないほーに走ってみる。
静岡産の男子って、カラーな靴が好きだな。
静岡産の男子って、髪立てるのも染めるのも好きだな。
静岡産の男子って、そーゆープリントTシャツ好きだよな。
とか、
(数少ないサンプルだが)“過去の静岡産男子”のファッションセンスを、やたら思い出す14番ブログ。
ちなみに過去の静岡産男子は、
金髪に抜いたあと、普通の色だと落ちてしまい、
ブルーだの、グリーンだのピンクだのに染め替えていましたが、
そんじゃあのステキなパープルの靴にはあわないので、
アビシニアンみたいなチャコールグレーがいいと思う。
(みためちょっと老けるけどな。)

うん、うん、こっちのほーが気持ちに害がないな。

あー、こんなことなら、マツのご本でも入手しておけばよかった。
この人の行動にも、(数少ないサンプルだが)“過去の群馬産男子”の気質を思い出す。


・・・・・むなしい・・・・・なんか、ひじょーにむなしい・・・・・。

ホーム東京戦には、復帰したいです。


お洗濯して、お掃除して、お昼ごはんの準備しなくっちゃ。
(主婦のみなさんって、たいへんなのねー。)


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

横浜名物・DF祭り? [Marinos *]

よかった、よかったぁ。
GW連戦3勝、達成!

ひさしぶりに、
゛裏返しても点とれそうな横浜゛な得点者名。
マツ、1試合ブランクをものともせず、だったみたいですね。
(テキスト速報をみると。)

今日は、兄ボランチだったようで。
試合の中で、兄と健太とチェンジがスムーズにできると、
相手にとっては、イヤだろーなぁ。
そんなことができるのも、
気遣いキャプテン・兵藤、いてこそ、ね。

シュート数をみても、後半の我慢の時間は長かったようですが、しのげてなにより。

今日は、゛脳内想像観戦゛楽しかったです。
来週帰京して、録画観るのが楽しみです。

選手、そして遠征組のみなさん、
大分は夏日とか。
暑い中、おつかれさまでした。

来週は、参戦できそうです♪
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

『滞在10日のモンテ事情』と『遠距離マリノス愛』。 [J LEAGUE *]

今、新幹線で帰京中。
帰ったら、川崎戦から順番に観るんだぁ♪

はてさて、
山形にいながらマリ試合の脳内観戦ばかりやってたので、
晩ごはんの準備しているうちに『天地人ダービー』ざんねーん!だったモンテディオ。

しかし、
・勝率で金利が変動する預金ができてたり、
・モンテ仕様のスポーツドリンクが発売されていたり、
・各温泉や観光地は、遠征ついでか?微妙に集客上がってるみたいだったり、
大河ドラマや『おくりびと』とモンテで、全体的に例年より盛り上がってる感じ。

月頭、5/1の山形新聞の゛こよみ゛など、
郷土の行事より、モンテの試合の日のほーが目立つレイアウト、っつーぐらいです。
0905012.jpg
     0905013.jpg

私がマリのスタメンメールとかゴールメールを見てる日は、
母も゛サッカーのある日゛という認識があるらしく、
「テレビはないの?」と毎回。
残念ながら、GW中、モンテの地上波放送は、なかった。
母も、地上波で放送した試合は観ていたみたいで、
゛サッカーという競技がおもしろい゛というより、
まずは゛地元のチームがけっこう強い゛ところにワクワクしはじめている段階なので、
そろそろ試合が観たいんだろうな。

山形は、今季、スカパーの新規契約がNO.1らしいのだが、
母や父の年代になると、CSの存在さえ知らないと思う。
「スカパーだったら毎試合観られるよ。」
「あぁ、よくテレビでCMしてる゛すかぱー゛って、そーゆーのなのねぇ。」

『観たいなら、能動的にチケ買って、スカパー契約しろ。』なんつーのは、
比較的自分しだいで時間の使い方とか収支とか、コントロールできる人たちには言えるし、
人口が多くて、コアなとこだけとつきあってもやれるクラブならいいのだが、
山形の、現時点での゛一般的なJリーグとのつきあい方゛を考えると、今、岐路のような気がします。
興味があっても何試合も観られないという、うちの父とか母を見ていると、
「なんか、すごーくもったいないなぁ。」と思った。

おっきい有名なチームに勝ったり、分けたり、
モンテの戦いっぷりは、県民の興味を引くのに申し分ないのだが、
試合を観てない゛ファン予備軍゛→゛サポ予備軍゛には、『結果』でしかないのよねぇ。
放送権料の問題とか、あるとは思うんだが、
せめて『天地人ダービー』ぐらいは、地上波放送してほしかったなぁ。
そこがね、「モンテの試合に行ってみよー。」と、
スタジアムに足を運ぶキッカケにもなると思うんだけどな。

大分戦のゴールメールに、
「を、佑二。セットプレーだねぇ♪これっ!」とか、
速報テキストに、
「マツってば。゛将軍の弓矢゛フィード!」とか、
脳内中継炸裂中の娘に、
「楽しそーで、いいわねぇ。」と母が言ってました。

ずーっと、仕事1本で生活してきて、いまだ現役。
゛娯楽=後ろめたいこと゛ぐらいの意識さえある
昭和高度成長期に必死にがんばってくれた父や母の世代の
゛これからの楽しみ゛のひとつに、モンテがなってくれればいいのになぁ。

私は生まれた土地を離れてマリサポだし、子供もいないから、なんですが、
じいちゃん・ばあちゃんから孫っこまで、
家族一緒に地元チームの試合でワクワクって、
そーとー楽しいだろーなぁ。

私自身は、引っ越すことになっても、いまさら゛移籍はムリ!゛ってことを、痛感したんだけど。09GW。
全然、マリ熱下がんなかったよ……。
ちょっと下がってくれれば少しは真っ当な社会人っぽくなれるかと画策していた。
むしろ、離れてれる分゛強烈妄想片思い゛的な。
遠距離恋愛って、こんなでしょーか(笑)?
夏の帰省の時には、CSボタン、押しちゃうと思うわ。

早く来ないかなぁ♪土曜日ぃ。
ホーム東京戦!


コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

『闘争人』消息不明 [Marinos *]

090513.jpg
昨日、渋谷。今日、新宿。
全滅です。

やはり、多摩川・鶴見川を越えたところまで捜査範囲を拡げるべきか?

いったい、初版は何冊だったのか?
こりゃ、トリコロールの3番のチカラ、みくびりすぎぢゃろ?
ま、先行販売で買わなかった私がワルイ、よな。

toricoballine3.jpg

このあと、ハンズとかぶらぶらして、
あげくここでJSH.jpg別の本をしばらく読んで、
「増版待ちかぁ・・・・」と、あきらめたんですが、
あったんです。
試合は最後まであきらめちゃダメってことです(ちがっ)。


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

『闘争人 松田直樹物語』 [Marinos *]



「そそ、そ、ほんとバカ。」
「あんたって、人は・・・・。」
「もぉぉぉぉ、どーしよーもないんだよ、まったく。」
「ほんと、懲りないってゆーか、学習しないってゆーか・・・。」
と2ページに1回は笑いながら罵倒しているわけですが、
始終、うっすらと涙が。
マリサポであれば、読んでる時の態度は大きくかわんないかもしれないです。

toricoballine3.jpg

ここのコメント欄にも書いたんですが、
一昨年ぐらいに、ふと、
「マツ、なんか背中がちっちゃいよ・・・・・。」と思ってたことがありました。
だいたいにおいて、自身がマリサポになったきっかけの選手(1/2)なので、
ずーーーーーーーーーっと観てるわけで、
いい時も悪い時も、「あの3番の背中があれば、だいじょーぶ!」だったんです。
その背中がはじめてちっちゃく見えたので・・・・不安でした。
マツが、とともに、チームも。
それでも、「いつか絶対戻ってくる!」と、どこかで信じていたわけで。
そう信じさせちゃうのが、マツなんですな。
その後、「俺はいいから。みんなのできないところを俺が。」みたいになって、
「をいをい、隠居気分じゃ困るんだけど。」と思ってたら、
あれよあれよとやっぱり前面に戻ってきてくれて、
去年終盤(真ん中に戻ったぐらいから)、またあの背中が。

ま、ここ見に来てくれている方なんて、ほぼほぼマリノスサポやファンなんで、
何書いてもご承知の通りだと思うので、ご本の内容については多くは書きません。

人には払いきれない業とかクセとかあります。
私もあります。
「わかってるんだけどぉぉぉぉぉ。」っつーやつです。
マツの場合は、その「わかってるんだけどぉぉぉぉぉ。」までもが、
むしろそれがあるから、愛されつづけてしまうというのか。
だいたい、人間なんてその“どーしよーもなさ”と一生連れ添っていきてくのです。
でも器用な人はその“どーしよーもなさ”をうまく隠す。
マツはその“どーしよーもなさ”を隠そうとしないとゆーか、隠し切れないとゆーか。
だから、マツは愛される。
稀有な選手です。
そんな爆弾みたいな選手が、15年も在籍して、顔になってるマリノスも、
よっぽど稀有なクラブなのだと思ったり。
コミや勇蔵のコメント部分を読んでると、
「これで成り立っちゃってるわけですよ」と、思います(笑)。

スタッフコメントに『(過去のことが嘘のようです)いまのところは。』ってあります。
はい「いまのところは。」です。
だってぇ、反省とかして自重したり地道になったりすると、逆に調子おとしたりとかぁ。
「もぉ、カードなんかもらわない」宣言の時のプレーとか、「をいをい」だったし。
いやいや、スタッフもサポも信頼してないよーで、その信頼は絶大です。
だって、性懲りもなく“ちゃんと戻ってくる”ことだけは実証済。
プラスマイナスの振り幅がマツじゃなくて、
何があっても“チームのために這い上がってくる”それこそが、松田直樹です。
マツを観つづけるなんて、そーとーのマゾっけというか、
(言葉悪いですが)“極道の妻”並みの耐性が必要ですから。

ま、その時は聞き入れよーとはまったくしないけども、
ヤスとかユキヒコの他に、
知らず知らず高くなる鼻をペキーンっ!ていう役は必要ですかね、チーム内にも。
『やれよ。』『やれねえよ。』の那須君は有力だったんだけど、やっぱ、勇蔵かな?
(後継者にそういう役を頼れるのも“マツだから”です。)
「あんた、調子にのっててあぶない。」勇蔵なら言えそうだ。

このご本が出たからといって、それだけで、
岡ちゃんは代表招集検討はしないと思います。
でも、ユキヒコもコメントしてますが、
『(何試合に1回は)心技体がすべてそろうとき』のマツは、
今でも№1ディフェンダーだと、私は思ってるし、
マツが代表を離れてから、
「ほらなぁ、マツがいれば防げたのにっ!」と言うのが代表失点時の常です。
(ドイツW杯の時なんて、そればっかりでした。)
なので、
代表招集を目標にしながら、
私がずーーーっと自信を持ってそう叫べるようなプレーを、
マリノスで続けてください。

(佑二もジロも馬場ちゃんもそーだけど)
30超えよーが、プロサッカー選手なんだからね。
サポは、「三十路だからぁ」なんて、みちゃいないし、
逆に「ベテランなんだから」って、観てるんだから。
(自分たちで『おっさん』とか言わなくてもいいっつーの。)

toricoballine3.jpg

あったんですよ。
新宿から湘南新宿ラインで川越えようかと思ってたら、
通勤ラッシュにぶつかっちゃって、
「うーーーー。」と、自分ちの駅で降りて、
昨日はなかった駅ビルの書店に、「もしかして」と寄ったら。
ま、でも、ヒデとか赤いチームの旧本の間に1冊だったけど。
を、初版だっ!
全国の書店のみなさん、これは、面出しでお願いします!

で、その書店の隣りレジで、
ものすごい派手にバぁサバサバサぁーと、本をカウンターに広げて、
「商品券でっ!」って、すっごい大きい声で、
あまりの自己主張っぷりについ見ちゃったら、
全部赤いチームの本だったわけで。
(別にサッカー本専門店ではないです。)
その方も、私の買ってる本を見て、
次の瞬間「キッ!」って目力変えられたので、
『やられたらやりかえす』マツ精神(?)で、「6/21よっ!」と目に力を入れてみた。
でも、それじゃあ大人げないんで、
うちのチームらしく(?)品位と敬意をもって、
「ごきげんよう」なんつー笑顔をみせて帰ってきた。



タグ:松田直樹
コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

わたしもボーダーで行こーっとぉ。 [Marinos *]

開港150周年記念ユニ。 すてきらっ!

この記事だけ読んだ時は、「ぼ、ぼーだーかぁ。」と、
『エルゴラ』人気投票では№1人気らしい“しかユニ”を思い出してましたが、
そ、そ、うちトリコロールだからぁ、さわやかだぁ。
(あ、「年間通してこれでいきます!」だと「えっ!なんですとっ?」ってヒクと思います。
♪ふぇすてぃぼーなので、これぐらいがいいと思う。ってことです。
年間通されると困るんで、つけくわえときます・・・。)

やんぐな今季のメンバーには似合いそうです。
衿元がちゃんと編みたて衿仕様なので、ベテラン陣にも。
(あ、GKユニはないのか?記念ユニ。)

2試合限定のユニ。
職業柄、“小ロット生産”っていうのがどれぐらいたいへんなのかはよくわかります。
とくにボーダーって、プリントじゃなくて先染め(糸を染め分けて編みたてる)だと、
生地作るロットっていうのもありますから。
ある程度の量を作らないと、編み機の糸取り替えたりとか工場的に時間ロスも多いわけです。
にーけさん、ご協力ほんとにありがとうございます。
ゴーン社長は、「黒字転換は2011年3月」とか、
なにかと、苦しい話題の多い中での開港150周年。
身の丈経営は大事ですが、
とっても横浜らしい華やかな企画で、ちょっとうれしいですわぁ♪
ぜひ、サポ向け販売も実現してもらいたいところです。

浦和戦とガンバ戦は、私もボーダー参戦しよーっと。
セント・ジェームスのバスクシャツは、いっぱいある。

toricoballine3.jpg



ちなみに、


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。