So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

をぉ、みごとにノーマーク(苦笑)。 [Marinos *]

スカパーの開幕直前SPを見ました。
豪華解説陣、自由奔放。
日韓W杯時の『ワールドカップジャーナル』(名番組!)の、
「なんだかんだ言って、みなさんサッカー大好きだよなぁ~」な空気を思い出してにんまりです。
大御所揃いの中で、ななみんがなかなかいい味だしてました。
(やるんですかね?スカパー解説。)
着目点とか聴いていると、やっぱり自分が影響されている解説の方は、わかる。
金田さんとか、水沼君はもちろんですが、川勝さんとか。
「もぉ、くりかえしては観たくないです。」となる中継は、けっこう解説者によることが多いです。
逆に、川勝さんとか原たんは、何度も観るので、場面場面の発言とか覚えてしまいます。
(08年のベスト解説は、柏アウェイの原たん解説。)

スポーツ報道に関るJリーグOBは多いが、
うちのOBは、いつもうちに厳しい。
それは、ある意味プロ意識というのもあると思うので、全然いいです。
(期待とか愛情の裏返しとゆーのもあると思うし。)
鹿さんとか赤いチームとか、もぉ、“丸出し”の方々もいて、
劣勢にコーフンしちゃって、実況の人と会話が成り立ってなかったり・・・・。
対戦チームサポの視聴者としては、げんなりすることも多く、
「あーは、なってもらいたくない。」とも思います。
が、『キクマリ』あたりで、
OBぶっちゃけ座談会でも、一度やってみてもらいたいです。
「だから、坂田が打ってるんだから、こぼれ球拾えるところにいろよ!」とか、
「まぁ、こーきちは現役の時から、こーゆークセはあった。」とか、
「俊、戻ったらとーすんの?中盤。」とか。
クラブとの履歴とか、他お仕事への影響もあると思うので、
絶対実現はしないと思いますが、
一緒に観ている気で、中継など観ていると、なかなかもーそーがふくらみ、
楽しい遊びです。

ま、今日は、順位予想などあったわけですが、
8人ぐらいいて、うちはまったくもってノーマーク。
みごとに全員5位以下です。中位定着すっよ7位~10位あたり。
優勝予想は、鹿島・川崎・ガンバに集中。
(名古屋が意外と・・・・。)
川勝さんが、
「(10位予想だけど)横浜はおもしろそうだ。狩野が伸びてるし。」と、
ちょっと言ってくれたぐらいで。(さすが、同じジムショ・・・・。)
しかし、その話題を切ったのが水沼君。
「広島だよね、広島、おもしろいよ、きっと。」
まぁ、ノーマークの方が、なにかと戦いやすいので、
“兄貴の愛情”と、勝手にうけとめよう。
どっちにしろ、うちの名前が出たのは、ここと、
過去3連覇に挑戦した3チームのフリップぐらいです。
ほんと、人畜無害なチームになってきちゃったわぁ(笑)。
やっぱり“井の中状態”なのぉぉぉ。
赤いチームの名前は、やっぱりいっぱい出る。
新体制への期待らしい。
(いや、赤いサポのボリュームのご機嫌を損ねたら、死活問題だしね。スカパーも。)

最後の今年のJへの期待で、
金田さん「アタッキングサードでの崩しのバリエーション」
水沼君「若い選手を思い切って使っていく監督采配」
ななみん「(予想はしましたが)予想外のチームの意外な快進撃」
をぉ!うちは、応えますよ、応えますとも!その3点!

toricoballine.jpg

金田さん的には、
「(この不況下でも)補強がんばったチームに、期待したい。」ってところみたいです。
これは、補強特集の『サカダイ』でも言ってました。
いろんな企業がスポーツ部を閉鎖したりしてることを、
実は、一番さびしく思ってるんだと思います。
「こーゆー時だからこそ、しっかり普通に楽しませてくれ。」な感じが伝わります。

OBから苦言を呈されても、うちは道を選んだのだから、
選んだ道を突き進むしかないし、
愛と期待の苦言に、しっかり応えるには、
現選手にがんばってもらうしかないです。
今年も“純国産(+アジア枠2)”です。
だからこそできるサッカーで、行けるところまで。

私はただのサポなので、
優勝予想は、ずばり、マリノスです。
そーいえちゃうのが、サポですものぉ。

toricoballine.jpg

おぉ、坊ちゃん!ハットトリックぅぅぅぅ!
あのマブタが“勝手に二重”の時は、
身体は疲れてるけどノッテマス、な状態だと思います。
休まずに、徐々に上げていく段階かと思われる。
しかし、7-0って・・・サッカーのスコアだろーか?
ちょっと前のACLみたいだ。
最後のFK、コースもスピードも「さすが。」だったが、
あのスカスカの壁・・・・。守る気あんのか?
どーなっとんじゃ?スコティッシュ・プレミア。

佑二、全国地上波で、“マリノス愛”と“アムロちゃん愛”を語るの巻。
こーゆーのに、
「いいよぉ、全国ネットで言わなくてもぉ、はずかしいなぁ。もぉ。」という気質が、
OB解説者をも苦言に向かわせるのかっ?

獲るぞ!タイトル!な、佑二。
驚いてください。サッカー解説者のみなさん。


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

『タワー乱立』 09セットプレー。 [Marinos *]

昨シーズンの後半戦、残留に大きく貢献した“秘密兵器・クナン”。
フクアリの入場待機列で、「まじっ?」と、チームサポでさえどよめいていたのだから、
残り数節で、韓国代表レベルのDFをセンターFWとしてスタメンさせたこーきち君の勇気よ。
そりゃ、相手チームだってびっくりだ。
「またまたぁ、だ、だいじょーぶ?」と思ってはいたものの、
その後のFWとしての活躍で、
『スーパーユーティリティー・柳想鐵 、再来。』とまで期待してしまう、サポ(私)のゲンキンさよ。
DFとしての身体の使い方もあって、ボールはおさまるし、高いし、足元の技術もしっかりだし、ポジショニングはいいし、人の獲った先制点でもアドレナリン出ちゃうし。
走れば徐々にスピードを上げていく。
(川勝さん解説だと“馬力”だそーだ。短距離より中距離。テセとかもこれだなぁ。)
「うっわー、マイク帰って来ても出番あるだろーかぁ?」だったが、
ここまでの練習試合で、「本格的覚醒か?ありがとう、アビスパ。」ぐらいの好調マイク。
そりゃ、“ツインタワー”と、話題にもなろー。

正直、07シーズンは、「も、いいから。」とまで思っていたマイクです。
交代して、デカさで威嚇はできるものの、ヘディングで競り勝つ確率も・・・・。
有効なポストとしてのポジションも・・・。
あげく、デカさのあまり、“スピード隊”の進路までふさいでいるよーにみえていたし。
あまりに度重なると、相手DFもこわくはなくなるので、
怪我がちでも“久保効果”のあがった久保ほど、オトリともなれず。
それでも、ずーーーーっと、使いつづけた早野さんでした。
しかし、J2で7得点あげて帰ってきたマイクは、違うらしいぞ。
DF登録のクナンが活躍するのを、福岡でどんな気持ちでみていたか?
(私でさえ、「マイクが健在なら、マイクの仕事だったよなぁぁぁ。」と。)
(しんどいことはなるべく避けて通りたい)私だったら、
“復帰志願”などしなかったと思うが、
マイクは、帰ってきた。自信と、意地と。

うちの前線がオフに話題に上るなんて、
安君×久保の“日韓代表ツートップ”以来なのでは?
まぁ、期待の“日韓代表ツートップ”は、実はあまり多くはなかった。
かわるがわる離脱してたからね。
(そこをずーっと埋めて支えたのが現11番である。)
あれ以降は、ちびっこ前線に慣れ親しんできたので(オオシだって、ものすごいでかいわけではないし)、
“ツインタワー”といわれても、あまりピンとはこないのだが、
気がつくと、今年のFW陣は165cmから194cmまで、みごとにとりそろえられている(笑)。
速いの、強いの、うまいの、でかいの。
みんな若いけど、それぞれがそれぞれの持ち味を出してくれれば、
バリエーションは豊かです。

あとは、中盤とサイドが、どれだけ臨機応変に使いこなせるかにかかってくるでしょう。
(だいたい、“使うより使われたい”中盤選手のほーが多いわけで。)

みなとみらいの建設ラッシュも、時世が時世だけに、スピード落ちそうですが、
トリコロールのセットプレー時は、ツインどころかタワー乱立です。
マイク194/クナン193/佑二187/アーリア186/勇蔵184/マツ183/馬場ちゃん183・・・・なんだ?これっ!(爆笑)。
おぉ!後半ロスタイムのミラクルを呼ぶ手拍子のこだまもエコー100倍だな。
伝家の宝刀継承人・健太のキックをもってすれば、
決まらないことのほーがおかしいぞ。
逆にチビッコ・スピード隊は、こぼれ球押し込む練習をしておかないと。
つか、もぉ、誰からがチビッコなのかわからん。
マツと馬場ちゃんは、ミドル練習にいそしんでいただきたいぐらいだ。
(うまさとか、滞空時間とゆーのもあるけどね。)

なんだか、点とれそーな気がしてきたっ!

toricoballine.jpg

ヘディングで思い出すのが、坊ちゃん@味スタのヘディングゴール。
自身「たぶん高校生以来。」を真正面で観た。
「あ、坊ちゃんに当っちゃった。」と思ったら、ゴールへ。
本人、よろけてゴールしたの観てなかったし、確実に星飛んでたし、くらくら。
ゴールというより、事件だったな、あれ。


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

開幕3日前の、ものすごくさびしい話。 [Marinos *]

パルちゃんの『内臓移植』の件が、
いよいよ本格的に聞こえてきました。

パルちゃん&グランパスくんと言えば、Jマスコットの双璧。
『パルちゃんに敬意をはらわないサポはJチームのサポではない。』と、
言っていいほどの存在である。
以前国立でのエスパ戦のおり、
ジャンマリの10倍ぐらい集合したジャンパルを見て、私は思い知ったのだった。
おトイレタイムさえゆるされない日本平のハーフタイム。ザ・プロフェッショナル!
去年から今年も、どんどん新しいマスコットが誕生しているが、
今のJマスコットの地位があるのも、パルちゃんのおかげである。

そのパルちゃんが『内臓移植』・・・・・・。
『内臓移植』にいたった詳しい事情を、私は知らない。
しかし、真実みをおびてきた最近の噂を聞きながら、
一抹の不安が。

そーです。
うちの“グレート・りあるGM”マリノス君も、
J創立時からの古参マスコット。
パルちゃん、グランパスくんと同級生。
創立当初のマリノス君の内臓を私は詳しく知らないが、
私が観戦してきた年月、内臓移植はされていないと思う。

等身や股下、横幅の体型的特徴もあるので、
マリノス君はパルちゃんほどの動きはない。
しかし、マリサポなら誰もが知っているあの独特のモーション。
どこかにヤンキーの香りを漂わす・・・・手の返し、足の返し、風を切って歩く肩。
ある日、突然、あのヤンキーの香りがマリノス君から消えたら・・・・・
どのぐらいのショックだろーか?

マリノス君の内臓だって、年は重ねる。
あの“粘っこいキレ”が消える日・・・・・・来るのを考えるだけでも、号泣しそーだ。
動きだけではない。
内臓の年の功からたぶんにじみでる、ホスピタリティーと、包容力、サービス精神。
あのキャラクターが変ってしまう日なんて・・・・。
いつも選手やスタッフが誰一人いなくなっても、
スタンドに手を振り、ウインクし、深々と頭を下げているマリノス君が、
ある日突然、選手より早く退場してしまうとか・・・・・。

マリノス君ほどの特徴はないにしろ、マリノスケの翼を口元にもっていくはじらいポーズや、
走るたびに前頭部から転倒を心配してしまうちょこまか走り、
ゴールの時にフラッグを握りしめる「ぜったいに器用なコではない。」翼。
そして、時折みせる淋しげな後ろ頭・・・・。
ある日、違ったら・・・・・。

もう、耐えられません・・・・・・。
エスパサポの気持ちたるや、想像さえするのがこわいです。

マスコットとサポには、移籍も転職もない。
それだけに、マスコットとサポのつながりは、
ある意味、選手とのそれよりつながりが強かったりもする。
(とくに叙情的な側面で。)
Jの歴史だけ、絆は深くなる。
マスコットは、ただの“女子供寄せ”の役目ではないのです。
各クラブやJリーグには、そのことはわかってもらいたいなぁ、と思います。

去年、オールスターが日韓対決にリニューアルして、
マスコットオールスターがなくなったことを、
落胆しているサポは、多いのだ。



コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

切望!№11、11goal超え! [Marinos *]

開幕2日前になりました。
左カラムのJ1リーグ欄に、何日か前に、3つ希望を掲載しました。
1:ホーム、圧倒的勝率
2:リーグ最少失点
3:№11、11goal超え
まぁ、どれも、直接私の努力でなんとかなるもので目標というより、やっぱり希望です。
2に関してはもう触れたので、3です。

toricoballine.jpg

年明けの移籍騒動もあって、
選手別タグが、№1になってしまったサカティです。
(登場記事全部にタグ付けしているわけではないので、記事はもっと多いはずですが。)
このブログを読んでくれている方であれば、
私がどれぐらい“目に入れても痛くない”のか、重々わかっていただいていると思いますし、
「まぁ、そんなに溺愛せずとも、彼もプロだし、もぉ、りっぱな大人なんだから。」と、
呆れられている方もいらっしゃるかと思います。
そーなんですよ、入籍もしちゃって、“育成型チーム”初年度となった今季のチームでは、
すっかり“兄貴FW”ですもの。
デビューした年から、度重なる年長FWの補強で、ずーっと“弟分FW”だったしね。

それでも、デビューから、マリノスの前線を支えてきたのはサカティで、
これだけ多くの有能な個性豊かなFWとかわるがわる組んできた選手は、なかなかいない。
で、その計画性のない打ち上げ花火みたいな補強も、サカティいてからこそということも。
堅守を誇るトリコロールだが、それも、ある意味、サカティの最前線からのプレスあってこそ。
かけがえない、代えのきかない選手だということは、
メンバーもサポも、知っている。

それでも、昨年1ゴールで終わった事で、
今だから言うが、私は“戦力外”がこわかったのだ。
しかし、クラブは、残した。
ゴール数では上回るオオシを戦力外に。
その後の移籍話にも、クラブは力いっぱいの慰留をした。

『FWの力量は、ゴール数だけではない』は、承知してます。
しかし、09シーズン、サカティは自己最多ゴールをあげるシーズンである。
なぜなら、彼はFWであって、トリコの№11を背負っているのだから。

あえて、ゴールを期待する。
はえぬきだし、その価値は、充分わかってる。
だから、ゴールという仕事には、あまり何も言わなかった。
しかし、一部報道では「環境を変えたい」と、移籍を志願したという今年、
もぉ、覚悟を決めました。
言うぞ、ゴール。
移籍していたら、イヤでもプレッシャーかけられていた点なのだ。

ツインタワーあり、ルーキー9番の力は図りきれないし、
宏太だって、黙ってないだろうし、いよいよ前線スタメンはわからない。
でもね、“兄貴FW”自らがゴールする意味ってゆーのが、チームにはやっぱりあると思う。
“兄貴”になったから、引くというのは、違うぞ。
『若手を活かす』とゆーのは、もっと後々考えればいいことだ。
引くなよ。自分のために。

昨シーズンのベンチになった三ツ沢のアップで、
若手のシュート練習に自らパス出ししていたサカティだった。
「をぉ、兄貴だなぁ。」と、目を細めた反面、
最後の最後、自分がゴールにシュートを蹴り込む姿に、
「・・・・もっと、本気で打てっ!」と、思ったこともありました。
リーグ終盤、堰を切ったかのようなゴール!ゴール!ゴール!
起点になるプレーもして、祝福に向かうサカティに、
「気持ちに正直に、悔しいと思ってくれ!」と、何度も思った。
「俺が獲るべきゴールだ。」と。

だから、「ゴールしなくても、いい。」という気持ちは、今季は封印します。
ずーっと、弟分としてコンビを活かしてきたスタンスを、今季はあえてチェンジしてもらいたい。
ガツガツいけよ。

toricoballine.jpg

先日、読んだ本。
(小説以外は、あまり読まないのだけど、)
不況にどっぷりのまれたよーな気になってて、
ものすごいフリーズ・停滞している感じがあったので。
メンタルは“意識”と“潜在意識”で構成されていて、
“意識”はなんとでもなるのだけど、
実は、“潜在意識”とゆーのが、たいへんなクセモノなわけです。
プラスに行こうとするチカラを、マイナスへマイナスへ引っ張ったり。
「がんばる!私。」だけでは、どーにもこーにも。
しかし、マイナスこそが、プラスへのスイッチだったりするわけで、
“潜在意識”を味方につけると、なかなか楽しいことになるらしい。
で、その“潜在意識”とゆーやつは、個人から周りにも伝播しちゃうらしいよ。
「ほー、なんか、岡ちゃんとか読んでそうだもん。」と思ってましたら、
著者の方はプロゴルファーとかサッカー選手とかのメンタルトレーニングをやられているらしい。

で、『いい時は五感イメージで、悪い時は客観イメージで、』ってゆーのがあって、
「ふーん、だから練習がモノをゆーのかぁ。」などと、思ったしだいです。
なんで、うちの選手にも、
練習で決めたゴールのボールの軌道とか、バッサバッサいっちゃった時の足の出方とか、
「五感で覚えて、いっぱい反芻してほしいものだな。」と。
おもしろいのは、ジンクスとか験担ぎってゆーのも、まんざらなものではなくて、
そーゆーイメージの積み重ねで、メンタルを切り替えるスイッチになるらしいってことです。
なので、サカティも短髪にしたことだし、あとは赤いスパイクだよ。
(ま、これは、私の五感イメージにすりこまれた部分だけど。)

読んだはいいけど、けっこうまだまだフリーズ状態なんですが・・・・。
ま、たぶん、3/7には、スイッチ入る気がしてる自分。

タグ:坂田大輔
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

そして、やっぱり、09もホームゲーム勝ち越し! [Marinos *]

いやー、いよいよあと1日ですよ、みなさん。
仕事大詰めの金曜日も、なんなくクリアですよ、このモチベで。
届いた日から、意味もなくシーチケ持ち歩いてますけど、
「ピッ!」って、できる日も、もう目の前です。

toricoballine.jpg

昨日に引き続き、09年、リーグ戦の希望です。
それは、もちろん、『ホームゲーム、勝越し』しかも、今年は『圧倒的に』を希望。

07年、あまりの勝率に、泣いたし、憤りました。
(詳しくは、07シーズン末あたりの記事を見てください・・・・。)
だって、7勝2分8敗だったのですよ・・・・覚えてらっしゃいますか?
はい、悲しかったです。
「(私の愛する)横国、なめんなよ。」だった。
ホームで負け越すチームが、『この街には、~』などとゆーなっ!と、毒づいてました。

で、その悔しさが尾を引き、08シーズン、
とにかく、「ホームでは勝ち越せ!」ってことが、一番の望みで、
やらしく毎ホームゲーム後、計算してました。
で、ジャンプアップの8勝5分4敗。
勝は1試合しかかわらなかったけど、負けなかった。
勝ち越しは達成しました。うれしかったです、ほんと。
『ホームで強い』というイメージも多少ついたようで、実況などでもたまに言われはじめた。
が、5分がひびいて“勝率”としてのパーセンテージは、おしくも47%と、50%割れ。
今年は、50%超えたいのだ!超えてほしいのだ!

『ホームで圧倒的に強い』というのは、理屈なく誇りだ。
(その分、アウェイで圧倒的に弱いと、「どーにも。」なんだけど。)
「愛されてる、かも。」的、「わたしたち、チカラになれてる?」的、自信になるのねー、サポ的には。

ましてや、今年は“地域密着、強化”なわけで、
横浜という都市の地域柄、やっぱり“強い”は、最強の特効薬なのだ。
長く継続して観つづけていれば、「勝ち負けだけじゃないし。」と、言えるのだが、
7万キャパのホームスタジアムを考えた時、
サッカークラブとしての“わかりやすい”魅力。それが、“勝ち”。

たとえば、つきあって3ヶ月の彼女を連れて観戦に来たとして、
そのコに「清水のチェイスが、」とか「ディフェンスの裏をとる動きが、」とか、「ほら、裏街道。」などと、
ぶつぶつ説明するより、
まずは、ゴール1発!そして、目の前で観る“勝ち”、
そして廻るトリパラ、こだます手拍子ファンタジーのほーが、
どれぐらい説得力があるか。
これで、NEXTホームゲームデートもいただきだ。

たとえば、父親やまだ小さい甥っ子を連れて横国へ。
負ければとぼとぼと混み混みの横浜線に乗ることになり、
甥っ子に「まりのす、弱いね(ぼそ)」なんて言われたり・・・。
勝てば、帰りは「じゃ、中華街にでもいこーかぁ!」な勢いで、
父「また、チケットとっといてくれ。」甥っ子「マリノス、つよいねぇぇぇぇぇ」ってことになる。
で、甥っ子は次の日学校でジマン→友だちも「ママ、こんど、マリノスに行きたいな、ボク。」と、なる。

すべてのホームゲームが、『誰かのきっかけ』なのだわよ。
すべてのサポが、最初は初心者なのだわよ。
だから、勝ち越さなければいけないのだ。

2度来たら3度、そしたらもぉ、
「清水のチェイスが、」とか「ディフェンスの裏をとる動きが、」とか、「ほら、裏街道。」とか、
うんうんうなずいてもらえるよーになるのも、すぐ。
「負けちゃったけど、宏太はどんどんよくなるね。」とかも、うんうん。

なので、ホームゲームは1試合でも一瞬でも、“なめたらいけない”のだ。

近郊アウェイのスタンドの一丸感も、私は大好きだが、
ホーム三ツ沢で、ホーム横国で、
こーゆーシーンをいっぱいいっぱい、今年も観たい。

だから、『ホームゲーム、圧倒的勝越し!』

toricoballine.jpg

“シーチケ買わせっぱなし”じゃないところに、好感が。
 「買ってもらっても、来てもらわないと意味ない。」という姿勢がステキです。

・そのシーチケには、Edyがついてますが、
 「願わくば、suicaがいい・・・。」とぜーたくなことを思ってましたら、
 (そしたら、スタジアムまで、ピッ、ピッって、1枚でスイスイ。)
 さすが、JR!山手線車内でもスポット流れてます、今。

・ヴァンくんに“ただの友達”ができました。
 そして、速攻、“キャラだて職人”いぬさん。の手に。
 『千葉の男って、ほんと、チョロくて、軽い。』by(くびれてるマスコット)フォーレちゃん。
 ハマの男は、けっこう“い~のせんと”だと思う<マリノス君、マリノスケ&勇蔵。

fever隊さんとmaliciaさんのコラボ、観戦企画。
 ゴール裏とバクスタ、横浜ならでは、です。(私はメイン寄り屋根裏ですが。)
 マストの少ないマリノス・スタンド。7万人なら7万通りのサッカーの楽しみ方がある。
 それができるのが、7万キャパスタジアムの価値。
 理解、尊重、敬意、そして、一丸。

例年以上の、期待のシーズン開幕まで、あと、1日!
(NIKKANの“ハマ離れ”と比例して、ほーちがいい記事書いてくれる開幕直前。)






コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

「あぁ、1年のうちでいちばんしあわせな夜かもしれない。」 [Marinos *]

と、言って帰ってきました。出勤日でもないのに自主出勤した契約先から。
契約先には、Jリーグを観る人はいなく、WBCの話題ぐらいしか出ません。
なので、ふだんはなるべく、ぐーーーーっ、とJの話題を自粛していますが、
今日は、口にせずにいられなかったのですな。
高揚とゆーのは、こういう状態なんです、きっと。

もぉ、ちょっとやばいですね、開幕前夜。
まともなことなどたぶん書けません。
(ドーパミンはついぞ出ませんが)アドレナリンは異常に出ているよーな気がします。
このまま出続けると、K.O.時間には、枯渇しそうなので、
制御のために、ぬるめのおふろに入って、早く眠らなければ・・・・・。
アドレナリンは、『闘争のためのホルモン』なので、
K.O.時にマックスに持っていかなければなりませんよ。
なにせ、09リーグ開幕カードの13:00のK.O.ですから、横国(&味スタ)。
「14:00K.O.でも、かかりが遅いのに、だいじょーぶか?13:00。チーム&自分!」

勝ちますよ!
ホームなんですから、先に仕掛けますよ、もちろん。
いい選手だよ、柏木。しかし、どーかなぁ?こっちには完全覚醒復帰した健太だぞ。
攻めの起点も守備さえもワンタッチだぞ。したたかだぞぉ。けっこう“血の気”なんだからっ。
寿人に横国のコーナーフラッグは触らせません!
(あれ、若き日のもっちゃん@鹿の専売特許だったのにな、Jにおいては。)
鉄壁ですからっ!そのうえ、明日は、(たぶん)勇蔵・キャプテンマークで、鉄壁1.5倍!
服部公太はクレバー・裕介が押さえてくれるはず。

『キクマリ』は、
「いいから、そんなに広島のいいところばっか編集せんでも、30分ない番組なんだからっ!」で、
で、「いやぁ、まじわからん、スタメン。
サポでさえわからんのだから、対戦チームも、さぞかしたいへん。」と、高まってしまったり、
でも、「裕介は、しっかりしたコだなぁ。」とか。
『ファイフロ』はなかなかすごい内容だった、
ほぼ、全チーム監督に直撃取材。
(憲剛は、風邪なのか?花粉なのか?)

やばいわぁ、このままじゃ、ほんと眠れなくなってしまふ・・・・・。

シーチケ、持った!
デジカメ、充電!あ、携帯カメラのシート取替えよう。
晴れるとはいえ、いつも開幕微妙に失敗する防寒、OK!
スカパー録画予約(川崎vs柏も引き続き)!
あ、スタバの水筒!
『プレーヤーズ名鑑』!

とっとと、寝ます。
プレビュー(いちおうクリップ、読んでないです)とか、携帯サイトで語られているだろう“開幕戦への意気込み”とか、
興奮材料なので、明日にします。

あぁ、Jチームサポの、1年でいちばんしあわせな夜。
かみしめて、おやすみなさいませ。




コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

ただいま! [Marinos *]

Image001.jpg
ホーム!!
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

デビュー3分ゴール。 [Marinos *]

「あいつは、持ってる!」ルーキー9番!と、ひさしぶりの開幕一面を想像してにやにやしてたら……。
ちょっとゴールが早過ぎたよーで、きれいに゛広島オールスターズに3点゛。

もっと、゛重く゛したほうが、うちに流れがくるよ。
ボランチが軽すぎる。
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

せんきゅー・・・・広島“アルカノイド・サッカー”。 [Marinos *]

「なぜに、そんなに進入されるっ?」
するする、するする・・・・・。
前半の広島ゴールラッシュ時、
「そんなに広島の得意なところでやらせなくてもいいだろぉ?
どーしたっ?鉄壁ぃ・・・・もぉ、鉄どころか、紙・・・・。」

ひとーつっ!クリアがはっきりしなぁーい!
広島相手に、ペナ内でクリアしても思うツボ。まずはセーフティに!
ベテランDF陣、基本、基本。
ひとーつっ!真ん中が軽すぎるっ!
「うぅぅぅぅ、馬場ちゃん・・・・・・・・。」
ペナに入られたら、広島なんて、アルカノイド(懐かしいでしょ?ブロック崩しゲーム。)サッカーなわけで、
そんなに近くに寄られる前に、止めろ、中盤で。止められなくても遅らせろ!
だいたい槙野にとられた時点で、相手のアドレナリン噴出のアシストなわけで・・・・。
(せっかくナイス!企画by二ーケさんなのに、「槙野に1票・・・」じゃん・・・・。)
で、寿人、で、柏木・・・・・。
コーナーフラッグで「えっへん!」とか、「練習するんだろーなー」ゴールパフォーマンスとか、見たくないのは、
あれやることで広島は、自分たちで興奮状態をよぶいわば自己催眠、メンタルコントロールの術だからなのよ。
アドレナリン噴出で遅れをとったら、もぉ、こっちのリズムに引き寄せるしかないじゃんか。
ポンポンポンポン、ちょーライトタッチで繋がれて、
アルカノイドなんだから、繋がれただけ変なスピードついてくるし、
そしたら、もぉ、動体視力ついてかないもん。
だったら、向うになくて、こっちには(かろうじて)ある“重さ”勝負よぉ。
どんな手でも流れ切って、がつん、がつんって、へヴィー級な感じにもってかなきゃぁああ。
前半でしたわ。
年末の天皇杯あたりから、
「広島とは、なるべくあたりたくねー。」と思っていた想定の、最悪イメージに近い展開に。

「2点獲られたら3点、3点獲られたら4点獲るサッカーするんだろ?じゃ、やってくれ!」な後半、
さすがに、こーきち君も思ったらしく、
一気にボランチ2枚交代→サカティ&兄。
「うっわ、そりゃまた極端・・・・。」
いじりどころはわかるのだけど、兵藤と健太がそっくりボランチ。
「いっそー軽い・・・・・。」
まぁ、今日のベンチは、そーするしかないベンチです。
よっぽどFW陣の“調子が良かった”のか、FWばっか。
だったらさぁ、小椋残してマツあげて、後ろ2枚にすればいーじゃんっ!
もしくは、裕介下げて・・・・あ、コミ、いなぁーーーーーいっ!
次に打った手は、クナン。下がったのが兵藤。
マツあがって、健太とマツの2枚ボランチ。
しかし・・・・・時すでに遅しだわ。
そりゃ、今年は「僕を!応援してください!」のマツだもの(極端だっつーの!)、前にくるくる。
気がつくと、後ろ2枚より後ろにいて淡々と守備する金髪・・・・。
(だって、前半から「あやしー、あぶなぁーーーーい」DFのジロちゃん、そりゃ疲れちゃったわよね。)
だったら、裕介いるほーに健太にしてほしかった。
兄、ルーキー9番(最後はさすがに動き鈍かった)、クナン、サカティ、いくらそろえてもさぁ、
チーム唯一の“使い上手”があんなにとぉーくてカウンターの守備してたらさぁ、
前にボールはいきません。
すくなくても、誰か中継しなかったら、健太も戻ってこれないだろーに・・・。

「うちの選手・・・・どんだけユーティリティーなんだよ・・・・」な結果に。
複数のことできるのは大切なことだけど、
もぉ、誰が何やってんだかわかんない状態で終了ぉ・・・・・・・・。

そりゃ、ブーイングも出ちゃうよね、開幕ブーイング。
すべては、馬場ちゃん怪我で、自信もって送り出した2ボランチがまったく機能しなかったことと、
こらえきれずにいじりまくったことでしょー。
なんで自信もって送り出しちゃったかといえば、オフシーズン『井の中のカモメ』だったからだよ。
だって、J1との練習試合はアルビだけ。
で、みんなで「調子いいです、調子いいです」って、どこと比べてよ。
あぁ、内弁慶・・・・・。
井の中であれやこれや試したところで・・・・ねぇ。
あんなに流動的にいろいろ試しても、今日の前4人は、やってないだろーなぁ・・・・。
もぉ、4人が4人、自分がなにをやるのか????だ。
ついでに両サイドも??。
馬場ちゃん、怪我離脱してからけっこう時間あったじゃんね。

広島も上出来だったと思うけど、
もぉ、今日は、こーきち君のベンチ入りメンバー選考からの内弁慶な策溺れ&勢い頼みな気がしてならないわ。
あそこまで、ぐちゃぐちゃになると、ピッチ上で自主的に考えるもなにも、なぁ・・・。
浮き足だっちゃって、セットプレーだって、ちょーライトにはじめちゃうし・・・。
前線からのプレスは、昨年比60%。囲い込みなんて昨年比40%。
守って、奪って、速攻切り替えしっ!っつー土台がなくなってます。

やっぱり、身内のレポートだけで盛り上がるもんじゃないわね。
いぢわるなマスコミ目線は必要だわ。

【よかったこと】
・「あいつはなんかもってる」ルーキー9番(でも、まだ60分まで。)
・キャプテンマーク、勇蔵の意地のヘッド。
 (「佑二さん、ここは俺がっ!キャプテンなんで。」)
・「いろんなことできるんだなぁ・・・・うちの選手。」
・テツの「リーグ最少失点したいんだよっ!」っつー気持ち。
・こんな試合でも2アシストだよ、14番
・最後まで、試合投げた感じはなかったこと。



と、ボロクソ気味ですが、
はい、ここからです。
まさか、“井の中”わかってなかったわけじゃないと思うし、
(いちサポの私が心配してるぐらいなんだから。
広島先々週の『ファイフロ』通りだったじゃん・・・・外のことも気にしよーよ。)
リーグ戦はじまってから積み上げなおすつもりだったんでしょーーーーーーーーー?
そーでしょーーーー?

とにもかくにも、開幕しましたよ。09シーズン。
090307s.jpg

ここからは、学園祭でも、お遊びでもないんで、多少シビアにたのみます。
若いとはいえ、プロなんですから。
私も、プラスプラスの柄じゃない姿勢はやめよーかと。
“マイナス反動担当”に戻りますわ。

マリノスケに「ごめんなさい、ほんとーにごめんなさい。」とか、させないよーにね。
090307gomen.jpg(涙出たわ・・・・まじで。)

ある意味、去年の開幕の“錯覚スタート”より、
今年のほーが、長いシーズン考えたらいいかもしれない。
ありがとぉ、広島。真剣にきてくれて。
うちの立ち位置、わかったよ。

くじけんなよっ!まだ1/34なんだからっ。
即・修正に取り組んでください。
週中優雅に休んでるチカラじゃないことは、わかったじゃん。
『三兎追い』なんだから。

これから、広島とあたるチームは、
前日練習に、みんなでアルカノイドをして、動体視力レベルをあげてからどーぞ。


“育成型対決”開幕戦、積み重ねが違ったわ、ね。



toricoballine.jpg

【他会場】

・オオシは、どこでも“ちゃんと”やる。
 “名古屋の田中”は、お役に立てたのか?ダイジェストでも観なかったぞ。
 那須君ヘッドはバー。

・赤いチームは、サポや選手がどれだけの間ガマンできるかだろーなぁ。

・山形、6得点!な、なんと、暫定首位!
第3節のホームまで負けなければ、勢いつくぞ、きっと。


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

だんだん泣きたい気持ちになってきた。 [Marinos *]

開幕・広島戦について、延々と書いたのち、
“つらぁ~”とされていたら、ショックこのうえないので、コメント等も見ず、
携帯で“アルカノイド”を探して、
「くぅぅぅぅ、リベンジ、リベンジ、即、リベンジ!9月まで待てないよ。」と、
一気に35面までやるとゆー、
『ゲームで身を滅ぼす星の下』の人間らしいことをやってしまいました。
予測するも突然予想外の軌道、スピードなどは、まさにペナ周辺の広島みたいで、
またもや、イラっと。
こっちの切り込みスピードの能力のなさに、がくっとし。

気など晴れません。
そんなこと、やる前からわかってます。

で、疲れ果てて、その手でクラブのオフィシャル携帯サイトを見てみて、こりゃまたびっくり。
スポーツ飲料賞とやらの投票結果ですわ。
千真はわかるよ、なんていったって、デビューから3分で初ゴール。
しかも、09J1オープニングゴールですもの。
びっくりは、それ以下だ。
鉄壁崩壊の試合でだよ・・・・・・。
選手だって「いや、こりゃ、困る」だよ。失礼な話だ。
人気投票じゃないってば・・・・・・・・・レプリカ多い順。
投票の理由を、わかるよーに教えてください・・・・・・。

あまりの悔しさに、つい日本平まで行きそうな勢いだが、
来週は、実家ですので行けません。
このもやもやは、柏戦までひきずるのだ・・・・。
すごかったぞ、柏。本気だったぞ、守備。
川崎の雨あられを、身体で止めてたよ・・・・流血だよ、超へヴィー級の執着。

toricoballine.jpg

性格捻じ曲がってるので、素直な人にはわかりずらいかもしれないですが、
憎くて言ってるわけじゃあないんです。
好きだと期待するじゃぁーないですか。
期待の裏返しとゆーか、なんとゆーか・・・・・・。

とくに、守備に関しては、もぅ、要なんですよ。期待値の。
最後の砦なんです。絶対的信頼なんです。
ほんとに、4失点のショックが・・・・・。
『ざんねん[もうやだ~(悲しい顔)]だけど、しかたないよね、開幕戦だしぃ。相手広島だし。次がんばろー、[右斜め上][黒ハート]。』
じゃ、すまないんです!
そんなん、うちのDFの選手に失礼だと思うのですよ・・・・。
うちが!「やっぱ、J1、ちがう・・・・」って、思わせたかったし、
代表戦みてても、「うちのDFなら防げた。」と言いたいし、
いつも『横浜の鉄壁、なめんなよ。』と言いたいわけです。

待つ!完封試合!

昨日の試合の収穫は、
自分自身が、 「こんなに堅守好きだったのか・・・・」っつー発見と、
堅守は、「GKと最終ラインだけではなりたたいなんだな。」という、再確認。
(こーきち君、私の場合、同じ勝つのでも、1-0と5-4では、やっぱり1-0のほーがしびれるみたいです。)

コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。