So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

中3日、いろいろ。 [J LEAGUE *]

GW連戦。
中2日、3日とかで試合が続くと、
サッカー好きというのは、どうもその日に焦点をあてすぎて、
他の日がおろかになりがちだ。
こーゆー状況を「サッカーにかまけて」と、言う。
いけない状況です。

なんだか今朝は6:30とかに起きてしまって、
朝から、録画してた『日光・月光菩薩』とか『ダ・ヴィンチ』とか観ちゃって、
「ほー、ほー、ほぉーーーーー。」の繰り返しで、
そこで止めておけばいいのに、続けて録画していた市原戦とか観ちゃいました・・・・。

「なんだかんだ言っても、兄は確実に働いているな。」とか
「川勝さん解説、好きだなぁ。」とか、
ぶつぶつ言いながら。
「谷澤・・・・老けたなぁ・・・紅顔の美少年。の、わりに憂太は、いつまで淡々としてるのか?それでいいのか?」
たぶん、兄みたいにシャイだとかでもなく、あえて空気を読まないタイプでもなく、感じないのか?
坂本隊長の熱に水をかけては、このよーな状況の場合、ひじょーにマイナスだ。
憂太タイプは、“いたれりつくせり”のチームのほーが合ってるんでしょーねぇ。
雑草並みの自主熱がないと、ジェフでは中心選手には・・・・・。
(あ、うち外目ほどいたれりつくせりではないので、遠慮します。)
谷澤が、好きだ、やっぱり。

そーいえば、対戦前、後に、他サポプログなどを覗かせてもらうのだが、
ジェフサポのブログは、総じておもしろい。
個人の好みもあるのだろうが、
クセ者が多いというか。
ブログタイトルからしてひねりぐあいの良さといったら、J№1だ。
『イヌゲノム』さんは、対戦前でなくてもよく拝見してます。
『いぬをおいかけて』さんとか
『必要以上にマッキイロ』さんとか
『にゃんこユナイテッド』さんとか。
そして、お気に入りは『いぬろぐ』さん。
記事内容も、表現方法も、それぞれオリジナリティがきらきらだ。
この感じは、たぶん偶然ではなく、おおげさに言うと、“いぬ文化圏”。
うちはといえば、
けっこうタイトルもまともで、ま、ちょっとええかっこしぃで、
(ここもそーですか?ね。昔から友だちに突っ込まれます。「んー、あと一歩。」)
熱いブログもあれば、ナナメ45度系も多いし、あと、ファミリーで楽しむ系も多いです。
(あ、選手にハート系も。)
ま、多種多様、さすが7万人キャパスタジアム。
サポカラーなんですねぇ。
さっかりんさんで見比べるとおもしろいです。

あと、いろいろは。

がなぴー、がんばれっ!
  がなぴーがそんなことする選手じゃないと、(他サポでも)わかっている人のほーが多いだろうけど、
  名誉のために、ここは、がんばれ。

それは、審判どーのではなく、“お育ち”の問題ね。
  いつぞや、ユキヒコに集団で同じコールをした人たちもいたわね。
  あそこも、いきがる若年化がさびしい限り。りすぺくとするところあったのに、以前は。

役目だなぁ。
  GMにこんなことはさせられぬ。年端のいかない丁稚にも。いいぞ、ワルノス君。
  つか、さすが報知報道。
あら、潜入成功してるじゃない。
  ここまで入れれば、上出来よぉ。
  緑の動員に協力したぞ。こっちの時も、ちゃんと返してくれるわよねぇ。
あらぁ、こんなブログまで
  (しかし、MVP候補は、兄33%。)
  が、残席状況は・・・・。
  にわかでは、むずかしいよ・・・・横浜ダービーの時なんて、
  地道に地道に、クラブ、サポ総力で2ヶ月かけましたのよ、ほっほっほっ。

あ、やばい、やばい。
請求書切ったり、振込みしたり、経費つけたりしなくっちゃぁぁああああ。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

国立は、うちから一番近い競技場です。 [Marinos *]

まぎれもない都民ですが、このあたりに住んでいると、
東京も緑も、地元のチームという認識はゼロです。
なので、緑試合@国立というのは、どーにも違和感があります・・・過去も。
まぁ、Jリーグオープニングカードなので、よしとしますが。
08-05-01_23-39.jpg

メディア総出で盛り上げようとしているクラシコですが、
「現場と温度差あるなぁ。」とゆー感じ。
日産時代からの古参ではないので、私の中でもあまりリアリティはなく、
しかし、場所は同じ国立、緑相手のいつぞやのへたれ試合の記憶と、
ジュビロOB、そして那須君という材料で、勝つ気は満載ですが、
仕事の都合がついたので、2日から実家に帰えることにしましたの。
なので、参戦はできません。<くらしこ。
誠にもうしわけない。
国立、しばらく行けてないので、行きたかったです。

経験では、“華試合”には強いほうなので、
アウェイ完封勝利を期待しています。

参戦しない者が言うのもなんですが、
・クワさん、黄金時代を思い出して、服部や福西にみとれて、
 交代がより遅れるのぢゃないか、と、心配です。
 那須君は、がんばり屋さんなので、
 フィジカルでとか、中央突破ゴリゴリには、くまなく対応してきます。
 反面、天然さんなので、不意の飛び出しとかには、弱いです。
 この試合こそ、サカティを上手に起用してくださいね。
 サカティは、スタメンでも、交代でも、
 “那須君が吐く(!)まで、振り回せ!”
・勇蔵へ
 フッキは、しつこくしつこくしとけば、勝手に切れます。
 しつこく、いやらしく、ずるずるとくっついてさえいればいい。
 どっちにしてもタイマーは後半10分までだし。
 あと、テツがブラジル挑発にのらないーに、勇蔵がしっかりみとていください。
 佑二は、勇蔵が那須君とケンカにならないよーに、みといてください。
・セットプレーは、那須君の“生真面目ヘッド”にだけは要注意です。
 マークにはマツがついてくださいね。たぶん佑二より、威圧感はあるはず。
 (最後の文章も、おもしろいですが、
 下の写真がいい写真です。オオシと、楽しそー。)
08-05-01_23-40.jpg

オールドファンと新しいファンと一体になって、
応援よろしくお願いいたします。
なにせ名前は“クラシコ”なので、よい試合をしないとたいへんはずかしい。
名前に追いつくカードにしていきたいものです。
(倉敷さんに鼻で笑われないよーな。)

日テレ(武田とじょー解説)で観る気はないので、
すでにスカパー予約しています。
実況は西岡さん、解説は原たん!しかし、ピッチサイドは奈美ちゃんです。
『アウェイはスカパーで!』と言うわりに、実況陣がホーム寄りのスカパー。
鹿試合は“必ず”本田さんとかね。(鹿嶋在住かしらね。)


うちの“おふぃさる”も、ここまでがんばりました。
ヒストリーの最後のほーのちびっこ写真にじーんとくる。
(佑二が緑ユニをきていたりもする。)
こーゆーヴィジュアルは、ほんとーに上手らなぁ、うち。
11/29に向けて、あちらさまにもよろしくお願いしたいわぁ。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

遅れること4日、 [Marinos *]

やっと昨晩、観ました。クラシコ録画。

更新が止まっていたのは、“怒っている”とかそーゆーことではなくて、
(それでは、“勝利主義チームサポ”のよーだ。)
単に試合を観ていなかったからです。
クラシコ&りす戦に関しては、ニュースや戦評、ブログなどもシャットアウトしてました。
GW中帰っていた実家にもパソはありますが、
自分で観る前に、いろいろ読んじゃうと、先入観がねぇ。
(りす戦は、まだ観ていません。)

正直、内容的には、案外ワクワクしました。
結果を知って観ていても。
まぁ、失点はミスがらみなので、そこは「なんとも。」でしたが、
まず、コミがよかった。
なんとゆーか、「頭も身体も、コンディションいいんだろーなぁ。」とゆーのが、よーくわかった。
コミヤマ・ゾーンでの迷いの間も消えたし。
あとは、やっと、やっと、ロペスと兄に縦の連携ができてきたことでしょーか。
「そそ、それでこそ、兄をボランチに置いている意味が。」である。
しかし・・・・1.5列めに置くときよりは、やっぱりもったいない感は、まだ、あります。

マイナスは、
やっぱり、“パッサーの不在感”でしょーかぁ?
短いパスで崩していくのに集中しているので、随時“近目”。
いいんですが、そんな中の長短高低の狙いすましが、はまると思うのですがね。
やっぱり、マツぐらいなのよねぇ。
あとは、(もう言いたくないけど、)スタメン含め、采配・・・・・・・見えん・・・・・。
けっこう、固定するタイプなのね、スタメン。


そりゃ、最悪は、最悪ですよ、気分的には。
相手が相手だけに。
クラシコとゆーか、あの緑に。
しかも、フッキ、そして福ちゃん得意のカタチ(今度はちゃんと頭だったけど)・・・・・・。
去年、散々福ちゃんに助けられた原たんは、そりゃ低いテンションながらも、うれしいだろーよ。
(原たんは、小宮山も大好きらしいが。)
那須君にとられなかっただけすくいだけども。
ますますキライ度アップしちゃったよ、銀髪。
(銀髪にしたら、顔色悪くて“デスラー総統”みたいら。)
ボールとられても、追いかける事もせず人任せ。
(だいじょーぶなのか?チームが。分解とか、しないのか?闘将監督。)
そんなヤツを乗せてしまったよーな失点。
それが一番、ムカっと。
もうちょっと、あともうすこし我慢できれば、キレてだれたのに<銀髪。
あの失点は、Jリーグのためにも、緑のためにも、良くなかったと思うしだいです。
まぁ、裕介は必死に飛び込んだので。
(あのシーンもそうだったけど、
試合のスピード感にのまれた感じは、ちょっとしたなぁ。)
ボールをとられては、カウンターを食らうロニちゃんは、
それでも必死に取り戻そうとするし、ほんとによく動くだけ、
銀髪とは、人間のレベルが違う。
しかも、ロニちゃん、やっと、個人技をみせつけてくれたし。

銀髪が復帰するまでは、
「案外、いいチームになるかもね。」とゆー印象だった緑だが、
なんだか、あいつは、どこに行ってもぶち壊すのだね。

と、ゆーことで、
この悔しい想いは、クラシコ・ホームゲームへ。
(去年の横浜ダービーみたいぢゃん。「勝てたよぉ」のアウェイゲーム。)
そりゃ、こてんぱんにやらねば。
それが、真の“クラシコ”への道。
伝統とか、歴史とか、大上段から名前先行で大騒ぎするより、
1試合、1試合の想いが積み重ねられていくもんだし、
クラブにおいては、こういう1シーン1シーンの積み重ねと、
その1シーンを、しっかりととらえる“眼”が、育て上げるものだもん。
(あぁ、マツとオオタワさんがいてくれることへの感謝。)



那須君、もう始終吐きそうだったな。
がんばれよ。
銀髪帝国にしないよーに。
空中分解しないよーに。
そこの歴史も伝統も、これから積み重ねなきゃならんのだから。



nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

がーん!がーん!がーん・・・・・。 [Marinos *]

昨晩、「じゃ、りす戦観よう。」と、ビデオを。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・録画、失敗してました・・・・・・。
(たぶん)チャンネルまちがいで、映し出されたのは、札幌vs緑。
あせって、サッカーカレンダーを探しましたが、
りす戦の放送は、もうありませんでした・・・・。

キクマリでダイジェストは観ました。
まったく・・・・わかりません。
ダイジェストって、むなしい・・・・・・。
早い時間の兵藤投入で、スピードアップしたことは、わかった。

ロペスは、また、怪我らしい。
これでまた、ロペス-兄の縦関係のコンビネーションがあがらない。
これまでの感じを見ると、
兄がトップ下に入ると、攻撃の縦スピードは上がる。
まだまだ、戦略的に兄ボランチの効果は見えておらず、
けっきょくのところ、ロペス-兄の関係が、「今季のキモなんだろー、たぶん。」と、思ってはいますが。

明日、ガンバ戦もスピードアップシフト
新監督は、正直こっちが焦れるほど、あらゆる面で粘り強く・・・スタメン超固定がちの方みたいなので、
こーゆーことでもないと、試したりも、なかなかね。
目の前のことを邪念なく、ひたむきに、一生懸命やってれば、ピンチがチャンスに転じるものだ。
03年がそーだった。(ね、岡ちゃーん。)
いい意味で“塞翁が馬 ”、“ひょうたんからこま”を、期待いたします。


タグ:マリノス
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

ひとンちのこととは言え、 [J LEAGUE *]

「をぉっ!勝ったぁ!」でした。<市原。
何回も携帯速報見ちゃったよ。
「よかった、よかったぁ。」と、“いぬ文化圏”を巡ると、
「勝つ喜びって、こーゆーことよねぇ♪」と、しあわせな気持ちになりまする。
すっごそーな監督もいらしたことだし、また、市原らしくがんばってほしいわぁ。
降格圏脱出まで、あと勝点25。
うちだって、あと13・・・・・(毎年、ここを越えるまではいつも恐怖)。

もひとつの気になるチーム、川崎は生で観ておりました。
しばらくうちのホームゲームがないので、
昨晩、ふと「等々力行こうかなぁ。」と、思い立ったが、
対戦相手で「あ、やめっ。」みたいな。
あそこが相手だと、ふらっと行くとゆーよーなJリーグモードにならない・・・・。
なんつーか、「それでも勝つんだなぁ、このチームは。」と、ゆー感想でした。
アフターゲームショーで、ののさんが解説していた<浦和の守備の強さ。
けっこう、地味ぃなあたりまえのこと(相手を遅らせるプレス)を全員でこまめにやってるっつー。
似合わないが、ちょっと、感心した。
1ジャッジが重い試合になっちゃったね。
谷口@川崎と、阿部勇樹@赤のキレぐあにに、みとれてましたが。
阿部勇樹は、「(危機察知能力)戻ってきたぁぁあ!」という。
山岸のフィット具合がいっこうに進まないのが気にかかる<川崎。

たらたらとスカパーをハシゴしていたが、
闘将監督のインタヴューが。
「連戦で、北海道から九州」が敗因らしい。
じゃ、メルボルンとか行ってるガンバはどーなるんじゃぁぁぁ!だ。
緑は、ACLは無理ってことですね。

自分ところの試合がない日は、こんなテンションです。






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

ポゼッション?なんぼのもんやぁ! ガンバ戦 [Marinos *]

ロニちゃんにたすけられました。ありがとロニちゃん。
あと、ワイマラナー・テツね。

前半からラストパスとトラップのミスが多すぎて、
まったくリズムは作れないし、
信頼度の高い、オオシ、兄、佑二あたりの不調も目立ち、
『スピードアップシフトがぁぁあ。』・・・・・・・まったくアップせず。
攻めのカタチ以前の問題に。
ガンバと一緒にタイ遠征でも行ったかのよーな疲れよう・・・・。

遠藤さんの解説は、ライヴ中継(自分のチーム)向きじゃあないのよねん・・・・・。
細部のテクにこだわりすぎてて、
「そんな場合ぢゃあなぁああーーーいっ!」イライライライライラ。
それと同じで、
「ポゼッション?なんぼのもんやぁぁあ!」だ。
カタチなんてまだ何も見えてないんだから、なんでもいい、とにかく前だ、前。ゴールはあっちだっ!
ここまで来て、キレイなうまいサッカーなんて、誰も期待してないぞ!
だいたい、ロニちゃんは、キレイなカタチからだと決定率悪いんだから、
とにかく、前にもってけば、元セレソンがなんとかしてくれるぞ!
と、もう、やけくそ気味です。
そればっかりじゃ実も蓋もないことはわかってるんだけど。

ガンバの方がさぁ、今季ACLで修羅場くぐってるから、
一体感があるのよねぇ。
うちは、ほんと、まだばらばらです。
つか、開幕の時点と変わらない。
「開幕にしてはチームじゃん。」から、進展してない感じ。
縁の下の力持ちとゆーか、陰ボス的存在が不在なんだわ、うち。
ヤットとか、14番@川崎とか、天敵(オガサ)とか、
90分のうち、存在消してる時間があって、でも、ふてぶてしく試合を司ってるみたいな。
兄は、活かされるタイプで、縁の下じゃないもんなぁ。
オオシや馬場ちゃんをキャプテンに置いた意味って、そこなんじゃぁないのか?

中断期間は、走りこみからコンビネーションでしょうね。
マツはあいかわらずピンポイントで精度はいいんだけど、
それでも、足元、足元になっちゃうし、
サカティがスタメンはらなくなってから、スペースを使うっていう発想が消えている感じがします。

ほんとーに・・・・・『いったい、どーーーーしたいいんだぁ!?!』

*********************

ガンバって、ヤット・二川・橋本をトップに、
“中小企業二代目ダンナ連・サッカー部”的雰囲気が。
明神、加地君でしょぉ。安田とか、「はい、家業継いだばっかりっス。」みたいだし、
ルーカスなんか「あ、うちで働いてるブラジル人、すっごいんだよ、ちょっと連れてきてみる。」って感じ。
試合後の冷たい1杯が楽しみ、みたいな。
ピッチまわる時の会話とか、
「今日の打ち上げ、どこや?」な空気が。
ACLを戦っていながら、悲壮感みたいなこととは縁遠く。
それがガンバの不気味さなのよねぇ、ほんと。
淡々とぉ、淡々とぉ。

毎回、毎回、この空気に飲まれてる気がするガンバ戦・・・・・。

しかし、去年の三ツ沢での試合。
CKの時にヤットを間近で見たら、おそろしく“アスリート美”な身体なのだった。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

『次、これ、やってみよぉ♪』が、ないのかなぁ・・・・。 [Marinos *]

ガンバ戦は、
「まぁ、よく引き分けたよ。」とも言える試合なのだが、
どーしたことか、トキメク場面がなかった。

正直言ってしまうと、前半などは、
「つまんないっ!つまんないっ!」(瓦斯サポのシュート打てコールの節です。)と、
くりかえしてしまってました。

これは、生で観てないせいと、GWで“マリ漬”状態から、勝手にクールダウンしちゃったからかと、
ちょっと自己反省してたのですが、
さっき、やべっちFCを観ていて、坊ちゃんのインタヴューにトキメいてしまい、
「あらぁ・・・・。」と。

坊ちゃんのインタヴューの内容は、
セルティックでやってて、日本の強みをどー出すか、みたいなことで、
サイドに開く事で、得意な真ん中にスペースを作って、そこで勝負する、みたいな内容で、
クロス上げるだけじゃないサイドの使い方とゆーか、サイド、大事だよぉ、でした。
(あんなに嫌がってたのにね、左サイド@シドニー。トルシエに感謝だな。)
「50M走とかだとかなわないけど、繰り返し行ったり来たりをくりかえす運動量は、日本の方が上。」とのことです。
「ふん、ふん、ふん、ふん。」って聴いていて、
だんだんこっちまでワクワクしてくるのは、
坊ちゃんの「早く、試してみてぇ~!」的オーラの伝染みたいなもんなんでしょう。
そのあと、やべっちFCらしい、Jデヴューからのスーパープレーダイジェスト集だったのだけども、
何度も何度も観ているそれが、やっぱりワクワクさせるのだ。
FK前のワクワク感とか、カザフ戦の平瀬への超ロングピンポイントとか、
今日はなかったけど、アジアカップのななみんとのマイナスセットプレーとか、
コーナーからいきなり決めたゴールとかも、いろいろ思い出した。

坊ちゃんは、「をぉ!」っていう決定的なパスを出したあととか、新種FKお試し時とか、
プレーしたあとで、ボールの軌道をうっとり&科学者みたいな眼で見届けている時がある。
で、それが得点なりアシストなりになると、
「おぉ!できたっ!思ったとおりだった!」みたいな喜び方をする。
そんなことまで思い出した。

まぁ、ある意味、彼はおたくなので、
四六時中、「こーやったら、どーぉか?」「これ、どーだろー。」とか、
脳内ウイイレが展開されているのだと思うのだけど、
頭の中でいろいろ考えたことを、「いつか試してやる。」みたいな、
で、それを現実にするためにテクニックをあげて、フィジカルを鍛えて、の繰り返しなんだと思う。

うちにいた時は、それは、個人ベースのことのほうが多かったんだけど、
外に行ってからは、相手のこと、チーム状態のこと、メンバーの特質とか、
考慮して、思い描けるようになったんだと思う。
代表においても、玉ちゃん活かしとか、ダブル中村ゴールとか。

どっちにしても、楽しそうなこと、このうえない。


ガンバ戦で、たいへんひさしぶりなに“つまんないっ!コール”が出ちゃったのは、
誰ひとりとして&チームのコンビネーションにおいても、
なにか新しいことを試そう!みたいな姿勢が・・・・・見えなかったからかなぁ。と、
ちょっとさびしく思いました。

広島は、プレーというより槙野や柏木中心に、
「次、ゴール決まったら、これなっ!」的パフォーマンスを展開するが、
負けが混んでいると、たしかに“そこじゃ、なくっ!”だが、
楽しそうである。

終わった試合を反省するのは、大切だが、
次の試合を思い描いて、ワクワクするを、忘れないよーにねぇ♪


******************

かぎ編みで、シロツメ草を作る方法を考えていたら、
眠れなくなっちゃって、
「を、これでできるかも。」と、飛び起きて、
かぎ針握って試行錯誤、みたいなちっちゃいことでも、
「やったぁ!できちゃったぁぁぁ♪」みたいなのがあって、
それだけで、けっこう楽しい気分になるもので、
それが、プロのサッカーの試合で、
2万人の人のため息や歓喜を呼ぶ事を思ったら、
それがプレーヤー冥利につきるってことじゃないすかね。

監督に戦術どーのが・・・・あまり期待できない状態なんで、
ピッチ上は、個々がイマジネーションとゆーか“右脳サッカー”忘れないよーにしないと、
閉塞感で息もしずらくなるぞ!
もう、マツも、「おらおら」言って、上がっちゃえよ!
予定調和崩しが、きっと効く。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

鹿児島、て・・・・・・。 [Marinos *]

今年の遠征は、京都と決めていました。

牛ちゃんも活躍しているし、
自分的に年末あたりから、万城目とか、谷崎潤一郎を読んでいて、
かつてない“関西ブーム”が押し寄せていたので、
京極に観戦に行って、そのあと『ホルモー巡り』とか、『鹿島・奈良、鹿くらべ』とか、観光、観光ぉ♪と。

なぜに鴨池?なぜに鹿児島?
開催自体は、とてもいいことだとは思いますが、なぜにうち?
『篤姫』も観てはいるし、原作も読んだけども、篤姫を巡るなら都内にもぉぉぉ。

鹿児島のマリサポのみなさん、どーぞよろしくお願いする。
ご希望があれば、01年の“残留フラッグ”とか、喜んでお貸し出しいたします・・・・。
08-05-12_23-59.jpg

勝手に“マリ熱”クールダウンして、なんとも盛り上がりに欠ける中、
生観戦が遠いのは、ちょっとなぁ。
(しかし、今は、月末のナビスコに、ちょっと期待しているわけです。
なにか“見える”のではないかと。)

******************

そだ!そーゆーことなんだよ、兄!
このところの試合は、前半半ばから(とくに先制されると)手詰まり状態になり、
そのまま修正されることなく、
ハーフタイムの監督のコメントなども「焦るな!」とか「ポゼッション」だとか「我慢」だとかで(怒!)、
試合終了まで、リズムがまったく変らないのだ。
それは、もう、ピッチ上の選手の判断でやるべきことで、
その上、兄ひとりではむずかしい。
「こーやって、無理なら、これやってみよー。」とか「じゃ、コミがこーしてみて。」とか「勇蔵が来て!」とか、
繰り返し、みんなで試してみるのが、いいんじゃあーないのぉ。
ってゆーのが、昨日書きたかったことです。
それには、個人個人の引き出しと、チームでの共通認識の引き出しがたくさん必要で、
言葉ひとつで全体が共通イメージを描けることが必要だし、
それをやるのが、シーズン中の練習なんだと思うんだけどぉ。

見せてくれ@鹿児島。代表招集、中断前に!



タグ:マリノス
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

6/7 旅人マッチ [Japan *]

6/7 我がホームスタジアムにて満を持して“旅人マッチ”開催。

日テレのZEROが、このところ旅人君に密着しています。

ヒデが今やろうとしていることとか、言っていることとか、立派だと思います。
間違っていないと思います。
が、どうも、私個人の中で、解決しきれていないことが。

好きなプレーヤーでしたよ。
ローマのスクデッドの時とか、ほんと感動したもん。

しかし・・・・・・・。
このブログをはじめたのは、ジャーマニー・ショックの頃で、
その頃にも、何度か書いていますが、
あのW杯での代表の戦いっぷりが・・・・・・・・。
けっきょく、精神論的に終わっていて。

なんとなく、あのドイツを最後に引退したヒデの影が、ひっかかりっぱなしなのです。
帰国したあとの、代表選手の様子は、やっぱりちょっとおかしかったと思う。
あの佑二の“代表引退”表明。
「サッカーは好きですが、代表は・・・・・もう、いいです。」的に、当時感じてました。
(呼び戻してくれて、ありがとぉ、オシム!)
どうしても、戦うべきピッチ以外での葛藤が、ドイツW杯代表選手に重くのしかかっていたように、
心配症の私は、かんぐってしまう・・・・。

忘れられないのは、
あまりにフォトジェニックすぎたヒデの最後の姿に、
手を差し伸べたのは、ツネだけだったという事実です。


“旅人マッチ”は、きっと成果をあげるでしょう。

そして、私は、同じスタジアムで、
ドイツ後もプレーを続けている選手のいるJリーグを観つづけます。
貢献・・・・・・・、
日本サッカーへの貢献度は、アキやアマラオだって、旅人君に劣らない。
すくなくても、私にとっては、アキの方が上だ。
おつかれ、アキ。
(しかし、TV解説は心配だ。かつぜつ・・・・・・・・・・・。いや、私は、へーきだけど。)



タグ:遠藤彰弘
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

岡ちゃんの試行錯誤、最初の1歩。 [Japan *]

キリンカップ、代表メンバー。
どんぐらい合宿とか、するのかしら?

サイドから着手、って感じですかね。
若手ずらぁーーーーー。
サイドに勢いを持たせたいのだなぁ。
しかし、長友、安田、篤人、横並びだぁ。
こーなると、佑二のキャリアは柱です。

中盤は、
バランサータイプと、得点期待タイプの混在。
これ、構成によって、坊ちゃんはものすごい機転をかなりきかさなければいけません。
もしくは、いっそ、はずれることになるか。
機転を利かせて“君臨”できるか?“孤高”となってしまうか?
それは、ヤットと憲剛が鍵。
坊ちゃんしだいだなぁ。
直前合流だったら、1戦めはベンチから観ているのも手かもしれないです。
サイドの選手とか、たぶんよく知らないわけだし。
この頃は、メンバーをよく知ることから自分の力の出しどころを判断できるわけだし。
兄は、松井も長谷部もきちゃったんで、一皮剥けてもらわないと、いけません。
中盤の構成で、戦い方が決まりそうだし、
バリエーションも組めそう。
だけど、しっかりコンビネーションあげないと、持ち腐れ中盤。
・・・・・諸刃だ・・・。
スター選手(?)が多いだけに、雑音多そうだ。

それにしても、“中盤王国日本”浮き彫り。
FWゼロって布陣もありそう。
それを思うと、ポスト職人不在。
あ、「(今年の)大島どーですか?岡ちゃん。」

******************

“時間はない”けど、体勢的には“じっくり立て直し”必須。
岡ちゃんは、そーゆー星の下なのだなぁ、毎度。

ヨシカツ、佑二、ヤットあたりが、前に立たないと。
坊ちゃんは、(Jに帰ってこない限り)常駐リーダーは、むずかしいし。
あとは、サブリーダーを誰が担ってくれるのか・・・・・。
そー考えると、いつぞやのマツとかアツとか土肥ちゃんは、いい働きをしていたのだ。

“for the team”は、あたりまえの精神だけど、
代表は“旬間チーム”なので、チーム構成上のメンタルバランスは、鍵。
(それがドバイで構築できなかったのは、たいへんな損失だ。)
“つぶぞろい”のつぶのレベルが、ものを言う。
プレーレベルと、メンタルレベルと。
各選手、当事者意識をもって、お願いしたいです。
このチームでの、自分の組織内ポジションをよーく考えてみようぉぉぉ。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。