So-net無料ブログ作成

いきるチカラ [footballistic *]

なにをどう言っても足りない・・・・。昨晩は、去年のガンバ戦を観ていた。CBやった試合。
posted at 06:59:22

*****

あんたがピッチで躍動すれば、彼は喜ぶのだから。わかってるよね。
posted at 14:07:13

*****

それでも日常は流れる。それが生きるチカラそのものだったりする。(これに近い感じは、2年前にもあった。)
posted at 18:54:40

あの時、私は祈っていただろうか?祈る以前に疑いもしなかった気がする。
posted at 18:57:29



(ここは、あまり身内やリアルに身近な人は見ていないので書いてみます。)

彼女のICUは3日間だった。
人工呼吸器装着のための麻酔であったが、意識のないままICUを出て、
そのまま2ヶ月強。
機材という機材を全部装着しているんじゃないかという状態で、
心拍計や心電、呼吸のグラフが始終びかびか光っていた。

「残念ながら、それは“意識がある”とか“回復している”というような症状ではないの。反応って言うのかしら。」
と、看護婦さんや先生は言ってたけど、
そんな状態でも、
父の足音や声がすると、彼女の心拍数は変化したし、
手を握り返したりしたし、涙も流した。
お店の忙しい時間帯になると、手足を動かしたり。

彼女はまたお店に立ちたいのだと、
父のために台所に立ちたいのだと、
私は思った。

5ヵ月後退院し、
今、彼女はお店にも台所にも立っています。
呼吸器を外してからもいろいろはあった、
近くで見てても眉を寄せてしまうようなことが。
でも、お店でも台所でも、“日常”を送っています。

麻酔からさめかけでまだ朦朧としている時、
「お父さんの下着、変えた?」って聞かれた。

「生還の可能性は、よくて10%・・・・」と言われた彼女は、
今日もいっぱい笑って、お店と台所に立っています。


(彼とは病気が違うし、なんとも言いづらいのだけど)
彼には彼の日常があったと思う。
日々練習し、週末に真剣勝負する。
それはサッカーをはじめてからずーっと続けてきたリズム。
プロになってからも、マリノス、そして今は松本山雅で。
まだサッカーをしたいという欲と、繰り返してきた日常のリズム。

ある週末に、
彼は戻ってくると、私は思ってる。
彼が愛した“日常”に。

「試合だよ、マツ。寝てる場合じゃないから。」

その週末まで、
彼の喜ぶことを、しよう。
プレーする側は力いっぱいプレーして、
観る側は、心底サッカーを楽しんで、愛するチームの勝利を信じて。

タグ:松田直樹
コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

コメント 2

sono

書いてくださってありがとうございました。
神様には、まだまだサッカーやりてぇんだよー!!て言って、かえってきますよね。
by sono (2011-08-03 23:57) 

raichi

コメントありがとうございます。
実は今回のことに関して書くのはとても躊躇しました。
フィクションやドラマではないし、
まして生死に関わることですから。
こういう状態の彼を媒体みたいにして、自己表現したり自己主張したりする部類になりはしないかと。

数え切れない“心揺さぶる日”をくれた方が戻るのを、
ただただ待っています。


by raichi (2011-08-04 00:10) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。