So-net無料ブログ作成

10番の気概~山瀬功治 [Marinos *]

公式発表の前、荒れて、大泣きしたあげく勢いでつぶやいて、
いちばんびっくりしたのは、私自身。

すぐさま10とかつけんなよ、まじ腹立つから。
posted at 11/28 19:14:19

カミングアウトしてしまうと、
(と、いうかここを読んでくれていた方はきっとご承知。)
しばらく(かなり長いこと)、私はマリノスの10番を山瀬が背負うことに否定的だった。
同様に、あのチャントにも抵抗があった人間だ。
なにせ、マツギャルと俊ギャルから履歴のはじまったシドニー流れ。
海外移籍してもなんでも、「マリノスの10番は中村」から抜けられなかったうちのひとりでした。
過去厳しいこともいっぱい書いてきた・・・。

しかし、俊輔が帰ってきて山瀬が去ろうとしている今、
私の中でも、山瀬が不動の10番になっていた。
6年間の山瀬の仕事の結果だ。

マリノスの10番として、6年間タイトルを獲れなかった事を、山瀬がわびている。

そこまでの覚悟で、10番を背負っていた気概。

ごめんなさい。そして、ありがとう。
山瀬というストイックな選手が10番を背負っていてくれたことは、
マリノスの10番をいっそう価値のあるものにしてくれた。
それは、次10番を背負うものの誇りに必ずなるはず。

いつもひとり試行錯誤していた。
狩野が台頭した時も、俊輔が戻った時も、
チームにフィットすることと“山瀬功治らしさ”の間で、ひとり格闘し、
試合で結果を見せようとしてくれた。

プレーヤーとしての今後の山瀬には、何の心配もしていない。
ただひとつ、あるとすれば、
「もっと周りに甘えていいんだよ、いつもひとりで立ってなくても。」と。
4月から痛めていた怪我が11月に公表するとか、
一緒に戦ってるつもりの私たちは、
「なんでそんなにムリしてたんだよぉぉぉ」て・・・・そうなるんだよ。
ドリブルして仕掛けてつぶれた時、
「なんで誰も周りにいてくれないんだよ、いろよ、ここに!」ぐらい言っちゃえばいいのに、と思う。
まぁ、それを言わないのが山瀬、
シュートまで行って決めることまで背負って仕掛けるからこそ山瀬なんだけど。

広州アジア大会の時、
「いやぁはや、前線の選手がみんな山瀬」って思った。
前線からの守備、攻守の切り替え、パス繋いで崩すとかどの世代でも“日本らしさ”の基本なんだろけど、今回の関さんジャパンがおもしろいのは、“ドリブルしきる選手”が多いこと。そしてそれを隠さないうえに、個人だけでなく潰れること前提で周りがフォローできてまた作れる。
posted at 11/25 22:09:00

周りにもっと要求して、出てくる“らしさ”もある。

タイトルは獲れなかったけど、
山瀬自身が横浜をマリノスを好きで戦ってくれた6年という歳月は、タイトルと同等だと思ってる。


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。