So-net無料ブログ作成

『もっとできる』と思ってたんだよねぇ、ほんと。 南ア・W杯/日本代表 [Japan *]

120分(+PK)の“死闘”と報道された試合から2日たった。
ふだんはサッカー成分の少ない民放までが、今ものすごいことになっていて、
関空に帰ってきた代表じゃなくても、ちょっとびっくりで、
ウラシマな感じは否めないのだけど。

あの試合の直後、
この涙腺ゆるゆるの私がまったく泣かなかった。
心が振るえなかったわけではない。
敗退した=「もう試合がない」という実感がなかったのだ。

松井に2枚目のイエローが出た時、「次、誰が出る?」と思ってたし、
ヤットに2枚目が出た時は、「次の試合は、俊か?ケンゴか?」と思ってた。
とにかくベンチメンバーを見ても、
可能性は未曾有にあった。
世界が(どこより日本が)驚いたそこまでの勝ちあがりは、
私の中では想定内(期待通り)のことで、
もっともっと驚けると思ってた。

次々と“引き出しが開いていく様子”を観たかったし、思い描いてた。

“次”が永遠でないのは、代表チームの運命で、
同じメンバーでの次はない。
それが、クラブチームのサッカーとは違うところ。

    ************

パラグアイ戦は、遅かった。
本当に「あの戦い方しかなかった」のか?
私はそうは思わない。
きっと“次”はあったのだ。

今でも、それを信じている。

    ************

ほんとうによく守ったし、仕掛けるところは仕掛けた4試合だった。
これからスカパーでも豪華コメンタリスト揃い踏みの座談会などあるだろうし、
なにより、協会がしっかり分析して、
何が通用して何が足りなかったかが明確にされると思う。
それを活かして、4年後、8年後と続いていくのだと思う。
戦術的なことは、それでいいし、
私ごときがここで知ったかぶって書くことでもないように思う。
なにを“日本らしい”とするか。
それを突き詰めていく旅は続く。
私は、それをこれまで通りに観て、一喜一憂を繰り返す。
思う存分、楽しむ。
Jリーグから。“離れられないチーム”を中心に。

私たち“観る側”ができることは、それだけだと思うから。
観る側がどれぐらい“サッカーを楽しむか”が、 Jリーグを、ナショナルチームを鍛えていくのだと思うから。

だから、もっともっとたくさんの人に日常的にサッカーを楽しんでほしいと思う。
愛してやまないチームをみつけてほしいと思う。

今、これだけの騒ぎを観ていると、
ベスト16という結果以上の、今回の代表がやってのけた大仕事を実感する。
ここまで“日本を振り向かせた”。
私がスタジアムに足を運ぶきっかけになったシドニー五輪にしても、
自国開催の日韓W杯にしても、
その火は急速に冷めるという予測はできる。
でも、サッカーを観ることにとりつかれて残る人は残るのだ。
それが積み重なって積み重なって、強豪国の環境はできていく。
『サッカーの話ができないとキャベツも買えない』ような。

楽しかった、南アW杯・日本代表。そして選手もサポーターも、それぞれのチームに帰る。
posted at 6/30 02:31:46

ナショナルチームに強くあってほしいのは、
その土台にJリーグがあるから。
日常であるJリーグがもっともっと楽しくなるから。
毎週末毎週末、シノギを削るようなリーグがナショナルチームを強くするし、
W杯やCLが、「Jリーグとは別物」とは、思いたくはないのだ。

Jリーグ再開には、そこを期待するのはもちろんだが、
この熱を持続させるのは“観る側”の成長、成熟は大きい。

代表が現地に入ってから“確変”した要因を探っている視線は多い。
個人的には、
四面楚歌の足枷から遠く離れて、自分たちを見つめられたことは大きいんじゃないかと思ってます。

足枷ではなく、チカラになりたいんだよね、やっぱり。
そしたら『もっとできた』と、私は思う。
『もっとできる』は、“観る側”が作るものなんじゃーないのかなぁ。

toricoballine3.jpg

日韓、ドイツ(その間の各大会)はひとり暮らしだったから、一人で観た。
今回は、環境が変わって、
サッカー狂ではない“お茶の間”の傍らで、(それでも試合は一人で)観た。
再認識したのは、報道のTV(民放)の(良くも悪くも)チカラ。
プレーする側と観る側に存在するメディア。

大会前、今回の代表の四面楚歌ぶりを悲しんでいたからといって、
今の騒ぎを「バカじゃないの?」とか毒づくつもりもない。
今は、代表を通じてたくさんの人がサッカーに注目してくれている。
それは喜ばしいこと。
ここから先も、その報道っぷりに注目してみたいと思う。
“観る側の成長、成熟”には、メディアの成長、成熟が不可欠だと思うから。

だらだら書いちゃってすいません。。。。あいかわらずまとまらなくて。
だらだらついでに、ここ数日のメディアについてのツイートを並べてきます。

長谷部が直後に「Jをもっと」。さてさて民放各社のリーグ再開後のサッカー報道マニフェストを!(今、ちょーど政権放送やってるしな。 posted at 09:27:19
「おしかったね」「がんばったね」と言われ「もっとやれたと思う。」と途端に返して思い知る自分の強欲さ。 posted at 10:05:30
自分にとってここちよいメディアを探せばいい。自分で感じて考えて楽しむためのメディア。全部を見なくても死ぬわけじゃないし、
サッカー自体と報道は別物。
posted at 15:58:52
メディア側は、誰にむけてその情報を発信するのか?なんのために?を明確にすればいい。サッカーファン層ほど奥行きも幅もあるゾーンはなかなかないと思う。 posted at 16:00:28
もろワイドショーゾーンのははでも、局は選んでるみたいよ。不快なものは不快らしい。 posted at 16:04:27
フィギュアの世界選手権の時もそーだったんだけど、ブログスポーツランキングのうえのほーには『離婚・嫁・金持ち・失敗』などの言葉が踊っている今日この頃・・・。日本中はなに興味があるのか・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。 posted at 09:31:55
はは「岡田さんいいこといってたわよぉ~」だそーです。 posted at 19:50:59
えーのーきぃーどさぁーーーーん!今『ジャンルカなう』みたぁ。 posted at 21:56:50
覚えてるよぉ、その『ジャーナル』。ジャンルカさんと水沼さんのビデオ判定論の回! posted at 22:09:48
@skyperfectv うぇぇぇ、短すぎます・・・・。えのきどさんゲストで1時間でおさまるわけないじゃぁーないのっっ!もいっかいやって。いや、レギュラーの新番組!今日のメンバーで。『ジャーナル』はほんと、サッカー周りの楽しみ方を教えてくれましたぁ。 posted at 22:25:15
今日一日で、お茶の間での知名度は本田より今野と森本。 posted at 16:23:20
台所にいながらテレビの音を聞いていたが、だいたいブブゼラの音が関西空港の歓声に変わる→会見→今野、森本で〆。どこのキャスターも“団結力”押し。 posted at 16:25:43
特筆すべきは、代表コーナーの終わりにだいたいの番組が各選手の所属チームと「もっとJリーグを観ましょうよ」的。とてもいいことだ(協会からガイドラインでも入ったかしら?)。今後のJリーグ報道@ワイドショーを注目してみる。(これまでは見たことない。不祥事の時以外。 posted at 16:29:10
どこだったかは「今、所属チームのボードを準備中です、手書きで。」言っててふいた。 posted at 16:30:06
以上、偽・主婦によるワイドショー代表報道レポートでした。(聞いてたのは4番組ぐらい。 posted at 16:33:53


さてさて、オランダvsブラジルの後半をしっかり観よう!
サッカーの真実は、この90分にしかないのだ。


“ハレモノに触る(?)”エントリは、明日にでも・・・書けるかなぁ・・・。


タグ:W杯
コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

コメント 2

sono

やっとさんがイエローもらった瞬間「次、俊輔ある?」て私も思いました。でも終わったときに、いまの試合に集中しきれないで先を見てしまったからダメなんだよ、て思ってしまいました。
by sono (2010-07-03 03:59) 

raichi

そうかもしれないですねぇ。
by raichi (2010-07-03 07:06) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。