So-net無料ブログ作成

笑ってのち、ぐすん。そしてまた笑う。 ~H/磐田戦 [Marinos *]

またまた日テレ制作みたいなので、あたりまえのよーに会場音のみ。なんだか今日のマリ声は整理された感じ。お天気いいですな。posted at 13:20:15

よし、よし、勤勉、勤勉。ちょっと隙見えるけど…。続けろぉ。posted at 13:25:18

プレスの勢いで勝ってるのでナビスコみたくはならないぞ。posted at 13:26:57

切って、切られて。posted at 13:28:07

根気勝負か?マラソンみたいな試合になりそだ。posted at 13:35:30

早くも運動量に陰りが…。あつそーだもんな。ボール持ってる味方を孤立させないでぇ。posted at 13:43:32

んー。交代選手のプレーの質が大きく問われる。しっかり準備しろぉ。posted at 13:52:28

天野!“なんとか”やった…。値千金にしろ!サカティ、よく出した!posted at 14:35:35

乗れるか?つか、乗れ!ムリヤリでも。posted at 14:36:41

どーして天野が出ると天野劇場?持ってる?のか?posted at 14:38:56

それだけ必死ってことだろなぁ。いつまでもドタバタなんだけど(笑)。posted at 14:40:26

おし!来たっ!健太っ!(つか、あぶねぇ〜、荒田)posted at 14:42:57

守備のフォロー連携はできてる、前より。posted at 14:44:38

やたよ!勝ったよ!バタバタだけど。増やせなかったけどみんなで守ったぞ、天野の値千金!え?J初ゴールだっけ?posted at 14:54:24

「なにがなんだかわかんないけど」天野。わかんないからバタバタなのか(笑)。結果出たから(笑)だけどなぁ。posted at 14:56:11

マラソン試合、お疲れでした。勝てたので、みなさんキゲンヨクお帰りくださいね。シミ・そばかす対策は早めに。私はお仕事に戻ります。posted at 14:58:33

ヘッドっつーか、肩っつーか、首っつーか(笑)。出したサカティの見つめ方がいいわぁ。posted at 15:03:30
100501-11.jpg
「よし、来てたな、天野。」「はいる?」「はいってくれ。」「はいったぁぁぁ!」
この試合、90分攻守にほんと走った11番。サカティがどっちに走るかで、チームとして今何をするべきかが決まってるよーな。
で、ものすごい“兄貴っぷり”も発揮したぁ(ものすごいうれしいよ、わたし・・。前線の長男。


なんだ、なんだ、このTLの祝杯、祝スイーツ三昧は!!
posted at 20:08:59

「おぅーし!おぅーし!」 http://twitpic.com/1jxliz 93946427.jpg
posted at 20:28:16

「あざぁーす!マリノス君さん!」いい画だ。 http://twitpic.com/1jxlw1
93946897.jpg
posted at 20:29:45

平均シュート数、まだ1位なんか、なんかびっくり。posted at 22:08:58

******************************************

マリサポの誰しもが待ってた天野のゴールで、
その前76分の記憶が・・・・。
まぁ、終わりよければすべてよしな試合ではあったけど。

セットプレーにバリエーションが増えている。
勇蔵はさすがにガチガチのマークされはじめているのだが、
(ゴールはなかったけど)競り合えばことごとく勝っているのはさすがだ。
でもって、勇蔵が落として、とかやってるわけだけどもそこに誰もいなかったり。
まだまだ未消化というか・・・・。
流れの中でも、ゴールラインぎりぎりからマイナスに戻して、みたいなカタチが何度かあったり、
52分あたりのおっきい縦ゆさぶりは「おぉぅ!」なんて思った。
“ちゃぶる”練習があって、実践というところなんだろうけど。
しかし、消化不良な感じは否めず。
なんとゆーのか・・・・・
ちゃぶるどーのの前に基本的な止める・蹴るでのミスやズレがまだまだ多くて繋がらない。
そこちゃんとしないと、まったくリズムっつーものができないわけで、
相手をちゃぶる前に、味方ちゃぶってどーするよ・・・・みたいな。
スローインから2つめで簡単に獲られるとか、ボールもって囲まれて味方はこないとか、「をい、をい・・」的な。
ゴールに近くなれば近いほど針の穴なところを通そうとする場面は多く、
「そりゃそこ通ったらすごい!」んだけど、
味方も相手も密集した場所で、通そうとするところが狭ければ狭いほど獲られる可能性は大きいわけですよ。
「ぜってー通す」はかっこいいけども、
獲られたあとのことも考えないとなぁ・・・・リスクヘッジ。
それを連動できないと、引いた相手は崩せない。
なんとゆーか、攻撃までの連動に関しては、
残念ながらジュビロのほうが成熟してると思った。
味方との距離感とか「このまま成熟してったら固いだろなぁ」な。

守備に関しては、連携できててちょっとびっくり。
グノが、勇蔵と佑二の間を再三突いてくるのを「あら?ばれちゃったかしらん・・」と、見てたけど、
サイドと金井がたいへん気が利いていた。
とくに、佑二にまかせっきりにしないで、ずーっとフォローしてた祐介。
佑二のクリアをしっかり攻撃のボールに変えたり、もっと大きくクリアしたり。
これで勇蔵の負担も半減。
それがあるとほんとに安心なの。
「ぉお、なんか自慢の守備が戻ってきた!・・・・の?」と。
と、「こっから全員しゅびぃぃぃぃぃ!」みたいなのもはっきりしてたかも。
入った時間考えたら攻撃面で結果出したかっただろう健太も、
“帰ってきたひらひらチェック”炸裂してたし。
ロスタイム、必死のジュビロにサカティがばすっ!って行って、直後に健太がまたばすっ!と行った。
相手にしてみたら「まじかよぉぉぉ、FWやボランチまでそんなにばすばす来なくてもぉ。」だ。
そこにちゃぶる意識はないけども、
基本的な寄せに行く、フォローに行く、判断する、労を惜しまないってことろで、
相手はそうとう嫌がる。
「なんかさぁ“ちゃぶる”って、こーゆーのが根本なんじゃーん」と、守備に観てしまった。
ちゃぶる守備、いいじゃんね、うちらしい、とっても。

******************************************

まぁ、しかし、何を言っても天野ですよ、この試合。
ゴールする前も再三最前線まで上がってきてたからなぁ。
56分ぐらいにもサカティが右に出して、「あれ?いない・・・・」みたいのがあって、
その後、「おまえが打て!天野!」っつーのもあって、
で、あの押し込みだったから。トライし続けなかったら、なかった。

なんとゆーのか、ほんと、天野ってゆーやつはすべて体当たりというか。
守備でもいちいち体いっぱいで止める。
もぉ転んでるところばっかり、見る。
だからもぉ、観てる側も釘付けだよ、いつもいつも。
“人気者”って肩書きだけじゃね、不本意だわよね、天野。
まったく逆のタイプの祐介から盗めるところ盗んで、
少しはドタバタも減るよーにして。
結果出し続けろ、ピッチで。
『ジュビロ戦の天野の上下は、ちょっとドゥトラを思い出したよ』
↑どーだ!最高の賛辞だろ? ま、“笑って泣けるドゥトラ”だけど。

チームが乗ってる時は、日替わりジョーカーや日替わりヒーローが出る。
随時野戦病院みたいだった02-04にもそんなことがあったなぁ。
河合もそのひとりだったのよねぇ。
そーゆー現象って「みんなで戦ってる!」って連帯感でる。
今回の波戸君の怪我の功名は、ひとり出したよ、日替わりスター。



toricoballine3.jpg

天野と金井のがんばりで、マリサポ的には結果、満足いった試合になったわけだが。
サイドバーの2010選手名を見ながら、
「もっとやれんだろー?やんないと困っちゃうよ。」的気持ちにもなるのだ。
代表にまで名前を連ねる(た)大ベテランと、脇固めてきた(大事!)ベテラン、チームを支え続けてるチーム内で成長してきた“長男”組と、ニューカマー組と、
バランスはいいのだが、
ACL参戦とかになった時(本気ですよ、私は!)、「んんんんん、まだまだ薄いっ!」と思うんですよ、底上げが。

トリコロールのスタンドにはときどき“まつり”が起こる。
たぶんそれは、ライト層にはあまり理解できない執拗な“まつり”。
去年でゆーと天野まつりとか学まつりとか、宏太まつり
ちょっと古くてマイクまつりとか。
はえぬき若手に降り注ぐ期待のコールの洪水。
それは、ほんとに“クラブ”を感じる時間であって、現場にいた時は私も必死のコールだった。

まつり起こるうちの若手はほんとしあわせだな、と思うよ。
ユースにもサテにも練習試合にもトップと同じサポが押し寄せてコールを送る。
トップのベンチに入ろうが入るまいが、フラッグが振られ個人幕が貼られる。
ずーーーっとトップのピッチに立ち続けてきた選手となんら変わらない。
(今、ちょっと距離があってお茶の間感覚に片足突っ込んでるから気がついたけど、
TVごしに幕とか見ると、ちょっと不思議な光景ではある。ライト層とかから見ると「誰?それ?」なのかもなぁー、とか。)
それは“期待”そのものなんだなぁ、むしろ“期待”でしかない。
まつりの期待に応えられなくて、学が試合後号泣しちゃったことあったけど。
あーゆー気持ち、天野は感じ続けてきてるんだろうし。
いつもどんな時も、しっかり結果残し続けてる選手と同じレベルの期待と愛情持って見つめる目が自分たちにもあること。
忘れないでもらいたしい、あたりまえだとおもっちゃったら、なぁ。

コーキチさん下と違って、チャンスは少ないよ、ここからは。
でも、それモノにしてかないとな、ほんと。
プロなんだから。年俸出てるんだから。これで食べていくんだから。
それは、兵藤や健太、ニューカマー組も同じ。

だってヤぢゃん?ACL参戦になって、外からがっつり補強されて、は。
な。がんばれ。トリコロールのユニを着続けてほしいのよ。



【5/3・追】
本日のマリタウはすごい動員らしい・・・。
練習見ないでファンサエリアわんさか?らしい。

ライト層ファンサで「だ、誰?」を目の当たりにしてみるのもいいのではないか?>若手。
posted at 11:43:25

それが普通っつーもんだよ。


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。