So-net無料ブログ作成

4.29 水色の中盤をトリコにぬりつぶせ! [Marinos *]

この記事は4/25の時点で書ちょります。
忘れちゃうと困るし。
誰かが書いたレヴューとか読んじゃうと、すぐ影響されちゃうから。私ってば。


GW連戦で、選手が一番たいへんだが観戦者も大忙しだよ。
1週間かけて対戦チームの試合をゆっくりみるペースでは追いつかない。
(ましてや、私はジュビロ戦後帰省するので、大急ぎです。)

第7節・京都vs磐田を観ました。
イ・グノですよ、イ・グノ。
まちがいなく、サックスブルーの救世主&スターっす。
本人の資質は、もはや疑う余地なしなんですが、
ひょっとやって来て、チーム全体をまわし始めてしまった。
(できれば、対戦後に出現してほしかったよ・・・・。)

6節で、鮮烈Jデヴューしたイ・グノだった。
で、ジウシーニョをベンチに、7節はスタメン。
「うっわー、ぜいたくぅ。」だ。
6節途中から、スウィッチが入ったようにグノ中心にまわりはじめたジュビロ。
そのままの勢いで試合に突入した感じ。
何がすごいって、自分でも行くが、人も使える。
プレーが、
『ほら、こーすればマエダもゴールできるでしょ?』と言っている。
「いったい、何日前に会ったんだ?実は幼馴染とかなんじゃ・・・・。」と思うぐらい、
苦悩のストライカー前田遼一の長かったストレスを一瞬で消去。
そして、
『じゃ、こんどは、ボクが獲ってみるね。』と言わんばかりの強引プレー連続で1点。
「ま、まじですか・・・・?これさぁ、今、グノ-前田だけど、ジウシーニョと3トップもできんじゃね。
グノと前田は人も使えるわけだし・・・・こわーーーー。」なんて思ってたら、
サイドにジウシーニョ登場。
で、
『じゃ、ジウ君もゴールしてみる?』みたいな、1ゴール2アシストですわ。
なんすか?あれ。
強力な外国人ストライカーはいますよ。
しかし、チーム全体の攻撃をいきなり司るなんていう選手は、そうそう出てこないもんです。

で、ヒーローインタヴューで言うわけです。カメラ目線で!
「逆転して勝てたことが、なにより大きい。」
今のジュビロにとってはたしかにそこがポイントでしょー。
実は、あの苦しかったジュビロを去年からずーーーっと観ていたのではないかと思いましたよ。
チーム状態把握しちゃってるし。
その後も驚いちゃったわ。
すれ違う、満面の笑みの“あの”那須君とハイタッチ。“あの”ヨシカツと抱擁。
悩み始めたらどん底までの2人まで・・・・・。
ほんとに、いつ合流したんだ?っつーぐらいの・・・・・。
こわいヤツ・・・・出てきちゃいましたよ、まじで。
しゅごいパワー、いろんな意味で。

まちがいなく、イ・グノは封じなければいけません。
そこは、『標的には決めさせない』鉄壁のトリコロール出動です。
そして、その中でも、クナンです、クナン。
グノのプレーは、韓国のできるコ特有なのか、クナンのプレーにも似ています。
走りはじめよりも中間ぐらいでスピードを増す“馬力”とか、
力強いばかりではない器用さとか、
あの感じは、クナンなら読めるはず。
クナンよりも余裕と強引さは優るので、そこはドンホ君に助けてもらいなさい。
クナンとドンホで遅らせれば、あとは、後ろにマツ・佑二・テツがいる。
ここは、コリアと日本の2段構え鉄壁出動です。
あれだけやれる韓国代表FWだ。
ここでクナンががんばれれば、クナンの韓国A代表への道も開けて、
南アW杯の選手クレジットに“Yokohama F・Marinos”を増やすこともできる。
(ロンドン五輪へドンホ君も。)
もぉ、そこ“も”モチベにがんばれっ!
クナンにとっては、チャンス到来だ。

小椋は、グノに行かないほーがいい。
ぜったい頭いいし、イライラはしないので、玉砕する可能性がある。
小椋には小椋の仕事が別にある。
それは、“中盤圧倒の起点”という仕事。

いつもぬらぬらと不気味な京都だが、
そのせいか雨のせいか、ジュビロの中盤は寒々しかった。
(それでも、グノと前田で仕事しちゃったんだけどね。)
黄金期のピンポールポゼッション、どこへ?というぐらい・・・・すかすかと繋がらない。
速さも正確さも・・・・・。
前と中盤が別のチームみたいな温度差。
もし、29日もこの調子だったら、中盤は圧倒できる。
その起点を小椋が担わなくてはいけません。
小椋が奪取して、兵藤へ、そして健太のワンタッチファンタジー→シュートで終わるを、しつこくしつこくやる事が、
グノにボールを持たせないことにもつながる。
引いたら終わりだ。高い位置勝負。
この試合ほど、去年から積み重ねてきた“中盤で奪取して切り替えて繋いでフィニッシュ”を活かせる試合はないかもしれない。
だから、絶対、中盤圧倒!
それで、ジュビロのリズムには持っていかれないと思う。

言っても、京都戦も60分過ぎからジュビロの中盤も前につられるように躍動感を増した。
6節~7節の流れを見ると、8節の序盤から飛ばしてくる可能性もあるわけで。
あの調子だと、中3日で中盤にまでグノ効果は浸透するかもしれない。
だから、先手を取られては非常にまずい。
“やっぱ代表なのねん・駒野”封じは、裕介に頼む!
くれぐれも勢いで後手を踏まないように、雰囲気作りをサポもがんばりたい。
ホームだからね、ホーム。


グノ・ショックでかすんじゃいましたが、
GW中対戦の京都も、なかなかの感じ。
とくに大剛と林の調子いかんでは、とても、こわい。
(千真・兄、実は好きな選手。対戦となったら話は別。)
林、つかまえんとなぁ。


toricoballine3.jpg

(名古屋戦後です。)

“ダヴィは”完封した。
さすがに標的に定めたヤツには、仕事させないトリコロールDFです。
が、
どこまでも自分で打ちたいダヴィを封じるのはシンプルだけど、
グノは人を使う。
その上で、前田もジウシーニョもいるわけで・・・・・。
んーーーーーーー。
そのあたりのマーク配分が大事です・・・・。
と、
マツは、相手いなしてる間に自分が高揚しないよーに。
大人なんだから。
グノは、そのあたりの裏もついてくるかもよ。乗せられちゃダメだから。

セカンドボールをどんだけ自分ちのものにできるかがなぁ。
いつも終盤・・・・・ゆるむ・・・・ここんとこ。
相手を観て、
相手に持たせる時間と、絶対渡さない時間と、意識しないともたないんじゃーないのか?90分。
これから暑くなるし、連戦だし、
なんか頭使わないと、“根性”とか“気合”とか“若さ”だけじゃ、無理がくるし。


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。