So-net無料ブログ作成

「マ、マツさん、ほんと、やめてください。」 [Marinos *]

090411-3-14.jpg
「よくやったぞ!健太ぁ!なっ!なっ!なっ!」
「マ、マツさん、ほんと、やめてください。前もそーだったでしょ?
どーしてオレの時だけ“強め”なんですか?」
「そりゃぁ、かわいいからに決まってるだろ?なっ!なっ!なっ!」
「ほーんと、やめてください。マツさんみたいに朝起きたまま試合に出れる頭じゃないんです。
ちゃんと、気を使ってセットしてるんでぇ。」

あの短い時間に、こんな会話はないですね。
手荒いなぁ、マツ。首やられちゃう。
以前のマツの祝福といえば、“おんぶおばけ”でした。
誰かれかまわず、ものすごい勢いでダッシュしていって背中におんぶ。
坊ちゃんなど、後ろにのけぞってましたからぁ。
最近は、この“ひっぱたき”。
ま、愛情ですが。
ほんと、劇画っぽいとゆーか、なんとゆーか。

で、その次の瞬間の名シーン。
これ、プレスのカメラマンさん、ちゃんと撮影してないですかね。
090411-tricoapollo.jpg
『勝利の女神二ケ(NIKE)に魅入られたプラチナブロンドは、
トリコロールのアポロになれるか?』みたいな(・・・・・うっわ、すげーハズ・・・。)

右脇から観てた時も、“さぶえぼもの”でしたが、後ろからみると、これがまた。
劇画シーンのすぐ後に、こーゆーシーンがあるのも、
トリコロールの好きなところです。

toricoballine2.jpg

兄復帰から、ずーっとひっかかってた健太とのコンビネーションでしたが、
昨日は、進化してたかと。
まぁ、2ゴールは兄の個人能力によるところが大きかったですが、
ところどころで「うおぉぉぉっ」という場面がありました。
兄がいろいろ試行錯誤したところも多いと思うし、
(兄ぃ、「エースだよなぁ。」と、思ったところです。)
それでも頑固さもそのままで、それが結果に結びついたのだけど。
2人ともうちには必要な選手ですから。
「共存してほしいなぁ。」と思ってましたし、
しっかり活かし活かされることができれば、
ものすごいチカラになってくれると思ってます。

で、千真、兄の4ゴールで、
悪くても仕事はする健太も、そこまで「今日は、ちょっと軽りぃーなぁ。」と思ってたのですが、
誰よりも抜きん出た得意で結果を出し、
『オレも、いるっ!』っつーシーンでした。
「わかってる、わかってる。」と。

こーゆーのを、切磋琢磨というのでしょう。
その試合を観て、まだピッチに立たない若手も、
「出てぇぇぇぇぇ!」と、きっと思う。
頼もしいですよ、トリコロールは。

合わないパーツを消しあうのではなく、
個人の能力がありきで、活かし活かされてできあがるシステム(戦略)、
というのが、マリノスらしいシステム(戦略)なんだと思ってます。
それは、若手も中堅もベテランもないです。
で、お互いの得意をわかって、活かし活かされるという段階で、
自分に必要なマイナーチェンジをできるのが、
ほんとにチームに必要な選手なんだと思います。

佑二でさえ、ここにきて、また新しいことを求められている。
オーバーラップして頻繁に駆け上がってくる佑二なんて、これまであんまり見たことない。
守りのスペシャリストで、ここまでキャリアを積んで来て、
最初は、「うっわ、いいよ、佑二、無理しなくてもぉ。誰か早くフォローにいってあげてぇぇぇ。」
って感じでしたが、最近は、ちょっとイタについてきた。
(ましてや、代表での“スペシャリスト”と、求められてることは別です。)
自分がそれをやったほうが、チームにとっていいと思って、
あれだけのキャリアの選手がやるわけです。
(自らのプレーのバランスを崩しながらも。)
それは、マツのボランチ・コンバートもそうだった。
新しいことに挑むことを楽しめる選手が、
長い選手生命を約束されるような気もします。

チームは選手で成り立っていて、
選手はチームのために成長する。
その中にある競い合い。

育成って、若手だけのことじゃないんだわね。


コミもアーリアも、待ってるんだからね、みんなが。

コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

コメント 6

根本的にさ

あなた、育成型クラブって言葉の意味をわかってないよね。
さんざん議論されているのにまだ言ってる。

何考えてんの?
by 根本的にさ (2009-04-13 02:49) 

raichi

根本的にさ さん、コメント、ありがとうございます。
すいません、いらつかせてるみたいで。
感覚でしかとらえないで、自分の中で消化しちゃうのが私の悪いところでございます。

ここで使った“育成”っていうのは、“成長”ってことですが。
できれば、一般的な育成型クラブの定義を、
ご説明いただけるとたすかります、です。


by raichi (2009-04-13 03:26) 

sono

こんばんわ。はじめまして(^-^)

マツの狩野クンへの手荒い祝福を「脳震盪おこしちゃう」と笑いながら見ましたが、山瀬アニ1点目の際の抱擁は涙なしには見れませんでした。愛、溢れてますね。

恥ずかしながら、今日読んでいてチームスローガンのGrowingって若手のことだけじゃないんだった!と気付いた次第です。
年齢とか関係なくみんなそれぞれに伸びしろがあるんですよね。
長兄たちの成長がチームに与えるものも大きく…期待ばかりです♪♪
去年キャンプ時に桑原サンがマツやジローちゃんについて「若い」って言ってたことを思い出します。
by sono (2009-04-13 21:55) 

raichi

sonoさん、コメントありがとうございます。
そーなんですぅ、sonoさんがおっしゃっているようなことを書きたかったんです・・・。ありがとうございます。
若手は伸びてくれないと、なんですが、
スタイル確立しているベテランや中堅が、
チームのために新しいことや新しい役目に挑んでいく姿は、
ほんとに勇気をくれます。

また、遊びにいらしてください。


by raichi (2009-04-13 22:17) 

根本的にさ

>ご説明いただけるとたすかります、です。
そんなもん自分の足と目と耳でさがしてくれ。
んでよく考えてくれ。甘えんじゃねえよ。

一般的な定義は問題じゃないでしょ?
マリノスがなにを掲げているかだけが重要なんじゃないの?
さんざん議論されてるし
ヒントはクラブからも何度となくでてる。
それでも解釈が曲がっているのは、あなた自身がそれに関心を持って
アンテナをたてていないから。

こんなエントリーあげてりゃ世話ねえよ。
http://plantdreamingdeep.blog.so-net.ne.jp/2009-04-07-1
by 根本的にさ (2009-04-14 03:12) 

raichi

根本的にさ さん ありがとうございます。

同じヒントを得ても、
それぞれに、考え方や解釈や「こうなってほしいなぁ。」というのは、
あると思うんですよ。

根本的にさ さんがおっしゃってる“議論”には、私はまったく参加してないですが、
上げられているエントリーも、
ここまでの道のりで、解釈して、自分で考えて思ったことを書いたまでです。
無責任に上げたつもりはありません。
全員が、寸分たがわない解釈というのは、ないのではないでしょうか?
コメントを書き込んでくださるのは、とてもうれしいですが、
具体的な 根本的にさ さん の考えや違和感をあらわしてもらえると、
私も新しい解釈や考え方ができると思います。

その“議論”に参加された方だけが、マリノスを観ているわけではないと思いますし、その“議論”で、結論が出たというわけでもないと思う。
このことに関してだけではなくて、日々、進行形でそれぞれが考えているのだと思うので、
“違う”と思って、“こう考えた方がいいよ”というのがあるのであれば、
ぜひお願いしたいと思います。

by raichi (2009-04-14 14:25) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。