So-net無料ブログ作成

雨に霞む自信と確信 ~A/新潟戦 [Marinos *]

ロスタイム、逆ミラクル・・・・。
この逆のパターンを、トリコは何度も呼び込んできた。
周りから「ミラクルだ。」「たなぼただ。」と言われても、
ミラクルは起こるべきして起こることを、トリコロールは知っている。

新潟は、ブラジル人のチームではない。
これまでも、矢野の献身に苦しめられてきた。
そこにオオシの献身がプラスされた新潟は、
90分の間、1分もあわてた様子はなかった。
オオシの“巧さ”は充分に知っている。
対応もできていた。
しかし、90分の積み重ねは、トリコに重く重く効いていたのだと思う。
オオシの献身を手放したチームと、得たチーム。
ここまでのリーグ戦で、勝点を積み重ね、
首位にいるチームの自信は雨を受けて確信としての実をつけた。

試合後のインタヴューは、具体的な策はなにもなく、
あいかわらず“若手を使ってる”価値観の披露と、
「内容は悪くない。1勝さえすれば。」
対する鈴木監督は、
トリコへの敬意と、勝ってなお、分析と課題。

監督も選手も「いいサッカーはできている」ことが、今の支え。
テレビ観戦者の私が、そこに対して言う事はできない。
実際、今できる限りのことを選手はよくやってくれた。
ジロ離脱の右サイドのメドもたったし、
最後の最後のボールロスまで、
生命線のプレスと切り替えは、負けてはなかった。
残念ながら、そこにあわてるような相手ではなかった。
握りはじめた自信を頼りに、耐える事を苦と思わない新潟だった。

「雰囲気はいい。」「だんだんよくなっている。」
しかし、勝てないトンネルは続いている。
携帯サイトで、アキが言っているように、
“うちもよくなっているのかもしれないが、周りも同じスピードでよくなっている”
リーグははじまって1ヶ月を経過したのだ。
周りに「いいサッカーはしてるんだけどねぇ。」と言われながら、
降格していったチームは、過去にもある。
落ちたからと言って、外の賛美者は手を差し伸べてはくれない。

勝つために、
敬意を持って、外をみてほしい。
『敬意こそが、勝利への資格』

一緒に耐える覚悟はできてる。ただ、
選手がこれ以上自信を失う事と、090404.jpg
サポートするクラブが品位をなくすることだけは、耐えがたい。

来週、三ツ沢には参戦します。
勝利のために!選手の自信を取り戻すために。

遠征されたみなさん、おつかれさまでした。
最後の拍手は、TV前の私にさえ沁みました。
風邪をひかないよーにして、横浜にお戻りくださいね。



toricoballine2.jpg

私なら、来週どうするかと・・・・試合終了後1時間ぼーっと考えてた。
戦術的なことはわからないが、アキの戦評を参考にすると、
直前に決められるスタメンを、週明け早々に決定発表するかもしれない。
サイドと前3枚。
コンディションのいい選手の起用で、初戦からとっかえひっかえで、
コンビネーションに積み重ねがない。
1週間で、どれぐらいコンビネーションがあがるのか、見てみたい。
それをやっても、今のトリコの選手は、やる気なくしたりはしないと思う。
もう充分“競争”はやった。
少なくても、
“コンディションがいいから”スタメンになって、
悪くはないのに堪え性なく後半開始で変えられるより、
次狙う方が、選手のモチベも保ちやすい気がする。
(私個人の好みはともかく、)
“どーしても千真”が柱でも、“こまったらクナン”FW起用でもいいから、
一回ぐらい固定してみたらどーだろーか?

ま、“初心に反する”ので、こーきち君はやらないと思うけど。


【追記 26:07】

・いいぞ、勇蔵!そのとーりだ!
・“若いチーム”を言い分けにするなっつーの。
 じゃ、次、ベテランと中堅だけでやれ(11人に足りません・・・・)。
・おいおい、サラブレッド。5戦白星なしの公式戦で、自己アピール欲を出すことがわからん・・・甘い。
 (競争させすぎ、露呈。)
・おいおい、ルーキー9番。「引き分けでもいいのかな?」とは、なんだ?・・・甘い。
 (0-0OK!思想、浸透か?)
・監督コメントはスルーで。

・・・・・・・・・勝てなくて、あたりまえかもしれん・・・・・よ。

コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。