So-net無料ブログ作成

戻ってきた現実主義者 ~W杯最終予選H/バーレーン戦 [Japan *]

勝点11。
『今日は、それでいいと思う。』と、坊ちゃん。
ホーム初勝利と勝点3奪取が、必須課題だった試合。

ポゼッション60%以上の前半。
“持ってるんだか、持たされているんだか・・・・。”
試合前、ニコニコと観光気分でカメラもってたマチャラ。不気味だわー。
バーレーンの狙っているところは、日本のセットプレー直後。その1点と言ってもよかった。
ファールによる自滅癖のあるチーム。
相手のチャンスを自分たちのチャンスに急転させる。
たしかに、佑二と闘莉王がお留守の最終ラインは・・・・ちょー不安だった。

ハーフタイム。
「よゆーねぇーーーーー。」が、感想だった。
ガチガチになるのは、よくわかるし、
「これでも勝てればそれでいい。」とは思っていても、5度めの対戦である。
逆に「へいへーい。」ぐらいの遊びを出しちゃったほーが、
バーレーンも調子崩すんじゃないかと思った。
「んー、あんまり空気読まない、そだな、松井とか。」
すべてが両チームの予定調和の中に、試合は進んでいる気がして、
(贔屓目承知だが)「ここに健太をポイって入れたら、ちょっと楽しくなるだろーか?」的な。
今日は、楽しさ<勝利ということはわかっているが、
その慎重さが諸刃な気がして。
09-03-28_21-33.jpg 『後半も、がんばろー!』
「そだよな、これぐらいのよゆーはほしいよな。」と。

しかし、そーゆー私は、やっぱり素人なのですね。
今日の代表は、その空気に耐えたることが仕事だったらしい。

結果、『あってよかった、坊ちゃんの左足。』
09-03-28_21-41~00.jpgひさしぶり、ちっちゃい下方向ガッツポーズ。
だからセットプレーは、軽んずるなかれ。

その後、最近のマリノスに慣れちゃって、
「いったい何点ほしいんだ?」モード含有中のため、
「こっからだろー、こっからっ。へいへーいって、たたみかけろぉぉぉ!」だったが、
いやー、固くいったね。
もぉ、ある意味裏切りとゆーか、もぉ、びっくり。
岡ちゃん、ここにあり、って感じでした。
「もぉ、若い者から弾けなくってどーするっ?」と思ってたうっちーと長友の重さも、
そーゆーことだったのか?

無事、勝点3を獲って、気がつくと“今日の帝王”は、ヤットだったことに気がついた。

「つまらない」と言うなかれ。
勝点3は、獲った。
『アジアを勝ち抜くこと』と、『W杯で世界を驚かすこと』は、同一線上では、ない。
戻ってきた現実主義者・岡田武史。


toricoballine2.jpg

佑二も、今日は完全に岡田・現実モードだったよーだ。
チームと代表と、これだけ違う視点になれるというのは、ちょっと凄味がある。
ま、“むかしサポ”の私としては、
チームでも堅守主義持続して、前線を遊ばせてあげてもらいたいところですが。
コンディションはどーなんだろーか?
「うぉーーーーいっ。」というハラハラシーンが、今日も2つほど。
他DFなら、「そーゆーこともあるよ。」なのだが、
“佑二だからこそ”気になる、最近の“不用意”・・・・・。

あれだけガチガチに来られても、
ところかしこで“決定的な1本”を繰り出す坊ちゃん。
よくもここまでになったものだぁ。

tv.gif





コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。