So-net無料ブログ作成

「足場をたしかめるよーな試合だな。」 ~A/清水戦 [Marinos *]

先週の金曜日から、実家山形に帰っていたので、
週末の記事は、「移籍したんか?」っつーぐらい故郷愛になってますが、
移籍はしておりません。ここは、マリサポのブログです。

toricoballine2.jpg

帰って来て、荷物整理して、即・スカパー録画を観ました。

正直な感想は、
「一週で、よくここまで戻したDF。」
堅守に自信があるほど、開幕戦の傷は深かったはずで、
「ひきづらなきゃいいなぁ。」でしたが、
(清水の『ヨンセン様活かさなくちゃチグハグ模索』に助けられた感もありの)
危なげなシーンもなく、ほっと、胸を撫で下ろす。
(しかし、大宮が広島に勝っている・・・・。)
攻守の切り替えもよくできていたし、
プレスも効いていたし、鉄壁最終ラインの集中たるや!
お誕生日というお得意の“華の日”に、
むちゃに出なかったマツの様子で、
どれぐらい“完封”にこだわったのかもわかるし、
プライドもあろーに、ファール覚悟で止めに行った佑二もそう。
なかざーさん、去年末からコンディション下降してませんか?
開幕戦の録画を観て、ホラー映画なみに目をふさいでしまったよ・・・
気のせいだったらいいのだけど。
“休まない調整方”は、合ってるのか?
気のせいだったらいいのだけど。

で、やっぱり、勇蔵のキャプテンマークは、能力倍増スイッチらしい。
まぁ、守備のポテンシャルは高いので、
ここまでできて「あたりまえ」って思っちゃうところが・・・・申し訳なくもあり。
(でも、後半終盤は、ちょっと乱れちゃったね。)

欲を言えば、
前半の数々の“伝家の宝刀”が、1点でも決まってれば、
「おしっ!スタートライン!原点回帰!」ってところでしたが、
今だ開幕戦の傷が痛い身としては、よく効く精神安定剤的試合でした。

だいたいサポなんてゲンキンなものなので、
守備安定を目の当たりにした次の瞬間には、
「得点だぁ、得点だよなぁ・・・・・。」と。
“伝家の宝刀”は、入る時には入るので、流れです。
DFラインだけでなく、全体的に守備に気を割いていたためか、
ダイナミックな瞬間が・・・・・・ない。
ぺたーっと、平坦・・・・・・緩急変化が。
「なんでだろー?なぜかしらん?」
スピードアップのタイミングが・・・・・。

気がつくと、バックパスの多いこと多いこと。
いや、開幕戦みたいに、やみくもに押し捲ってぐっちゃぐっちゃよりは、いいのかもしれないけど、
あの試合の清水相手に、そんなに慎重にならずとも・・・・。
つか、14番のバックパス比率があんなに多い試合も、ひさしぶりなんじゃーないですかね?
解説してたノボリは、
「隙に、隙に動いて、ポジショニングもいいし。」と褒めてましたが、
“ボール落ち着けること”が14番のお仕事ではなく、
“ワンタッチでチャンス倍増”にできるからこそ14番なのだが・・・・。
で、バックパス、受けた味方が次ぎパスミスしたんじゃ・・・・。
なんで?前向けないんだろーか?
兵藤と縦関係だから?
サイドに流れる機会がすくないから?
“チーム唯一の使い上手”が始終後ろ向いてたら、
そりゃ、前へのボールは、最終ラインからのロングしかないよなぁ。
つか、「ボール持ったら、もう一度迷わず探してみよう!(せっかく)金髪」ってところもあるんじゃないのか?
たしかに、
試合毎に“キープレーヤー”とされて2シーズン目なので、
マークは数段きつくなるし、
“使い上手”がもうひとりぐらいいれば・・・・とは思う。
(ヤットだって、橋本や二川がいてこそのところはあるんだし。
そーゆー意味でも、馬場ちゃんが戻るまでマツボランチ上げも考慮願いたい。
実際、健太の次に視野は広い。)
もしくは、14番を前向かせる“おとりの動き”は、要考慮。
でないと、ほんと、苦しくなると思うわーーー。
最後の、マイク入れてこぼれ球スピード隊作戦も、
「じゃ、誰がどーやって、前にボール運ぶのだ?」が不明瞭なため、不発。
(マイクは、多少強くなった気がするが、競る機会があまりに少なかった・・・・。)

バックパスと、個人の“まっすぐ突進の連続”は、
去年の「うぅぅぅぅぅぅぅ。」という時期を思い出させます・・・・・・。
兄のドリブル突進はもちろん魅力なのだけど、
もつたびにやってたら、そりゃ・・・・なぁ。
せめて2回に一度は、人を使ってみよーよ。

・ジロちゃんはよくやってる、しかし・・・・。
・コミは、あきらかに去年より自信が欠けている。
・もう聞きたくない「昨シーズンは1ゴールでしたからね。」<11番。
 (01年のマツなみに耳をふさぐぞ、テレビ前。)
・試合を重ねなければ育たない、それはわかるが、
 あまり固執しないで幅もたせよーよ、ルーキー9番の起用法。
 (城福餅でさえ、平山と心中は避けている。)

まぁ、『大きな街の育成型チーム』なので、じょじょにという覚悟は、
ある程度、ありますが。

toricoballine2.jpg

「5年目なのかぁ?健太エスパ。」
一昨年ぐらいから“一体感”ダウンしてる気もしないでもない。
ヨンセンは、日本人以上の“奥ゆかしく、気のきくFW”なので、
ヨンセン主義だと、ほんとに“いい人FW”におちいりそーだし、
チーム全体とゆー意味でも、「なんだかもったいないなぁ・・・・」と思うのであった。
淳吾の交代が、あの時間で、こっちはたすかった。
(翌日のサテは、よかったらしーし。)

「静岡産で“健太”ってことは、やっぱり“健太”由来なんだろーか?」と、
年齢差“健太対決”に、ふと思う。






コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。