So-net無料ブログ作成

せんきゅー・・・・広島“アルカノイド・サッカー”。 [Marinos *]

「なぜに、そんなに進入されるっ?」
するする、するする・・・・・。
前半の広島ゴールラッシュ時、
「そんなに広島の得意なところでやらせなくてもいいだろぉ?
どーしたっ?鉄壁ぃ・・・・もぉ、鉄どころか、紙・・・・。」

ひとーつっ!クリアがはっきりしなぁーい!
広島相手に、ペナ内でクリアしても思うツボ。まずはセーフティに!
ベテランDF陣、基本、基本。
ひとーつっ!真ん中が軽すぎるっ!
「うぅぅぅぅ、馬場ちゃん・・・・・・・・。」
ペナに入られたら、広島なんて、アルカノイド(懐かしいでしょ?ブロック崩しゲーム。)サッカーなわけで、
そんなに近くに寄られる前に、止めろ、中盤で。止められなくても遅らせろ!
だいたい槙野にとられた時点で、相手のアドレナリン噴出のアシストなわけで・・・・。
(せっかくナイス!企画by二ーケさんなのに、「槙野に1票・・・」じゃん・・・・。)
で、寿人、で、柏木・・・・・。
コーナーフラッグで「えっへん!」とか、「練習するんだろーなー」ゴールパフォーマンスとか、見たくないのは、
あれやることで広島は、自分たちで興奮状態をよぶいわば自己催眠、メンタルコントロールの術だからなのよ。
アドレナリン噴出で遅れをとったら、もぉ、こっちのリズムに引き寄せるしかないじゃんか。
ポンポンポンポン、ちょーライトタッチで繋がれて、
アルカノイドなんだから、繋がれただけ変なスピードついてくるし、
そしたら、もぉ、動体視力ついてかないもん。
だったら、向うになくて、こっちには(かろうじて)ある“重さ”勝負よぉ。
どんな手でも流れ切って、がつん、がつんって、へヴィー級な感じにもってかなきゃぁああ。
前半でしたわ。
年末の天皇杯あたりから、
「広島とは、なるべくあたりたくねー。」と思っていた想定の、最悪イメージに近い展開に。

「2点獲られたら3点、3点獲られたら4点獲るサッカーするんだろ?じゃ、やってくれ!」な後半、
さすがに、こーきち君も思ったらしく、
一気にボランチ2枚交代→サカティ&兄。
「うっわ、そりゃまた極端・・・・。」
いじりどころはわかるのだけど、兵藤と健太がそっくりボランチ。
「いっそー軽い・・・・・。」
まぁ、今日のベンチは、そーするしかないベンチです。
よっぽどFW陣の“調子が良かった”のか、FWばっか。
だったらさぁ、小椋残してマツあげて、後ろ2枚にすればいーじゃんっ!
もしくは、裕介下げて・・・・あ、コミ、いなぁーーーーーいっ!
次に打った手は、クナン。下がったのが兵藤。
マツあがって、健太とマツの2枚ボランチ。
しかし・・・・・時すでに遅しだわ。
そりゃ、今年は「僕を!応援してください!」のマツだもの(極端だっつーの!)、前にくるくる。
気がつくと、後ろ2枚より後ろにいて淡々と守備する金髪・・・・。
(だって、前半から「あやしー、あぶなぁーーーーい」DFのジロちゃん、そりゃ疲れちゃったわよね。)
だったら、裕介いるほーに健太にしてほしかった。
兄、ルーキー9番(最後はさすがに動き鈍かった)、クナン、サカティ、いくらそろえてもさぁ、
チーム唯一の“使い上手”があんなにとぉーくてカウンターの守備してたらさぁ、
前にボールはいきません。
すくなくても、誰か中継しなかったら、健太も戻ってこれないだろーに・・・。

「うちの選手・・・・どんだけユーティリティーなんだよ・・・・」な結果に。
複数のことできるのは大切なことだけど、
もぉ、誰が何やってんだかわかんない状態で終了ぉ・・・・・・・・。

そりゃ、ブーイングも出ちゃうよね、開幕ブーイング。
すべては、馬場ちゃん怪我で、自信もって送り出した2ボランチがまったく機能しなかったことと、
こらえきれずにいじりまくったことでしょー。
なんで自信もって送り出しちゃったかといえば、オフシーズン『井の中のカモメ』だったからだよ。
だって、J1との練習試合はアルビだけ。
で、みんなで「調子いいです、調子いいです」って、どこと比べてよ。
あぁ、内弁慶・・・・・。
井の中であれやこれや試したところで・・・・ねぇ。
あんなに流動的にいろいろ試しても、今日の前4人は、やってないだろーなぁ・・・・。
もぉ、4人が4人、自分がなにをやるのか????だ。
ついでに両サイドも??。
馬場ちゃん、怪我離脱してからけっこう時間あったじゃんね。

広島も上出来だったと思うけど、
もぉ、今日は、こーきち君のベンチ入りメンバー選考からの内弁慶な策溺れ&勢い頼みな気がしてならないわ。
あそこまで、ぐちゃぐちゃになると、ピッチ上で自主的に考えるもなにも、なぁ・・・。
浮き足だっちゃって、セットプレーだって、ちょーライトにはじめちゃうし・・・。
前線からのプレスは、昨年比60%。囲い込みなんて昨年比40%。
守って、奪って、速攻切り替えしっ!っつー土台がなくなってます。

やっぱり、身内のレポートだけで盛り上がるもんじゃないわね。
いぢわるなマスコミ目線は必要だわ。

【よかったこと】
・「あいつはなんかもってる」ルーキー9番(でも、まだ60分まで。)
・キャプテンマーク、勇蔵の意地のヘッド。
 (「佑二さん、ここは俺がっ!キャプテンなんで。」)
・「いろんなことできるんだなぁ・・・・うちの選手。」
・テツの「リーグ最少失点したいんだよっ!」っつー気持ち。
・こんな試合でも2アシストだよ、14番
・最後まで、試合投げた感じはなかったこと。



と、ボロクソ気味ですが、
はい、ここからです。
まさか、“井の中”わかってなかったわけじゃないと思うし、
(いちサポの私が心配してるぐらいなんだから。
広島先々週の『ファイフロ』通りだったじゃん・・・・外のことも気にしよーよ。)
リーグ戦はじまってから積み上げなおすつもりだったんでしょーーーーーーーーー?
そーでしょーーーー?

とにもかくにも、開幕しましたよ。09シーズン。
090307s.jpg

ここからは、学園祭でも、お遊びでもないんで、多少シビアにたのみます。
若いとはいえ、プロなんですから。
私も、プラスプラスの柄じゃない姿勢はやめよーかと。
“マイナス反動担当”に戻りますわ。

マリノスケに「ごめんなさい、ほんとーにごめんなさい。」とか、させないよーにね。
090307gomen.jpg(涙出たわ・・・・まじで。)

ある意味、去年の開幕の“錯覚スタート”より、
今年のほーが、長いシーズン考えたらいいかもしれない。
ありがとぉ、広島。真剣にきてくれて。
うちの立ち位置、わかったよ。

くじけんなよっ!まだ1/34なんだからっ。
即・修正に取り組んでください。
週中優雅に休んでるチカラじゃないことは、わかったじゃん。
『三兎追い』なんだから。

これから、広島とあたるチームは、
前日練習に、みんなでアルカノイドをして、動体視力レベルをあげてからどーぞ。


“育成型対決”開幕戦、積み重ねが違ったわ、ね。



toricoballine.jpg

【他会場】

・オオシは、どこでも“ちゃんと”やる。
 “名古屋の田中”は、お役に立てたのか?ダイジェストでも観なかったぞ。
 那須君ヘッドはバー。

・赤いチームは、サポや選手がどれだけの間ガマンできるかだろーなぁ。

・山形、6得点!な、なんと、暫定首位!
第3節のホームまで負けなければ、勢いつくぞ、きっと。


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。