So-net無料ブログ作成

名鑑にみる『開幕戦は、“育成型”対決』。 [Marinos *]

ここ2日の通勤電車は、『Jリーグプレーヤーズ名鑑』タイムとなっております。
もう何年もNIKKANなのですが、今年は、エルゴラ版と悩みました。
だって、カラーだしぃ、クラブマスコットの勇姿も載っていたし。
けっきょく、今年もNIKKANにしたのですが、
NIKKANの“マリノス離れ(?)”が続いたら、来年はわかりませんわ。
エルゴラ版のうちの記事の見出しが、
『大きな街の育成型チームを目指す』みたいな感じだったので、好感度も高かったのですがね。

「いやー、ほんと増えたわぁ。はえぬき。」です。
もともと少ないほうではないし、全クラブをみると、J全体への貢献度も高いのですが、
今年は登録選手32人中15人がユース出身です。46.8%、半数に迫る勢いです。
ガンバが15/31人で48%なので、なかなかのものです。
まぁ、トップチームにあがっただけで、では、“ばぁさんの溺愛”なので、
どんどんスタメン争いにくい込んでほしいものです。
“こーきちマリノス”なら、チャンスはいっぱい。

で、育成といえば、開幕戦の相手・広島ですが、
はい、16/32人で、ジャスト半数がユース出身です。
しかも、しっかりスタメン、が多い。
そのうえ、他の選手も(久保ももちろん)広島出身の多いこと多いこと。
地域ぐるみの育成型クラブなんですわね。
独自のスタイルがありますねぇ、広島の育成。

『大きな街の育成型チームを目指す』初年度の開幕戦の相手としては、
意味のある相手かもしれないです。
ちなみに、平均年齢を出すと、
「こりゃ、広島若いだろーなぁ。」と思っていたら、
広島が24歳、マリノスは23歳で、うちのほーが若かった。
(スタメンになると逆転するかもしれないけどね。登録選手全員の、です。)
今のメンバーで積み上げてきている広島なので、
敬意を忘れずに、胸を借りるつもりでいけば、
「昇格してきたチーム」苦手、を感じなくていいかもしれないです。

toricoballine.jpg

名鑑を買うと、見てしまうのが年俸(推定)です。
「そーか、健太、そこまであげてもらったかぁ。」とか。
ま、去年終盤、コンスタントに活躍した若手は、ちゃんと上がっているよーです。
「なんだかんだ言って、よかったじゃん、サカティ。入籍資金。」とか、
マツとか、馬場ちゃんには、「もっとアップしてもらいたいなぁ。」とは思います。
32人総額51880(万円)、平均1621は、この不況下、がんばったと思う。
ま、なかざーさん率が、すっごいのだけども。(おごってやれ、遠征時の空弁ぐらいは。)

そのなかざーさん、「やっぱ、J№1だろ?えっへん(なぜ?えっへん?)。」と思ってましたら、
いましたよ、上には上が、そ、赤いチームに。
“おひとりさま”が佑二と同額、ポンテが+3000、そして(ドラムろーる)、高原さんさらに+1000(ドンっ!)。
こわいわー、こわいわー、赤いチームのバブリーな年俸。
そりゃ、動員数のなせるワザなので、「えらいわー。」とも思いますが、
2番に6000とか、6番に7000とか・・・・・。(そー考えると、マツや馬場ちゃん・・・。)
こりゃ、サポも「だまってはいられない。」でしょー。
(これで、あの最終節の試合態度・・・・・。)
31名登録で150010ですよ、あーーーーた。あるところにはあるのねぇ。
(山形など、総額で25840です。それで同じ土俵で戦うのですよ・・・。)
動員増えれば、選手にもたくさん支払えるのだ!そーなんだっ!
しかし、バブリーだけど、格差社会なのねん。
うちの初任給は一律480なんだけども、
赤いチームの新卒は、380。20歳そこらの100って、でかいよぉ。
ほんと、格差社会inレッド。

「ハユは、メカの8000に影響されちゃったのかしらぁ。」と、名古屋をみてみる。
同じ自動車チームなので、「ハユのは高いほーだろ?」と、思っていたら、
やっぱり、上には上。
楢崎だけじゃないのよねー。外国人選手とか、玉ちゃんとか。
総額30人で57940なのだけど、獲ってる人が多数なので、
これまた格差社会in味噌煮込みで、初任給360。
そのうえ、ほら、閣下の年俸ったら、こーきち君の4倍・・・・・。

もはや、うちは“金持ちクラブ”ではないです。
無駄遣いなく、実力ベースでわけあって、
若手も手厚く生活保護で、育成(と、動員)、がんばりましょー。

toricoballine.jpg

と、名鑑の使い方として、今日あらたな発見が。
職歴は長いのだが、あまりメンズのデザインしたことはなく、
しかし、今年は、メンズもやってます。
(しかも、某スポンサー向けらしい。どーつながるのかは、わからん。契約だし、私。)
もともと単品で考えられないので、「コート。」とお題をいただいても、
まず最初にコーディネートで描くデザインの道筋なので、
何年かぶりで、メンズのスタイル画を描いてました、今週。
ずーっとレディース一筋だったので、
「いやーん、メンズぅ、わからーん。」と、うだうだしてましたが、ふと、
「を、そーだ!」と。
選手名鑑を広げて、
「はい、このコはマツ、このコは健太、あ、今年は右分けか。勇蔵。やっぱサカティは短髪がいいねぇ。」などと、
髪型だけ選手にしていったら、イメージわくわくぅ。
兵藤ヴァージョンなど、多少O脚気味(ゴールに向かってダッシュかます時の脚のカーブ!)。
おかげで、楽しく、するすると、クオリティの高いお仕事ができた。
ターゲットイメージがはっきりすると、ね。
うちの選手は、それぞれキャラがたっているうえに、バラエティ豊か。
そして、「大事に育てられた感」からの品。(あ、また“ばぁさんの溺愛”的。)
イメージモデルとして、逸材が多い。
また、やりたぁーい、メンズのお仕事ぉ。
(ゲンキンだ、昨日までうだうだしてたのに。)
ど?こーゆー名鑑活用法。
子供服やる機会があったら、学と端戸、登場だなぁ(笑)。
(すぐ大人になっちゃうけどねん。)

toricoballine.jpg

うっわー、“主将の怪”、今年も・・・・・馬場ちゃん・・・・・。
(むかし、“アクエリアスの怪”とゆーのがあったな、小野ちん、坊ちゃん・・・・・。)
去年ほど重症ではないのだなっ、なっ、なっ、なっ。
ま、小椋もアーリアもいるし、マツもあがれるし、
無理だけはやめよー。



タグ:はえぬき
コメント(0)  トラックバック(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。