So-net無料ブログ作成

「やっぱ、試合がいいねよぇ。」  キリンカップ vsフィンランド [Japan *]

長いJリーグのオフ、
メール速報用に端戸の『吟じます。』着ボイスはどーだ?などなどな気分の水曜日。
イエメン戦は録画ミス、バーレーン戦は中継なしで、今年初の、フル90分。
(TV観戦でも、元旦以来っす・・・。)
親善試合だろーが、フィンランド2軍だろーが、
やっぱ、“試合”が一番だわぁ。
そーゆー意味で、楽しかったです。
キリンさん、この不況下、冠、続けてくれててありがとうぉ。
(サッカーファンには、大切な企業だ。)

toricoballine.jpg

つくづく、今の代表は、「マリの今と似てるなぁ・・・。」と思うのです。
(正直、DFの安定を考えると、うちのほーが「安心、安心。」だ。)
君臨する点取り屋は不在で、MF感覚のFWの多いところとか、
今日はみごとに、2列めが3点獲ったあたりとか。
今日の玉ちゃんをみてると、ほぼサカティの役割である。
「を、そっか。サカティが2ケタ獲ることだけを中心に考えると、香川とか岡崎の位置なんだよ。」と、思ったものの、
オオシがいなくなった今、あのサカティの役割をできる選手が他にいるかとゆーと、
「んーーーーー。」であり、
ルーキー9番あたりに、そのあたりを期待したいものである。
でもって、ペナ周辺で手数をかけすぎはじめると、
去年あきるほど見た“かごめかごめ”が待っている。
後半など、見ているだけで思い出して、胃のあたりがムカムカっと。
けっきょくゴールに結びついたカタチは、速くて、手数をかけない攻めのカタチです。
ま、前半は、フィンランドもフィンランドだったので、
けっこう簡単に決まってしまった、とゆーのもあるけども、
シュート打つシーンで、二の矢まではあるけども三の矢がいない。
うちとか、今の代表は、“三の矢からの勝負”なので、オーストラリア戦はそのあたりも大切かと。
セットプレーも同じく、です。
あそこで佑二のヘッドがはね返されてたら、反応できた選手がいるかしらん?

(バーレーン戦を観ていないので、なんともいえないのだが、)
復帰早々(復帰戦だからか?)“おひとりさま”は“おひとりさま”炸裂してました。
今の代表には、不可欠な選手なのは納得してますが、
どーにもこーにも、“いつかやっちまいそー”な、予感が満々です。
果たして?最終ラインはそれでいいのか?と、日々思います。
今の段階では、いつも誰かがフォローしているが、
(阿部ちゃんとか、佑二とか。)
W杯レベルになったら、個人能力だけで対応はムリだと思うも。
前線の連携ミスなど、直接的敗因にはならないが、
最終ラインのそれは、どのレベルの試合でも致命傷になるし。
そこは、柱たる佑二にも準備は必要だと思う。
いつも(いつまでも)“自分で”なんとかできるわけではないし。
(代表でも、チームでも。大分、J最少失点の教訓。)
それに、DFラインだけでなく前線まで、試合の流れ全体までを見ようとすれば、
DFラインにだけ気をつかってるわけにはいかなくなるし。
なのに、“ハラハラ、ドキドキ”と組んでいるのも・・・・。
(あまり招集とか起用にぶーぶー言いたくないけども、今日のGKは“なし”で。
いつキレられるかと思うと、こわくてならない。)
早く高木が、ぐーーーんっ!と伸び伸びして脅かしてくれるか、
森重あたりも台頭してきてもらいたいし、
しょーじき、チームサポ根性丸出しで言えば、勇蔵です!
(マツだって、可能性がないわけじゃない。寺田呼ばれてるわけだし。)

日本の代表監督とゆーのはたいへんだ。
“連携”勝負なわけだから。
ピムが岡ちゃんに、
「楽チンだよー。2日前に集まってもカタチはできちゃうから。」と、ふざけたことをぬかしたらしい。
“連携、1日にしてならず。”だからね。
日本は、代表で、クラブがやるよーなサッカーを実現しなくちゃならないわけですから。
毎日選手と一緒にいて、モチベのコントロールまでやって、と、
そーゆーことは、お手の物の岡ちゃんだが、
それだけに、“にわか感”はいなめないだろーと思う。
だからねー、他の国以上に、日本代表はJリーグと結びつきが強くないといけないんだと思うのよ。
近くに日々一緒にやってる選手がいるってことは、そこは連携してるってことだし、
そこがホットラインなんだから。
今日のヤットとハッシーとかさぁ。
Jのチームで、ものすごい連携があれば、
そのまま「はい、採用!」も、やっぱり“あり”だと思う、日本代表です。

そーゆー意味では、憲剛は、「いつもよく考えてるよなぁー。」と思います。
川崎の前線はうちみたいな“ザ・日本”ではないわけで、
あの操縦法を、そっくり代表でやろうとはしない。
他のメンバーを見て、時間帯を見て、今自分しかやれないことを理解して、
得意の“ねらいすまし”を、ちゃんとアレンジしてくる。
ほんとに、頭のいい選手だ。
ヤットの存在はでかいし、長谷部や坊ちゃんが入ってくると、
どーしてもベンチってこともあるけども、
ある意味、(私的には)代表の不可欠ジョーカーだし、
憲剛の起用法は、岡ちゃんの腕のみせどころなんだと思う。

ちょっとぷっくり気味の内田も、今日はよくやった。
岡ちゃんのチームには、不可欠な“魅入られた若手№1”という役割なんだから、
ムラなく、しっかり頼む。勢いはウッチーにかかってるのだ。

toricoballine.jpg

本日の“泣き”ポイント! 090204-1.jpg
燦然と輝いてるよ、佑二。“横浜 F・マリノス”。
これが、W杯ともなれば、所属チーム名が全世界に映し出されるのだよ。
チームが代表選手を輩出する大きな意味。あぁ、誇らしい。
代表の試合があれば、あたり前のよーにチーム名がいっぱいあった頃は、逆にありがたみもうすかったけどねぇ。
「まずチーム。」ではあるけれど、
ほんと、今代表入りは“紙一重”だし、
ちゃんとJを基盤に考えてくれる岡ちゃんなんだから、
がんばりましょー!トリコロール!
やっぱり、サポチームの選手が活躍したほーが、代表戦もおもしろいのだ。

高さ対策のショートコーナーから、けっきょく高さとうまさで決めた佑二であった。
そりゃ、直後、ピムもメモをとるさ。
090204-pim.jpg「中澤、健在・・・・。」・・・・・〆。

岡田マリノスが完全制覇した年、ピムは京都で残留争いを勝てなかった。
韓国から放り出されて、ひょっこりオーストラリア。
(ヒディングの背中を追っているなぁ。)

「~横浜なんで。」発言には「を、さりげなく、でも、さすがだ1億2000万男。」と、うれしかったが、
佑二が言ってくれるまでもなく、横国はチケ完売です。
7万人の代表戦。
(気がついたら完売だったので、私はまたもやTV観戦ですが。)
勝つぞ!2.11@横浜!
(ほんと、もっとトリコの選手がくいこめてたらなぁ。)


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。