So-net無料ブログ作成

カタールの聖地に響いたのは、熊さんの「がんばれっ!」 W杯予選 カタール戦 [Japan *]

【0:07】
とっとと契約先から帰って来て、ご飯もたべずに仮眠して、今起きました。
そしたら、サポリーダーの気合が。
「あれ?あなた、ホンモノですよね?」
(この方、先日の丸亀の時間も、こーしてくれていたのかしらぁ?)
『寝ないで』って、コンディション管理におけるストイックさでは、右に出る人がいないこの方が、『寝ないで』はたいへんだ。
しかも、今日の関東地方の気候は、股関節にやばい(身をもって)。
リーダーこそ、ムリしないでくださいね。
あ、リーダー、K.O.まで、おフロ入ってもいいですか?私。
おフロで気合入れてきますっ!! おぅーーーーーーっす!

***********************

メカタツヤ、復活!
好調の達也は、“アトム”っぽい。
(亜土夢が出てきちゃったので、形容しにくいが。)
走りこむコース、スピード、天性だなぁ。
これは、日本代表にとってはいい要素です。
と、玉ちゃんもらしさをみせる。
うまさと豪快さが、いい時はいい感じで出てくるので。
日本のFWのいいところが出てまず、よかった。
JのFW陣は、なによりコンディションキープがポイントなのねん、この先。

坊ちゃんは、“状態が悪くても、きっちり仕事はする。”という姿勢は、
“柱”として頼もしい。
最後15分、柱があれだけ走ってるんだから、背中みてくれないとなぁ。
今日は、勝負の少なかった篤人とか。
3-0になった時、「さぁ、休め。」と、過保護が出ちゃったが、
代わりたくはなかったのでしょう、今日は。
ACLで疲れてるかと思ったヤットは、逆にそれが余裕に出たのかもしれないです。
ヤットと長谷部のクレバープレーで、ウズベキ戦のでの課題も克服できていた感じです。
交代選手のモチベや心構えも、よくなってきたかも。
(憲剛は、とても観たかったけど。個人的に。)

終始“不用意”は目立った。
後ろでのパスミスも多かったが、とくにクリア。
佑二のクリアがどれぐらい職人技なのか、とてもよくわかった。
(はっきりしたクリアと、繋がなくてはいけない場面の判断と、それに対応する身体能力。)
「この調子だと、1点は返されちゃうかもぉ。」と、思ってましたが、
その前に、相手の心が折れちゃいました。
バーレーンも似てるのだけど、
帰化選手に頼るチームは、
苦境に立たされると、個人打開に出て、他の選手とのコントラストが激しくなる。
苦境にたたされるほどチームになってくる日本とは、逆の流れ。
3点目を決めたこっちの帰化選手(とゆーか、歴代だけど日本に帰化してくれる選手)は、
ちゃんと“和”を重んじてくれているのが、すごいわぁ、と思います。
(今日は、あまり“おひとりさま”ではなかったね。)

と、オイルマネー国の特徴かもしれないが、
チームが不利になると、観客が、帰る。
主にサッカー観にきているのは、富裕層なんでしょーか?
お金持ちは、負け試合は観たくないのだな。
しかし、それじゃあ、国の代表は強くならないのではないかしらぁ?
あぁ、メツ・・・・・・。
そのあたり、セネガルとは違うのだよね。
「うらやますぃーーーーっ!」なスタジアムに一番響いたのは、
熊さんの「がんばれっ!ぐぅわんばれっ!」でした。

よかった、圧倒勝利。アウェイで勝点3。
しっかり準備して、また来年積み重ねましょう。

岡ちゃん、週末は、フクアリに来てね、ぜひ。
こんなに不安空気をあおられた試合で圧勝しても、
肯定はされにくいのが、日本人の代表監督。
とくに、
天皇杯敗退を代表招集のせいにしてしまう方々とか、
“ボールも人も走るサッカー”の未完に、いまだ夢みているロマンチストの方々とか。
アジア予選は、現実主義で戦わないと勝てないよ、まじめに。
それは、ピッチに立ってる選手も帯同した選手も、ちゃんとわかっていると思う。

***********************

代表も、カタールにドーハで初勝利したわけだし、
来季は、うちも大宮に勝ちたいわぁ。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。