So-net無料ブログ作成

TV観戦なのに、過呼吸。 柏戦 [Marinos *]

日立台に行かれた皆様、おつかれさまでした。
(つかれてなんていないですね、きっと。)
そして、とてもうらやましいです。
TV観戦でさえ、K.O.前から心臓がトカトカいってました。
過呼吸持ちなのですが、
不安じゃなくて期待で過呼吸気味になった履歴はないです。
が、TV観戦にもかかわらず、
1年ぶりぐらいに“ビニール袋呼吸”で観ておりました。
(現地に行ってたら、ゴール裏の歓喜に水をさしていたかもしれません・・・・・。)
あのちょっとうらさびしい常磐線も、トリコが弾けていることでしょう。

なんでしょーか?この一体感。
ピッチもベンチもゴール裏も(はい、TV前も)。
前節もそーでしたが、気分だけは優勝争いみたいな感じ。
決して不調ではない柏に、前節の必死のスコアレスを結実。
今、たぶん、相手は関係ないんでしょう。
降格圏を背負いながら、
今、できる限りの同じ理想を思い描けて、そこに向かって動けているからかもしれないです。
今は、やってる選手も楽しいだろーし、
ここまでもってきてくれた元総括本部長にも、今日はちょっと感謝。
選手のチカラと自主性を尊重してくれて。

2ゴール1アシストの健太。
兄復帰で、再燃。
前節の「つ、つめてれば・・・」が、すでに修正されていた。
それで3点。
サカティがFWらしく強引に打って健太!
兵藤と健太のそらおそろしいコンビネーションに裕介。
小椋の負けん気を冷静に流し込んだ健太のポジショニング。
全員、あっぱれ!すばらしい!
カットやクリアにさえ、“次の攻撃の意志”があるから、最高におもしろい。
今のうちの試合、観られるのに観ないのは、とてももったいないと思う。
次のホームの動員を期待しよう。

0-2で、
「今日は、兄、無理しなくていい。試すなら3点目獲ってから。」と思った直後に、
唯一のFWサカティに代えて兄。
(ちょっと太ったか?)
「うわー、ギャンブルぅぅぅぅ。バランス崩れなきゃいいけどなぁ。」と思ってたら、失点。
しかし、なんのなんの、追加点という。
ここしばらくの“おするする”のコンビネーションに、
やっぱり、ちょっと合わない兄だったが、
そこはこれから合わせていかないと、チームの奥行きに関るので。

リーグ戦終盤にきて、この成長曲線。
これはとてもめずらしい。
この勢いで、今季は、元旦狙えるぞ。
(クラブさえ、本気になれば。)

TV観戦ならではの、歓喜のシーンを。
1点目。08-10-25_17-25.jpg
   マツ・・・そんなに勢いよくなぐらんでもぉ♪
2点目。08-10-25_17-26.jpg 
   つ、つぶされる裕介。
3点目。08-10-25_17-28.jpg
   トリコだんごの真ん中は、飄々としている14番。
これみるだけで、『決定率下から2番目』と言われつづけた選手のプレッシャーがどれだけのものだったかと。

よくやったぞ!誇りに思う!
(あ、ちょっとえらそう・・・ごめんなさい。)
TV画面から溢れんばかりの歓喜が、サポもふくめ1枚の絵のよーだったのよぉ。

*************************

柏には、今季2勝勝ち越し。
(数少ない対戦勝ち越し・・・・“最終節”にチャンスがあるけどね、ねっねっねー。ニヤっ。)
今季は、バイオリズム的にうちのいい時にあたったと思う。
村上は、おそろしい。ヘディング職人的。
(ぽっぽに似てるよね、ルックス。)
李は好きな選手なので、怪我と北京バーンアウトからの早期復帰を願います。
選手の雰囲気やサポも含め、
Jの中では特出したカラーを持つ柏。
カラスみたいなかっさらいとか、
うちがお坊ちゃまDNAを持つチームだけに、いつも、こわい。
そのカラーの象徴が日立台というスタジアムなのだと思ってます。
いろいろたいへんだと思いますが、
あのスタジアムがJリーグにあるってことは、とても貴重なことだと思います。
今日はマリサポ、フラッグ本数を自主(?)規制してようにみてましたが、
あのスタジアムでお互いのチームに敬意を持った応援ができるようになるのが、
Jリーグを観る側の成長だと思うので、
運営、がんばってくほしいです。

*************************

実況と解説というのは、ほんとに大切なんだわ@TV観戦。
今日は、八塚&原たんの名コンビで、「ありがとぉ、スカパー!」でした。
原たん、ものすっげー楽しそうでした。
おかげでこちらも楽しかった。
名(迷)言、いっぱい出た。
「フランサ、コンタクトレンズみつけんの、すごい早かった。やっぱり見えてるんだねぇ、いろいろ。」とか、
「今日のマリノスサポは、そーだね、10cmは高くジャンプしてるね。」(ジャンプにはこだわる)とか、
「遠藤っぽく、やる気あんのかないのかわかんないスタイルだけどね、狩野は♪」とか。
八塚さんも、それを流さないからねぇ。


健太や兵藤やサカティ、ハユや小椋をほんとによく知ってて、ベタ褒めで、
「原たん、うちの選手好き?監督やりたいぃ?ね、ね?」と、錯覚しそうになるほど愛情みっちり。
「中澤をどっかのクラブが欲しがってるとか、俊輔が復帰とか、いろいろ話題はあったけど、
目の前のこの試合をものにしたのが、おっきい。
で、サポーターもこの試合がどれぐらい大事かわかってるんだよねぇ。」
って、
マリサポかと思う発言で〆られた放送でした。

現地に行かれたみなさんも、ぜひ録画放送をお楽しみください。

*************************【追記 10/26】

2点目のヒミツは、裕介のコメントの中に。
この頃は、前半終わって下がる時とか話してたり、試合中もコミュニケーションが多くていい。
自主性、自主性。
こーゆーのが、すんげーうれしぃ。
FKの時も、佑二が健太にヒソヒソしてた。
(代表4番の“セットプレー奉行”戦法、佑二がやるとイヤじゃないのはなんでだろーか?)
「直接、行ってしまえ。」って言っているな、と、わかっちゃったけど。
04年CSの馬場ちゃんゴールの時も、マツと佑二が企ててたもんなぁ。
工夫、工夫。
どんどんやってくれ。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。