So-net無料ブログ作成

「1点でいい、1点だけでいいから、ください。」 名古屋戦 [Marinos *]

キトキトと魚のように弾ける前半のトリコの勢いは、後半も変わりませんでした。
局面局面で、両脚がいきなりゴムになったのかと思うぐらい、
当社比2倍っつーぐらいに伸びてボールに吸いつき、奪いとる。
対峙していた相手が、意表をつかれて後ずさっているようにさえ見える。
ことごとく、奪い取り、変らないスピードでゴール前に運んで、シュートになる。
その繰り返し、繰り返し。
観ているこっちもあっけにとられる。
終了の時間が迫るほど、
「1点でいい、1点だけでいいから、ください。」と、サッカーの神様に祈った。
残留のためでも、勝利のためでもなく、彼らの今の“必死”に。
今やれるだけのことを、いっぱいいっぱいでやっているうちの選手たちに、結果をください。
想いは、ゴール裏も7Fもメインもバックも同じ。
期待と祈りが秒速で繋がって、手拍子がこだまする。
そのこだまを生み出すのは、選手のプレー。
これが、横浜のスタンドの真髄。
降格圏を抜け出さんとしている今も、自力優勝をかけたあの試合も、そのスタイルは変らない。

選手の90分のプレーはもちろん、スタンドも含めて、
横浜にとって、“いい試合”だったと思う。
帰り道、ユニを着た子供たちも、ピッチの熱が伝染してキトキトしてました。

*************

スタメンの11人も、交代した選手も、
誰一人として温度の違う選手はいなかった。
健太は、ほんとにおもしろい。
どんどん質が上がってくる。
佑二はウズベキ戦5倍のオーラで、すべてを止め
(ほんとに、この人には頭が上がらない・・・・。)、
テツの集中力が、それ比例して高まる。
小椋は、“うっかり”を減らし、
勇蔵は、自らキャノン砲に挑み、
馬場ちゃんは、もう常時捨て身。
マツは、その展開力を発揮したし、
「今度は、コミか・・・・・。」の裕介も、しっかりコミとは違う役目を勤め、
ロングパスをゴール前に運ぶ起点というサイドのカタチをみせてくれたし、
サカティと兵藤は、観ていて涙が出るほど走りつづけた。
右から左へ、音速で走り抜ける学、
活かされる金君。
そして、ハユ。
この2週間、どれだけ悩んで、どれだけ考えたかが、ピッチで炸裂。
ひとり裏街道だもん。
「そだね、どこまでも勝負しかけるのが“ハユのサイド”だよ。
あとは、パターンにはまらないで、その工夫を続けてくれればうれしいよ。」
誰も、ブレていない。それがすごい。

打ったシュートは、名古屋の3倍、18本。
1本も、ネットを揺らさなかったのは事実だけど、
その1本1本に込められた気持ちを、マリサポはぜったいに軽くは考えていない。しっかりと受け止めてるよ。

さぁ、次へ。 トリコロールの誇りを胸に、あと5節。共に。
08-10-19_17-56.jpg
柏戦で、必ず!
今日の“必死”を結実させよう。

**********************

ピクシー閣下へ。
すくなくても、今日の試合はほぼほぼ満足しているし、誇りに思えました。
“スーパーハードワーク”したトリコは、いかがだったでしょー?
あ、横国ベンチのNISSAN仕様ごーぢゃすシートが一番似合ったのは、閣下でした。うっとりです。」

前の試合の時、断念した名古屋名物“とろみスパ”を、08-10-19_12-21.jpg
今日はしっかり食べてから行った。まだ胃もたれしていて、晩ご飯もいらない感じだけどぉ・・・・・・。

「ゴールは時間の問題だわっ!」と思っていたにもかかわらず、
1点も奪えなかったのは・・・・・さすがに“エイト”と決別した効能でしょーか?
前節、そして今日と、“あの”ピクシー、耐えているとしか思えない・・・・・。
しっかりぃ、名古屋ぁ!
大分の時も思ったのだけど、ジャッジがどうあれ、今はやるべきことがあるだろぉ。
ここまで来ると戦うのは、相手でも、ジャッジでもなく、自分自身よぉ。
それが、王者の資格よぉ。
プレッシャーなんだろーか?ドラゴンズ熱消滅待ちなんだろーか?
弾けていない名古屋。
今日なんて、電車で“ジャングラ抱えてウキウキ”なサポとの遭遇を期待していたのに、
縦揺れして闊歩しているのは、むしろマリサポだった。
ほんと、その位置にいるのにもったいないよぉ。
優勝争いを十二分に楽しむことが、そこの位置にいるチームのサポのオツトメだと思うわ。
(対戦が終わったから言っちゃうけど、)
この際、優勝してもらいたいのは、川崎か名古屋(個人的に)。
だから、次節から覚醒してぇ。

**********************

ホームゲームも、あと、2試合。
夜にかかる試合は今日でおしまいだったので、
我が“父なる”横国の、優美な夜景をどーぞぉ。
08-10-19_18-17.jpg  08-10-19_18-13.jpg
今、ホームゲーム7勝5分3敗。
この懐が深くて美しいホームにかけて、残り2試合は、絶対に勝とうね。
“ホームで強い”新しい伝統のためにも。

「録画してってよかった。」という試合はひさしぶり。
観よっと。
今日みたいな試合の空気って、TVじゃ半減だし、ましてダイジェストじゃ絶対に味わえない。
すばらしぃ~、生観戦♪

**********************
**********************

録画、観ましたが、
スコアレスドローの試合で、結果がわかっててこれだけおもしろい試合もめずらしい。
パススピード速いし、判断も速いから球離れもいいし、共有感もある。
これだけスーパーハードワーク(c:ピクシー)で、局面であきらめないプレーを、
毎試合期待するのも、酷な話っつーぐらい。
表情を観てても、飄々とやるべきことをこなしながら、悲壮感とか追い詰められた感じもなく、
最後合わなくても、出し手のプレーを称え、細かくお互いの修正を繰り返してる。
たくましいよ、うちの選手は。

川勝さんの解説だけども、
“うちがあとどうしたら得点できるか”に関して、要所要所でコメントしてくれていて興味深い。
確かに、遠いところから打ってるシュートは多く、
ペナ内での動きの連動があれば、もっと決定率はあがりそう。
FW陣が“中盤感覚”。(ま、中盤の選手だからね。)
でも、逆に前線3人+ボランチ+サイドが、もうちょっとだけ欲を出して詰めれば。
あれだけの“かごめ”から抜け出せたのだから、
今のペナ前までのスピードを殺さずに、あと3M前。
ま、そのあたりもすでに課題として気にとめているみたいだし、
こんなに先に繋がる勝点1。
止めないで、試行錯誤を続けてください。
とても楽しみだ。



nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 1

raichi

fantaさん、nice!ありがとうございます。
鹿追撃、名古屋市民総力でがんばってください。
by raichi (2008-10-22 10:59) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。