So-net無料ブログ作成

1点獲るって、むずかしいのねん・・・。 “矢野貴章”戦 [Marinos *]

こころざしの高い元総括本部長は、「攻撃をなんとかしないと。」と、サカティ・健太・兵藤を前に並べて、
ハユをはずして、幸宏。コミを右に。
ふと、後ろを観ると、ハマの3世代鉄壁の前に、馬場ちゃんとマムシ君なので、
「あ、守りきるところは守りきるのだな。」という布陣。
(マムシ君には、今日もたすけられたけど、
“うっかりプレー”を減らさないと、スタメン定着はむずかしい。
高リスクなDFの飛び道具。ま、まだ若いしな。)

これで勝てたら、先の行き勢いつきそうだけど、
万が一負けたら、(気持ち的に)数歩の後退だなぁ・・・・と、K.O.。

結果、
パススピードと精度が甘くて、中盤でのミスが多く、
うちのリズムが構築されない上に、
「何人いるんだ?献身・器用FWDF矢野貴章ぉ!」という、スコアレスドロー。
そりゃ、鈴木監督も交代フリーズするよなぁ。

前3人(もしくは、セットプレー)で先制して、守りきる、ということだったんだけどもなぁ。
あら?サイドは?サイド。
そーなのよ、サイドなのだぁ。
右のコミは、あきらかに始終戸惑っていたように思うし、
幸宏は、時折きらめきプレーを見せるものの、
「今日が、俺のチャンス。」と、なりふりかまわず奮起するタイプでもないマイペースなので・・・。
ハユがいても、今日のマイナーチェンジでも、
どうも、サイドが“補助”にしかなっていない今日この頃。
課題であった“かごめ”は、前線の運動量と、DF陣からしかける意識で、
縦は改善しているのだけどなぁ。

今日みたいに、(名目)3トップにするのなら、
サイドに1人、攻撃を作れる気の効いたタイプをおくと、おもしろいのだとおもうけど。
(ひいきめにみてもちょっと壁にぶちあたっている)ハユをはずすのであれば、
健太がサイドはやれないものかなぁ。
前に突破していくタイプは、ものすごいいるし、
“負けられない状況”から抜け出して、
兄が戻ってきたら、兄を3トップの一角において、
健太がサイドというのも、見てみたい。
(今日は、ここ3試合よりは、視野も狭かったわねぇ。)

しかし、1点獲るのが、こんなにむずかしい・・・・。
TBSチャンネルだったので、
他会場の速報が出るのだけれど、
同じ競技をしているとは思えないほど、ポンポンと点の入る川崎・清水。
もう、孫とか息子を観るように、
「坂田は、今、コンディションは最高にいい!」といってくれていた金田さんに1点、観せたかったわぁ。
いや、もう、ここずーっとコンディションはいいし、
“かごめ病”から抜けられたのは、サカティいてこそだし、
自分で行く意識も強いのです。
今日は、(名目)3トップ中、本職はサカティだけだったから、
ものすごい意識はあったんだと思うんだけど。

まぁ、新たなスタメンを試してみて、負けなかったので、
課題は見えた感じですが、
ますます“気になる他会場”になってしまいました。

“特別なことはしかけない”けど、骨太な新潟。
平均動員3万は、すごい。
ホームの人口が圧倒的に多いからといって、
弱ければ2万超えなくなる横浜。
土地柄です。
横国の動員をキープするのは、チームの成績と華やかさが必要とされる運命のチーム。
クラブは、やりがいあると思いますわ。
「ホームでは圧倒的に強い新潟ですが、横浜もホームでは強い。」と、土井アナ。
“ホームで強い横浜”。去年からしてみれば、夢のようなフレーズ。

この頃は、週末(試合)が、楽しみに思えるようになってきた。
それだけでも、個人的には上向き。
今節後、代表戦で中断・・・・だけどね。

柏、ルーキー村上(何者ぉぉぉぉ!)デヴュー戦で爆発、ハットトリック。
あぁ、これで、柏には勝点越されるの巻・・・・・・。

残留争いをしているJ1をしりめに、早々に昇格を決めた広島。
降格しても、地域やサポがしっかり支えてくれて、
1年で戻ってこれるチームと、
万が一降格したら、
いろいろな意味であまりにもダメージがでかいチームっていうのは、あります。
うちは、あきらかに後者なので、
油断しないで、中断期間を過ごしてもらいたい。


*******************

前半のみ、優勝&昇格の決まった広島(vs湘南)をみていました。
消化試合にすることなく、ベストメンバーで挑んでいるのは、
すでに天皇杯を視野にいれて、勢いを保ちたいのだと思う。
するするするするパスが廻る。
去年より、スムーズになっています。
「ふんふん、すごいなぁ。」と。
J1で楽しませてくれるかどうかは、フィジカル的な部分にかかってくるような気がします。 
“軽い”のねーーーー。
軽快さにおいて、ユースとか高校の試合とか観ている感じです。
若いメンバーで、コンビネーションをあげて、勢いつけてここまで来たのだと。
(なんだか、今流行りの“いけめん総揃えドラマ”のよーで、「こりゃ、まちがいなく人気うなぎのぼり。」。
ティーンの女の子ターゲットの広報であれば、まさに“買い時”。)
J1も、ほぼ同じメンバーでくるのだと思う。
今のメンバーで、ある程度の“重さ”をつけていくか、 
へヴィ級を補強して共存できていくのか、
そのあたりが課題でしょーか。
しかし、あのコンビネーションは、強いよ。
対戦チームは、振り回されずに、“大人のDF”しないとね。


*******************

あ、ハユ。
腐るなよ。粘れぇぇ。
まちがっても、これぐらいで“変な気”は起こすなよ。
“出場機会をもとてめ”自ら出ていった選手は、ものすごいたくさん見てるでしょ。
絶対に、逃げないで、自ら競争へ。
その方が、ハユ本人のため。
ポジション取り返すポテンシャルは充分なんだから。
『寝耳に水』だった感じだなぁ。
(また、コメント数爆発のいやな予感。みなさん、“お友だち”ではないので、要・節度で。)
“練習”ももちろんなんだけど、なんつーのかなぁ、
ここ最近は、ポジションを自分のパターンにひきつけてしまって可能性を消している気はしていた。
今、サッカーという競技において、めちゃくちゃ変遷期にさしかかってるポジションだからさぁ、
同じポジションやってる選手でも十人十色なんですよぉ、サイド。
チームがサイドをどう考えるかにもよると思うんだけど、
1パターンにならないように、バリエーションをいっぱい観てみるのがいいと思うんだが。
(コミもね。)
うちの来季は、サイドとボランチの工夫にかかってるよーな気がするわ、私。

*******************

それとですね、試合以外への老婆心で恐縮なんですが、
元総括本部長は、試合前日、
スポーツ紙相手にべらべらべらべらお口を開きすぎです・・・・。
そりゃ、この時期なので、
弱弱しい発言をされるより、前を見た発言は監督として当然と思うのですが、
それは、チーム内のミーティングで充分やっていただきたい。
今回の7番ベンチ外のことにしても
外から内へという情報の流れ方は、 
間に(なにかと騒ぎ立てたい)人がはいる分、
岡田監督でもたまに失敗する高等なテクニックですし、
悪魔のように頭がキレる人じゃないと、リスクが高いっす。
サポもね、今、来季に向けて“真価”を探っている状態だし。 
世の中には、チームに思い入れがなくても、
ダイジェストとメディアだけみて語れる方々は多い。
そこから、チームに不利益なムードも起こったりするのですよ・・・・。

どちらかとゆーと、試合の内容で話題になりたいですし、驚かせていただきたい。 
今の時点で、監督という職の方に、言葉でのサプライズエンタメは、誰も期待していないし。
メディアで読むのならば、
各選手のストレートなやる気とかのほうが、読みたい今日この頃です。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。