So-net無料ブログ作成

聖地にトリパラは咲かなかったが。 神奈川ダービー [Marinos *]

ロスタイム4分のあと、
ホイッスルとともに、ばたばたっと倒れたのは、白いユニだった。
08-09-23_15-53.jpg
最後まで倒れこんでいたのは、帝王・14番。
対戦チームながら、「なんか、やりきれない気持ちだろーなぁ。」と。
対戦の度に、「う、やられた・・・・。」というシーンを数回作られる選手である。
この選手の最大の武器である“視線”に、決定的に崩されたシーンはなかった。

よくやった、ほんとうによくやったと思う。
テツのゴールを守った執念も、
交代まで走りつづけたサカティも、
ジュビロ戦ほど、自由にさせてもらえなかった健太も、
どこにでも神出鬼没にあらわれた兵藤も。
(サカティ・健太・兵藤・ハユは、コンビネーションをあげていけたら、
おもしろくなりそうです。)
みんな、ライン際でも1対1でも、粘りに粘った。
“勝てた試合”とは、簡単にいえないです。
佑二のOGも、小椋の退場も、
“必死さ”にみちびかれてしまったもの。
川崎のシュート22本は、ゴールをわることはなかった。
わらせなかった。
そのために、今、やれるだけのことはやった。
だから、試合後に力つきて天を仰ぐのは、
トリコのユニだと思っていた。
すくっと立って、あいさつに向かってくる選手に、
とてつもないたくましさを感じた。
08-09-23_15-57.jpg
“守りきれるチカラ”は、やはり強い。
勝点差ひしめくこの順位で、得失点±0の意味は大きい!

積み重ねた勝点は1。
しかし、
今、持ているものを出し切っただけ、得たものは大きいと思うし、
思えば神奈川ダービー・アウェイ戦、あのどん底の状態から、ここまで来た(涙)。
「この選手たちだから、きっと大丈夫。」と思えた。
01年のこの時期は、もぉ、生きた心地がしなかったけど、
今年は、違う。


3年ぶりの国立ホーム。
聖地にトリパラを咲かせることはできなかったけど、
その分は、週末の横国で。かならず。

08-09-23_13-59.jpg 08-09-23_14-01.jpg

【気になる他会場】 

・たった今、市原、名古屋に大金星!すごいわ・・・・・・。
 市原らしくて、あんぐり。
 勝点差、縮まる・・・・・・・。
 市原に越されないで、着地したい。
 ピクシー・・・・・言葉とはうらはらに、目のクマがすごいことになってるよ。
・東京、ジュビロに相手に容赦ない大爆発。
 (だめだ、ジュビロサポぉぉ、まだ泣いたら。)
 追浜王子、大活躍。ほれぼれぇぇぇ。
 うちのサイドとは違うタイプだけど、今日の王子の活躍っぷりは、ハユにも観てもらいたい。
 (バリエーション増やすヒントにはなると思う。)
・広島、昇格決定!
 おめでとぉ。
 ま、もともと、「なぜ、落ちる・・・・・」だったから。
 しかし、よくここまで勢いおとさずに戦い続けられたわ。若さのなせるわざ、か?


高円宮杯準々決勝・・・・名古屋に敗れる・・・・・・。うーーーー、タイトルぅぅぅ。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。