So-net無料ブログ作成

スカウティングのつもりだったのにぃ。 多摩川クラシコ [J LEAGUE *]


やはり、ある意味“ものすっごいこと”になった、多摩川クラシコだった。

赤嶺先制。→赤嶺負傷、早々に平山登場。→まさかの今野退場。
ここまでの時点で、
「あららららららら、こりゃ川崎ゲームになるだろうなぁ。」でしたが、
クラシコで一番舞い上がっていたのが松〇主審。
今野退場は、逆に東京にチカラを与えた感じでしたな。
守りきったもんなぁぁぁぁ。

序盤から、川崎・憲剛、東京・今野の求心力対決みたいな雰囲気でしたが、
めずらしいジャンピングヘッドまでかました憲剛より、
退場しちゃった今野が、ゲームを司った感じで終了でした。
まぁ、佐原のがんばりは、ちょっと特別なものだったけども。
この試合で、佐原にキャプテンマーク(ものすごいドラマティックな写真だわ。)を渡した
城福さんのメンタルコントロール力もすごいかも。
打ち合いになろうが、ダーティーになろーが、粘り勝負になろーが、
“クラシコ”を名乗るだけに、いつも話題騒然な試合。
おみごと。

*****************

多摩川クラシコほどの伝説もないが、
中2日で神奈川ダービー@(なぜか)国立、なので、
視聴目的は「最近、どーなのよ?川崎。」だったのだけど、
「なんか、いつもの川崎とちがうわぁ・・・・・。」と、序盤から思っていて、
「あ、わかったぁ。ワイドじゃないのよぉぉぉ、ちまちましてるのよぉぉぉ。」と思ってたら、
解説の原たん(なぜかテンション低っ)も、
「真ん中に集まりすぎ。」と、前半終了。
まぁ、うちほどではないですが、
前半の真ん中集中っぷりで、スペースゼロ、たまに“かごめ状態”な川崎など、はじめて観た。
それでも、さすが“帝王14番”は、速攻で修正しようしようとしていたけども。
(退場前の今野も、なんとかリズムを変えようという意識満載でした。この2人・・・・・おそるべし。)
後半は、
多少川崎らしく、ワイドにワイドになってきて、チャンスも作れていたけども、
最後までチグハグな様子はあって、
キング・ジュニーニョやテセの、
「いったい、なんなんだ?この感じぃぃぃぃぃぃっ!」っていう、イライラはすごかった。

川崎は、変革中らしい。
たしかに、憲剛・我那覇後の憲剛・ジュニーニョ政権は、とてつもなく長く、
途中、超タフネスボランチFW谷口のオプションマイナーアレンジや、テセの登場など、
あったけれども、
今シーズン頭に、フッキに振り回されて頓挫した“改革的なこと”を、またはじめているのでしょう。
ヴィトール・ジュニオールとレナチーニョ・・・・・・・。
薬になるか、爆弾になるか、重石になるか・・・・・・・・・。
同じメンバーでチームが熟成していく期間というのは、サポも安心感と充足感に満ちている。
しかし、同じ戦い方で結果で出なくなり、カンフル剤を打った時のチグハグほど、心臓に悪いものはない。
ましてや、川崎の黄金のコンビネーションに、今のところ大きな陰りらしいものはなかっただけに、
「チームの将来のため。」と、言い聞かせても、
これまで共に歩いてきた選手が、イキイキとやれてないのは、
ほんとに、我慢しがたいものなのだ・・・・・。

うーん、つい最近、うちにもあった事なので、他人事ながら、心臓がキリキリする。
まぁ、うちは“我慢しきれず”「もう一度、原点に!」的大鉈となったのだけど、
サポなんて勝手なもので、
「うーーーーー、ここが限界なのか?やっぱりぃぃ。」と、ちらほら思う今日この頃。
降格圏脱出できたところから、また考えればいいことだけど。

サポではないが、好きで観てきたチームだけに、
「もぉぉぉぉ、ジュニーニョの邪魔しないでくれるっ!」と、
「いや、しかし、ここを乗り越えないとレベルアップがぁぁ」と、
そんな気持ちで観ていた、ちょっとせつないクラシコだった。

*****************

中2日で対戦、のサポに戻ると、
ものすごい読みにくい・・・・・・・・・。
前半みたいにきたら、7と13にかかってくると思うんだけど。
まぁ、確実なのは、
川崎は逆境に強いチームなので、
クラシコで負けたからといって、へこんでたりはしないと思います。

*****************

(チョウ余談)
1:いくら佐原の人気急上昇だからといって、そのヘアスタイルはどーだ?モニ・・・・・。
 おまえにはおまえの道があるだろー?
2:追浜王子、観たかった・・・・。
3:どーして?いまだに、いつまで、みんな「平山ぁ!」なんだろーか?


nice!(0)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 3

ぱるる

ただいまお掃除中。の、おさぼり中です( ̄m ̄)

なんつーか、跳ねてる目で観ても前線の停滞感を感じましたわ。
監督の指示もあるみたいだけど(「このメンバーではパワープレーはやらない」らしい…)
残り試合数を考えると、泥臭くてもいいから勝ち点3が欲しいなぁ。

昨日の試合までは心の片隅でマリノスも応援してたけど
こちらも後が無いので23日は全力で勝利を奪い取りに行きます。

ジュニはゴール以外の貢献度も高いけど、最近打っても打っても決まらないので
本人もフラストレーション溜まってるんじゃないかな。1つ決めて楽になって欲しいです。
ヴィトは速くて運動量も豊富で若くて性格も○。来季もぜひうちでお願いしたい選手。
レナチーニョはこれからでしょう。で我那覇さん。割って入れ。がんがん頑張れ。
by ぱるる (2008-09-21 15:32) 

ぱるる

そういえば昨日の等々力にワルノス君?が来てたみたいだよ。
マリノススタッフさんも場内でチケットブースを出してました。

そして今日はフロンタウン(フットサル場)にワルノス君と
ワルノスクイーン?が登場、と写真付きでモバフロ(川崎の携帯サイト)に。
トップの偵察に来たんだって。麻生じゃないんかい(笑)
by ぱるる (2008-09-21 15:51) 

raichi

あ、ぱるぅぅ。おひさしぶりです。
来ましたね、半期に一度の対戦の時が。

>昨日の試合までは心の片隅でマリノスも応援してたけど
>こちらも後が無いので23日は全力で勝利を奪い取りに行きます。

はい、あくまでも“ムネをかりるつもり”の今季です・・・。
思えばぁぁ、01年も、いろいろ励ましていただきました。
どんなに心強かったことか。
まだ油断はできませんが、
01年より、こころもちまだ試合を楽しめる気持ちがあります。
ホーム勝率にかけている私としては、勝ちたいのはやまやまですが、
『勝つ!』とか言えない。
どっちかってゆーと、『負けるわけにはいかない』試合です。
あと、1勝したらずいぶんと楽になる、っつーところで対戦だもんなぁ。
で、そのあと大分・・・・。
気を抜かないでがんばる所存ですので、
おてやわらかにお願いします。

新メンバーや新しい戦い方を試すっつーのは、
期待と不安が綴れ織。
でも、川崎は『まずチーム』っていうのが浸透さえすれば、
まわりはじめるよーな印象がありますわ。
これからも、楽しみに観ています。

ワルノス、盛んに営業中だね。
麻生ぢゃないところが、さすが非公認マスコット的。
ま、私は、生で観た事ないけど。




by raichi (2008-09-21 22:07) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。