So-net無料ブログ作成

このくやしさといったら・・・・。  北京五輪 アメリカ戦 [Japan *]

契約先がバタバタとしていて、
朝から、突発・瞬殺・横槍依頼の嵐。
まったくもって予定どうりに仕事は進まず、
あげく夕方になって、またもやへヴィ級の横槍。
「今日、せめて後半からだけでも観たいんです。」
「何を?」
「五輪初戦ですよ。」
「あぁ、だいじょうぶ、だいじょーぶ。どーせ勝てやしないから。」

ふだんは、仕事の上で尊敬すべき方ですが、
こーゆーサッカーの大会時になると、
そーゆー方にさえ、“サッカーへの熱”の違いで、はらほろと音がする。
サッカーをワイドショーベースでしか観ない人たちの中においては、“サッカー通”。
しかし、話は、カズとかゴンとか若くて久保とか、
「・・・・・何年、試合をご覧になってないのかしら?」で、
なのに、Jリーグの順位とかは把握していて、
「だいじょうぶなのか?マリノスは?」とか、ゆー。
そしてだいたい、『日本は勝てないから。』と、
物知り顔をして言うのだ・・・・・・。
代表の大会になると、
そーゆー方々に出会いませんか?みなさん。

なので、今日のアメリカ戦だって、
結果しか見ないわけだから、
「ほーーーら、な。」と、物知り顔をあげてしまうのだ・・・・・・ちっ。

そーゆー意味でも悔しい・・・・・・。
「もう間に合わない」とわかりながら、社会人仮面をかぶって、やるところまでやってきて、
帰る時、
「勝ちますよ、だって、明け方夢に内田と李があいさつに来たぐらいなんで。」
(いや、まじで。これで谷口も出てきてくれれば、お気に入り揃いぶみだったのだ。)
と、根拠のない勝つ気をみせて帰ってきたのに・・・・。

けっきょく、ちょうど2時間遅れで、録画を観ました。

***************

山本さんが、アメリカのことを、
「内容的には観るべきところはなにもない。」と、毒吐いていましたが、
そ、そこに勝てなかった・・・・・・。
“これもサッカー”ということは、わかるし、
グループリーグの残り試合を考えても、
“どんな手を使ってもこの試合は勝つ”という徹底度が、アメリカの方が上手だった。

前半、この世代らしく、
“我が道”を展開できていたのに、攻め疲れで後半早々失点。
そこからなかなか建て直せず、
終わってみれば、“術中”・・・・・・・・・・。

くやしい、くやしい、ほんとーに悔しい。
いつぞやの鹿戦とおなじぐらいの悔しさだが、
カウンターしかけてくるだけ、アメリカより鹿の方が上。

あれは、アメリカキーパーのカラーなんだろーか?あの、憎たらしさ。
シドニーでのPKで、せせら笑ったハリウッドの悪役みたいなあいつを思い出した・・・・・・・。

「精神的支柱となるオーバーエイジがいなかったから。」と、言われたくないだろ?
だったら、あと2試合、がんばれ。
しっかり建て直せ。
勝機は、なくない。


***************

天津の観客が、こころなしか日本寄りというか、
ジャッジにたいしても公平に、試合の内容をスポーツとして観ているという反応がわかった。
すばらしいことだ。
しかし・・・・・ピッチである・・・・・・。
前のアジアカップの時、中国のお取引先に、
「オリンピックまで、ピッチをなんとかしてくれ。」と言ったら、
「あ、だいじょぶです。だんだんキレイになってます。」
“うわっつらだけだろーーーーーー!”っつーの。
(いや、見た目にもでこぼこだったけどね。)
サッカー場の芝は、選手を怪我させないためとめくるめくファンタジーの舞台としてあるという、
本質を理解できてないのだわね・・・。
「グリーンでユニが映えてきれい」ってことでは、ないのよ。
国民性なのねん、きっと。
それを考えると、
02年にW杯のために建てられたスタジアムのピッチ整備の今の現状などを観ると、
すでに目には“あたりまえ”のことになっているが、
「すごいことだ。」と思う。







nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。