So-net無料ブログ作成

孫悟空試合だったなぁ。  鹿戦 [Marinos *]

向こう岸の鹿国は、“アントラーズイズムと書いて勝利主義”なお国柄なので、
試合終了後のこっち岸は、さぞ不気味に映った事だろう。
9試合勝星なし、6連敗で16位のチームに、
ブーイングも起きず、拍手とコール。
これが、横浜なんです。
(と、ゆーか、こーゆー状況というか・・・・・・。
鹿国よりも、もうひとつの朱赤のチームだったら、容赦なく遠慮のない長居されたろーなぁ。)

それは、誰もが、選手の必死の“もがき”を感じていたからです。
0-2というスコアで、1点獲っても勝てないことは、わかっていたのだけど、
「せめて、1点。その1点が観たい!獲らせたい!」その気持ちだけの、ロスタイム“こだます手拍子”。
今日も、私は、『マリサポでよかった。』と、思いました。

*******************

トップ3枚。
「観たいのは、“奇策”ではないんだが・・・・・・。」と思いながらも、
「とにかく、攻めろ!」とゆーことなんだなと。
古巣に容赦ない“誠意”をみせるマルキの1点が入るまでは、
奇策も功をなしていた気がします。
欲しいのは“勢い”だったから。

しかし、同じように前に突っ込むタイプを3人そろえても、やっぱりなぁ・・・・・。
中盤からFWのメンツにあわせた有効なパスは出てこないし、
“覚悟を決めたよーな”最終ラインからのロングフィードにも、けっきょくサカティがポスト担当。
戦略とメンバーが・・・・・ちぐはぐだよなぁ。
同じ3枚なら、宏太+オオシ+サカティで、兄は1枚後ろのほーが・・・・・。

もう、“遅攻”と“かごめ”は、完全に癖とゆーか・・・・・・・・。
ほんと・・・・癖なんだわ、あれ。
あれがチームカラーに定着するのは、勘弁してもらいたいわぁ。
一回、今日の試合を鹿島目線で観ると、怖くないのがわかるんじゃないかしらね?
気になるのは、パスを回す以外の筋肉が、やっぱり衰えてる気がするんだわ。
カウンター筋肉とか、サイド攻撃筋肉(ハユは前半キレはよかったけどね)とか。
忘れちゃったかなぁ・・・・という感じだ。
カウンターにいたっては、“守り方”も忘れてるよーな・・・・・。

シュートが入らないのは、もう、自信喪失が輪をかけているからで、
焦ったり、慎重になりすぎたりで・・・・・。
だから、どんなカタチででも、1点獲らせたかったのだ・・・・・。

よくなったのは、
“ちゃんと縦に走ったこと”。
“狭いばっかじゃなかったこと”。
動きあっての有効なポゼッションだもん。
もう、本能だけで、個々やけくそ気味に突っ込んでいて、
全然連携ないし、効率は悪いし、「混乱するだけじゃーん!」なんだけど、
走らないより全然いい。
頭と脚が噛みあって、個々の感覚が共有できるようになれば、いい。
だから、走ることはやめないでね。

前もそーだが、“横浜の鉄壁”に余裕というものがない。
川崎戦もそーだったけど、
鹿のフェイクランニングにいいように気をとられて、
(今、うちにそれがないから、なおさらなんだろうけど。)
視野が狭くなってるもんだから、もぉ、大慌て。
佑二もマツも、ギリギリのところでやってるんだろーなぁ。
次節は、荒療治交代されたテツを戻してもらいたい。
(秋元が悪いっていうわけではないけどね。テツなんだわ、やっぱり。)

とにかく、今は、もがくだけもがいて、苦しんで、それでも試合続けていくしか、ないよなぁ。
もぉ、つき合いますよ、どこまでも。
こっちも覚悟決めてるんだから。

*******************

鹿は、悔しいが、今、アブラがのりまくってるし、運も呼び寄せてる。
よくあの新陳代謝必須状態からここまで戻ったよなぁ。

うちの必死さに比べて、あの余裕。
「君たちがやりたいのは、これでしょ?」ぐらいに、ポーン、ポーンって決められた。
なんだか、孫悟空な気持ちだった。
そして、鹿名物、“時間使い”を、今日は丸々45分もやられた。
天敵・オガサとか、もぉ、オフだったよ・・・・後半。
悔しいが・・・・・・・なんだか、『あっぱれ!畏れ入りました。』
リハビリ中のうちには、きっつい相手だったわ。

08シーズンは、もぉ、完敗。
でも、“栄枯盛衰”だから!
近いシーズンに、絶対に獲り返す!

*******************

今は、ただ必死なだけがミセドコロの今のチームに、
34752人の動員。
08-07-20_19-37.jpg
花火ではなく、マリノスを選んでくれた夏休みの親子やカップルに、
Jリーグ№1に美しい、トリパラを観てもらいたかった。
でも、あのどろどろに必死な姿も、チビッコには観ておいてもらいたい。
「人生、いい時ばっかじゃないけど、あきらめないことはとても大事。
ぜんぜんかっこわるいことじゃない。」と、
親御さんは教えてあげてください。

花火客を回避して、
はじめて京浜東北線・品川廻りで帰ってきた。
おかげでクールダウンできた。





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。