So-net無料ブログ作成

正式名称“高圧酸素カプセル” [Marinos *]

製品名はたぶん、オアシスO2
マリサポには、いわずとしれた“ベッカムボックス”“ベッカムカプセル”。
02年のW杯直前、怪我をして出場が危ぶまれた時、無事日本に姿をあらわしたベッカムはん。
その奇跡的回復の陰に、このカプセルが。
翌年だったかなぁ、東戸塚にベッカムボックス導入。
以後、とてもとてもお世話になっている、はず。
その年、怪我がちだった坊ちゃんとか、
ACLのハードスケジュールで、けが人続出の頃、
「やばいよぉ、ぜったい間に合わないよぉ。」の状態の奥が、早々にベンチ入りしたり、
たぶん、ものすごく活躍してきた“ベッカムボックス様”が、
佑二のブログによると、使用禁止。

どうやらこーゆーことらしいです。
“酸素摂取や酸素運搬、酸素供給を人為的に促進すること”という基準だけでは、
じゃ、コンビニとかで売ってる酸素ボンベなんかもドーピングになりかねないんじゃ?

東戸塚にベッカムボックスが入った頃、
私自身、めちゃくちゃ慢性疲労状態で、
「ベッカムボックスに入りたいです。」が口癖だったが、
「果たして、そんなに一気に酸素を取り入れて、副作用はないのだろーか?ものすごく年をとるのが早くなっちゃうとか・・・。」と、
ふと思ったりしたこともあったけど、
その後、けっこう普通に使われてきた。
普通に使われてきたということは、
選手やフィジコにしたら、ベッカムボックスあっての日程消化だし、コンディション管理だったはず。

こんなにいきなりでは、むしろ選手の身体に悪影響はないのか?

ドーピング禁止は、大切なことだとは思う。
それは、なによりプレーヤーの身体を守る事が目的なわけだし。
しかし、試合後のぬきうち検査もそうだけど、けっこうなストレスになってる気もします。
この間の、我那覇の問題にしてもそうですが、
具体的な線引きをはっきりしないと、たいへんなのは選手ですわ。
まとまらないんだったら、
各競技の協会が、暫定的にも取り決めたほうがいいと思う。


“別の回復方法を探さないとね!”>佑二。
それでは、マリノスタウン一帯を超緑化。
マリノスケを隊長に、いざ、みんなで植林。
みなとみらいの交通量に打ち勝つ植物で、マリノスタウンを覆ってみよう。
木場の熱帯植物園のドームに入ると「うぉ、酸素濃いぃぃ。」と思う。
なので、マリノスタウンを緑化したうえに、
一部にマリノス熱帯植物園を!ナチュラルベッカムドーム!
てのは、どーですか?

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。