So-net無料ブログ作成

ちょっと意気込みすぎたよなぁ・・・・。  W杯予選・バーレーン戦 [Japan *]

内容も抜群で、4点ぐらいとっちゃって、爆勝!ぐらいな感じで。
(マスコミにも、評論家にも、なにもいわせないぞぉぉ、ぐらいな。)
なんか、後半とか“ひとり相撲”な感じで。
その自らの“意気込みおばけ”と戦っているよーでした。
よかったよ、勝ててぇ。
篤人、ナイスヘディングパスゴール! 巻、ナイスつっこみ!
これで引き分けてたら、引きずったよ・・・・・。
(だから、喜んでいいんだぞ、篤人!代表初ゴール。)

意気込むのもわかるよ。
こんな私ごときでも、アウェイ・バーレーン戦は、 「傷になったなぁ。」ぐらい、思っちゃってたわけだし。
「そのシバリから、抜けろぉ!岡ちゃぁん。」ぐらい、思っちゃってたわけで。
岡ちゃんや選手にしてみたら、その意気込みの勢いといったら。想像するだけでクラクラする。
結果が結果なので、“策おぼれ”にも見えなくないけど、
セットプレーのバリエーションにしても、カウンター対策にしても、最後の4番上げにしても、
「今、やるだけは、やる!」というのは、伝わってきました。

なんとも、“ミラクル”な1位通過だったけども、
あれは、その必死さが呼び込んだもんだし、『運も実力のうち』だわよ。
(マチャラだって、そこまでは読めなかったよねん。)

と、まるで03年のうちの優勝時(岡ちゃん初年度)と、同じよーなことを言っている自分である。
あの年は、ミラクルの連続だったし、
外からも『たなぼた』などと、やたら言われたが、
けっきょく、「運を呼んだのは、うちの選手だ。」と、思ってました。
と、考えると、
岡ちゃんの本領発揮は、ここからっす。
日々、必死に目の前のことをやってれば、結果はついてくるのだ。

で、その“日々”は、各チームにて続く。
坊ちゃんはスコットランドに、松井は新天地に、
ヤットはガンバに、憲剛はフロンタに、それぞれがそれぞれにチームに帰っていく。
そして、うちには、佑二と兄が帰ってくる。

Jリーグは、代表のためにあるわけではないけども、
各選手にとっての“日々”である。
それが、日本のサッカーの先に続いているわけです。

さぁ、リーグ再開まで、秒読みです。


**************************

★私的“夢の競演スタメン”=W中村+ヤットは、もっとやれるはずなんだが・・・・。
  役割がかぶるというか・・・・。視野の広い人は、3人いらないのか?

★スーパースロー映像にて、坊ちゃんの右足首を凝視してしまった。
  心配とかではなくて、「を、くねってる。くねってる。」
  心配はしていないが、ここぞのところでめずらしいミスがあったのは、
  やはり完全にはもどってないのかしら、ね。
  あの右足首のくねりぐあいが「あぁ、痛そうだけど、たまらない」人は、
  『フットボールの新世紀』を、ぜひ。
  足首全体、軟骨なんじゃん?

★寿人は、J2でも“鈍って”はいないよーだ。よかったな、広島に残って。
  玉ちゃんと・・・かぶっちゃうけどねぇ。
  “速いコンビ”って、コンビネーションさえよければ、
  ものすごく日本のいいところ、ひきだせそーな気がするが。
  巻は、ある意味“もっている”。
  それにつけても、玉ちゃんと坊ちゃんは、やっぱり相性がいいと思う。

★兄のあんな身体投げ出しヘディングなど・・・観た事あったろーか?
  そーだ、そーだ。チームでもそれぐらいでいってくれ。
  巻が入った時点で、「よし、巻が落としてくれたところをズドーンだ!」と、念じたのだがな。

韓国代表に、安貞桓がぁぁぁぁあ!
  いやー、あまりに久しぶりにみたんで、ハナヂでそーでした。
  あいかわらず、お美しい。そか、まだ32なのねん。

★放送時間かぶってた城南一和戦は、明日観ます。
  だって、これからユーロ・・・・・。
  欧州勢力大変動大会。
  ウルトラネオカウンター・オランダ負けちゃったなぁ。
  ファンバステン、ヒディングの前でフリーズ。
  ロシア、さすが経済的にも上り調子の国。わっかいし。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。