So-net無料ブログ作成

暑い国には、暑い国のサッカー。 W杯予選・オマーン戦 [Japan *]

暑いのが苦手です。
28度で呼吸困難になり、30度越えたらなるべく動かずに命を存えることだけ考えます。
そうです、私は、暑さにたいしておそろしくへなちょこ。
(夏場の観戦でさえ、命がけです・・・・。それでも行きますが。)
気温38度+湿度50%なんて、100万円いただいても行きません。
なんで、今日の試合をとやかく言うことはできない人です。

アジアベースの大会を観ていると、
サッカーっていう競技は、「ほんとに世界中のどんな環境でもプレーされているのねん・・・。」と思います。
そして、暑い国には暑い国なりのサッカーがあるのですな。
全員カウンターのためにだけ、ピッチにいて、チームごとでカウンター職人。
そして、カウンターによってまたカウンターに勢いがつくのです。

日本のサッカーは、カウンターとは反対側に努力しています。
今日のようなアジアの戦いを観ると、まったくもって“向かい風”。
ベクトルが反対。
しかし、戦いは“カウンターサッカー命”の場所で何度も何度も行われます。
そして、苦戦します。

日本の不幸は、“カウンター最強地域”を勝ち抜かないと、
世界には行けないっていうことで、
それは、サッカーの予選区分けとかが変らない限り、避けては通れない道。

今日も90分いろいろあったが、
攻めても守ってもカウンターに不慣が目立った・・・・・。
なめんなよ、カウンター@高温多湿』です。

3次予選が一番苦しい。何度経験しても“イバラの道”
そんなことは、わかってますわよ。
ここで一気に決めてしまって(ましてや)楽になろうなんて、ムシがよすぎるってもんですわ。
あと、2戦、イバラの道は続く、の巻。

『走らない』とか『決定力が』とか、
涼しいところで涼しい顔で、へらぁ~と言えないと思いますが、どーなんでしょーね、世間様は。




**********************

●ヤットは、偉い!楢崎も!仕掛けた玉ちゃんも偉い!
  あんな状況でも右脳が働く坊ちゃんも偉い!

●“三つ子の魂百まで”よしとはよしと・・・・・・・。(あぁ、闘将も。)
  治んないんだよなぁ・・・・あーゆーのは・・・・。
  高原、出番!

●たしかに、岡ちゃんフリーズ。
  こりゃまた叩かれるんでしょうな。
  しかし、「この試合でレッド・・・・」に呆然としてしまい、
  私もすっかり忘れてました・・・・・・・交代なんて。
  まぁ、岡ちゃんなんで、忘れていたことはないと思う。
  プラン崩れたよなぁ。まさか! だもん。
  遠征中のアドバイザー就任会見(!)で、“現実メガネ”が曇ったか?
  堪えてくれぇ、アジア予選中は。
  誰が何を言っても、今、アジアを勝ちきれる監督は、岡ちゃんだけだと信じてるから。
  

昼に旅人マッチを観て、オマーン戦観て、はい、ユーロ開幕!



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。