So-net無料ブログ作成

典型的な“ほめれば伸びるコ” 市原戦 [Marinos *]

モブログでも上げましたが、
攻めのカタチは、みえません。

でも、3-0。
080429.jpg

なぜ3点も獲れたのだろーか?
それは、
『ホームだから。』と、ゆーのと、先制ゴールというクスリ。

なんでこんなに、“乗る”のが上手(笑)。
典型的な“ほめれば伸びるコ”。
ある意味、お調子者。
早々に佑二のゴール。
それだけで動きが違うのです。
で、コミの“とにかく打て!打たなきゃ得点はない”ゴールで、ますます。

今季のチームは、先制してたたみかけることが、なによりらしい。

「俺が守りきれば、負けはないので。」が、最近の信条のテツ。
080429-2.jpg
今日は、(ユニも黒で、)ドーベルマンなみだったよ。
何度、「テツで、よかったぁ。」と、言った事か。
テツのはじきを、確実にクリアしてるのは、佑二である。
テツの防御率を確実に上げています。

3点め。
このところ、サッカー観てて泣いたことは、あまりないのですが、
自分でも「まさか。」と、思いましたが、瞬間、泣いてました(笑)。
感極まって。
ハユのあまりにも“らしい”ゴールで、
ハーフタイムに気を入れなおしてきた市原も、心が折れちゃった感じ。
今日の試合を決めたのは、隼磨・渾身のゴール。

調子に乗るトリコユニでしたが、その中に、「もったいない」選手がひとり。
ロニちゃんは、交代まで弱気プレーでしたが、
(ほんとに、ロニーのところで取られて・・・・が心配になってきました。)
ロペスはチームと一緒に調子に乗ってきました。
オオシとサカティ(赤スパイク復活!あとは髪を切るだけ。)は、「あららぁ。」はありましたが、
あまり心配していません。
組めば2人でチャンスは作れるし、ゴール以外の仕事を確実にやってくれてます。
(たぶん90分で一番走ってるのは、オオシです。)
アーリア、兵藤も、流れを止めることなく、よく動いた。
んーと、やっぱり「もったいない」のは、兄です。
ダブルボランチでも、マツより後ろにいる。
DFの前にいる兄は、相手からしたら、「こわくないです。」だもん。
佑二たちの方を向いて、バックパスする兄。
あーみえても、マツは、攻撃においても、
かなり左右ワイドに配球もしているし、(2点めもマツだもん。)
FWの動きをまったくよく見ていて、「をぉ。」と唸るボールが多い。
ほんとに、兄のボランチ・・・・どーなんでしょーか・・・・・・。

正直、調子に乗っての3点で、
今後、対戦相手によっては、心配ですが、
この連戦、修正している時間もないし、
ほめて、ほめて、乗り切りたい。
リーグ中断期で、なんとかしてくださぁい!

ホーム戦績
勝 分 敗 試合数  勝利率
4  1  0  5     80%




****************************

選手入場前の向こう岸のコールは、ひしひしと心に響いたし、
前半も後半も、開始前の円陣にも、ひしひし来た。
がんばれ、市原ぁ。
戦意喪失して、バックパスしてる場合じゃない。
1点でも返そうという姿勢を持って最後の時間までプレーしないと、
詰め掛けたサポが、あまりにも。
劣勢でもなんでも、足を止めたらそのユニが泣くよ。





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。