So-net無料ブログ作成

スカパー・水沼解説。 [J LEAGUE *]

水沼君(この呼び方は、お父さんのほーです。)が、
今季から、スカパーJリーグ中継の解説をやってらっしゃいます。
今節は、神戸vsガンバ。

解説として、だんだんカラーが出てきたとゆーか、
 (TBS時とは、違うよ。
 02年にえのきどさんの司会で放送してた『ワールドカップジャーナル』は、最高におもしろかった。
 水沼君とか金田さん八宏さんの地上波民放と違う顔が観れて。原たんとか三浦ちゃんとか加ト久さんとかも。
 最終回、A坂とU田にぶちこわしにされて、えのきどさんの怒り顔とともに・・・終了。)

時間が進むに連れて、試合後の監督のインタヴューとかでも、
サッカーの中でも“こだわり点”などが、わかって、とてもおもしろい。
とゆーか、
やっぱり、「そーよ、そーよ、そーーーなのよぉ。」と、うなずいちゃったりするわけです。

個人力と組織力とか、90分のリズムの行き来とか、サイド攻撃とか。
あと、やっぱりねー、“試合でお客さんを楽しませる”という点は、こだわりが強いように思います。

川崎も関塚さんの健康状態により、高畠コーチが監督就任。
選手にとって、兄貴コーチが監督に就任したというところは、
岡ちゃん辞任後に、監督に就任した水沼君のケースと似ています。
実際、あの時は、チームに“感情の高ぶり”みたいなのが薄くなってきてて、
(たぶん、岡ちゃんのコーチング熱が冷めていたためかと・・・。)
OBで、兄貴コーチであった水沼君の監督就任は、カンフル剤でありました。
選手は、口々に「貴史さんのため。」と。合言葉みたいなものでした。
OB監督は、サポとしてもとてもうれしかったし、
ただ、「貴史さんのため。」だけでは、モチベの持続性が。

そのあと、早野さんが来て、
また、コーチに戻り、チームを支えてくれましたが・・・・・いきなりのあの事件(!)です・・・・。

解説されているのを聴いていると、
スパサカやキクマリの歴史もあるので、
「しらずしらずに、観方の影響、受けてるんだなぁ。」と、
気がついたとともに、ちょっと悲しくもなりました。
もっと地道な成長で許されるクラブだったら、監督を続けてもらえたかもしれないし、
いつか納得できる“歓喜の時”を、一緒にむかえられていたのかもしれない、と、
やっぱり思ってしまいます。

指導者となってからは、
“伝える仕事”の方を、封印してしまってた感じですが、
やっぱり、こっちもプロなのです。
今後、どのようにサッカーと関っていってくださるのでしょうか?

この頃、うちは、サイド攻撃にバリエーションがありません・・・。
ちょっとばっかり、マリノスタウンに遊びに・・・・・・・来てくれないよなぁ・・・・。

宏太がいるので、うちの試合の解説もしてくれないだろーし、
「最近、ほんと、地味めだよなぁ」<『キクマリ』(アドバイザーでいいので)復帰も・・・・難しいだろーなぁ。

**********************

今季のここまでの成績で、去年のクラブのばたばたを、
忘れている、水に流したと思ったらおおまちがいでございます。
あそこまで“変革”したのだから、
プライド持って、がんばってもらいたいものだ。
(選手は、クラブへの愛を持ってがんばってくれている。)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。