So-net無料ブログ作成

“伝家の宝刀”は、大切に! 清水戦 [Marinos *]

前半の空気のまま、なんとなーくはじまっちゃった後半すぐ・・・・・、
先手で交代した淳吾のCKから失点・・・・・。しかも・・・・西澤・・・・。

去年とは言わず、
このあたりから、
去年の天皇杯にいたるまで、
どうも清水には、いやな思いをした印象が・・・・・。
“積み重ねてきたチーム”という印象が去年終盤は強かった。
「今季もいいとこまでいくんじゃないのか?」と、開幕当初は思っていたのだけど、
あの勢い、そのまま名古屋にとられちゃったかのよーな苦戦ぶり。
しかし、ナビスコで、緑相手に大勝で、
若手が多いので、のってきそうな気もしてました。
清水と言えば、名門ですわよ。
土壌が“日本のブラジル”なんだから。

その上、めちゃくちゃ研究されておりました・・・・・。
兄、ほぼ封じられる & 読みと動き出しで、最後まで勝てず、
リズムを物にできないままでした。
だって、ことごとくパスコースを切って切って切りまくってくる。
ここ2試合ぐらい、おもしろいぐらいにペナ前、ワンタッチで繋がってたので、
とにかく、観ていてもいらいらしました。

ピッチ上で、修正をかけられなかったことが、まず悔しい。
失点後も、前半と地続きな感じだったもんなぁ・・・。

でもって、今日は怒るぞ、ハユ&コミ!
どーして、「ここがキモ!」という瞬間瞬間に、つまらないミスをするかっ!
それで、ますますリズムが向いてこないのだ!
まぁ、このところ、中央突破偏重のため、サイドが乗れていない試合はたしかに多かったが・・・・。
ハユ、まずいよ、ほんと。
コミも、コミヤマ・ゾーン意識がアダに出た。
だいたいの時間は、いつものクレバー&堅実プレーなのに、
いままでやってたことが封じられると、次の工夫が出てこない。
(これは、サイドだけじゃないんだけども。奥行きだよなぁ。)
岡ちゃんの長友招集で、気が抜けたか?両サイド!
トリコのサイドの伝統、なめんなよぉ。
100回、顔洗ってきなさい。

そして、やっぱり、交代の遅さ・・・・。
ロニーが消えてから、サカティ投入まで、どれぐらい時間を使ったか・・・・。
前半終盤から、完全に手詰まりで閉塞感満載だったぢゃーあないのぉ。
采配に期待してないだけ、先制されるとこっちも気弱になる今季。
空気入れ替えるために、カード使うっていう方法もあるでしょう。
せっかく宏太を入れるのなら、そのためにあと10分でも、早くしてほしかった。

ホームのプライドを、つなぎとめたのは、“伝家の宝刀”。
しかも、佑二!

08-04-19_20-55.jpg
ひさしぶりに聴いた“横国名物・こだます手拍子”
だから、言ってるじゃあないの。
セットプレーへの期待は、マリサポのDNAなのよ。
セットプレーの瞬間が、横国を一丸にするし、そのチカラが何度ミラクルを起こしてきたことか。

だから、ほんと、なにげなくセットプレーを無駄にするのはやめてくれ。
それは、マリサポへの裏切りに近いのだ。

さびつきかけた伝家の宝刀、やっと抜ける、みたいな印象だ・・・・。
あぁ、まだ完全にさびてはいないようだった・・・・・磨け!!

しかし、セットプレーで変った空気も、あまり持続はしなかった。
スタンドは空気が変ったことを掬い取っていたのに・・・・・。
あと、1歩で、ミラクルも起きたのに・・・・。

プライドをつなぎとめたのは、あと、やっぱりマツでしょうか。
左コーナーまで飛んでいってのフォローとか、今日も粘りに粘ったプレーが。
マツと佑二の調子がいいと、頭の中にガッチャマンの翼の画像が浮かぶのだ。
うちの“大鷲の健”と“コンドルのジョー”だから。
どっちがどっちかは、試合によって違うけど。今日は、佑二が健。
テツは、もうちょっとで甚平。竜は、今リハビリ中(馬場ちゃん)。
(DF陣限定イメージ。そか、うちの後ろは科学戦隊だったのか。)



追いついてドローが、こんなに悔しいのは、
今季のチームへの期待の裏返し。
トラックを回るメンバーの表情が、まるで負けたような表情だったのも、
08-04-19_20-56.jpg
チームの目指すところの高さがうかがえました。

08-04-19_21-16.jpg
防音ガラスの向こうに滲んで見える、我がホーム、マザーシップ
次は、必ず!!

ホーム戦績
勝 分 敗 試合数  勝利率
3  1  0  4     75%



【今日のやつあたり】

1:審判の上着の色!
  あのさぁ、こっちは前日ぐらいから、自分の服装に対戦チームカラーが混ざらないよーに、
  細心の注意をはらっているわけよ・・・・・・なんだ、あのオレンジ。

2:行きの小机駅改札前、パルちゃんパペットの指揮で、
  笑顔もなく踊るオレンジのパラパラ中坊隊・・・・・あれで調子狂った・・・・。

nice!(0)  コメント(5)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 5

raichi

ほーらね、やっぱりマツ!(じ~ん。)
http://www.bomber22.com/blog/2008/04/post_463.html
やっぱりガッチャマン!
じゃ、今日のジュンはコミってことで。
by raichi (2008-04-20 03:08) 

ぷらてに

審判の上着の色は完全に退場もんでしたね!
まぁ主審の西村は退場者を間違えるようなKYな審判ですからね。
http://www.j-league.or.jp/release/000/00002298.html
http://www.j-league.or.jp/data/2/?league=j2&genre=result&d=j2&t=result&s=06&y=2008
昨日の試合中も意味不明な笛が多かったし。
本当に審判はどうにかならないもんですかね?
by ぷらてに (2008-04-20 14:07) 

raichi

そんなこと、あったんですね(苦笑)。

いろいろやってると思うんですけどね、審判陣も、ビデオ検証とか研修とか。
不安定は承知の上なんで、
理不尽は五分、と思わないと、腹たちますが、
まぁ、戦う相手は審判ではないので。
上着の色は、ともかく(笑)。

うちはKO前、ボランティアと担架スタッフやボールボーイの紹介にスタンドから拍手が起きますが、
審判紹介には、つめたい(笑)。
「今日も、よろしく。」という意志表示はあっていいと思うんだけどなぁ。
東京サポ名物「〇そレフリィー」コールとか、完全に敵意剥き出しだもんね。
審判を味方につけるという意識も大切だと思う。
真摯な選手は、試合中何があっても、終了後あいさつして、
リセットしてるもんな。
一時、マツは上川さんと悪化して、
こっちも「うわぁー、天敵登板・・・。」と思ったし、
「どーーしてだよ。」は、よくあった。
が、上川さんも上川さんだったけど、マツもマツだった。
顔をあわせれば、もう臨戦体勢だったし。
『言うことは言うけど、敬意はあらわす。』とゆーのが、
審判の成長を促すよーな気はします。

コッリーナさんの『ゲームのルール』を読んでから、
そう思うようになりました。

フッキがまたまたわがまま発言してます。
「審判がいやだからJでプレーするのは・・・」云々。
ほんと、どこまでデング?

それより、ぷらてにさん、
埼玉ダービースコアレスドローですよ、大宮、がんばりましたよ。
対戦時とは、まったく違うチームでした。
東京には越されたけど、「セーフ、セーフぅ。」
うち、運あります。



by raichi (2008-04-20 16:20) 

HAMA

>チームの目指すところの高さがうかがえました

まさにコレ。
インタビューとかきいてても、そう思います。
まぁ、引き分けは悔しいんですがね・・・ホーム不敗は続いてるし・・・。

兵藤のミドルには上野を思い出しましたわ。
楽しみな選手だなーと。
マリノスにきてくれてありがとうと思いましたわ。
by HAMA (2008-04-20 23:29) 

raichi

さっき録画を通してみたんですが、
現場でいらいらしていたのが、ウソのようです。
「そこそこ、いい試合じゃん。」
けっきょく、観てる側も、求めるものが上がっちゃうわけですね。
“勝利主義”にならんよーに、注意、注意、です。
ピッチレベルで修正するチカラは、シーズン中に身に付けていってほしいですが。

兵藤、よかったですよ。ほんと。
デヴュー戦の遠慮がちが、出場ごとに抜けてきて。
得点の匂い、したわぁ。
反町さん、招集してくんなかったけどね。

兵藤は、テレビで観ると、とても楽しそうな表情をしていて、
それは、アップが観られない現場でも、動きで伝わってくる。
宏太もそーだけど。
膠着したり、閉塞感ある時って、
若手のこーゆー空気に乗ってしまうことも必要だし、
ルーキーの大事な役目でもあると思いますわ。

by raichi (2008-04-21 01:07) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。