So-net無料ブログ作成

『一生闘将』というゲーフラ。 柏戦 [Marinos *]

ロペスを欠いての柏戦。

結果的に完封勝利。
08-04-12_15-56.jpg

兄のポジションで、うちの戦い方は変わるのだなぁ、と。
ロペスがいないことで、スペースができて、早い展開にはなる。
兄もガンガン前にいく。
まぁ、得意なポジションだし、気負いもあったのだと思うのですが、
とにかくドリブル突破が多く、中央から強引に崩そうというシーンが多かった。
左右にさばく場面が減るので、いつもよりハユとコミが・・・・・。
一長一短です。

が、オプション試せた、とゆー試合。
相手によって、場面によって、時間によって、使い分けられれば最強。
(監督、そのあたりをよろしくね。)

ハーフタイムにマツのイキイキ具合を上げましたが、
あれぐらいのスペースは、マツにとってラクラク守備範囲だし、
狭いとどーも息詰まるのかもしれないです。
ワンボランチの効用は、最終ラインにもあり、
佑二もいつもより“らしさ”が出せてた気がします。

裕介と勇蔵が対照的で、「おもしろいわぁ。」と。
裕介が、いいポジショニングで先手先手で運動量で守るのに対し、
勇蔵は、「来るなら来てみろ!」的気迫でひきつけて守り切ります。
バランスとれているのかもしれないです。

オオシは、ますます足元とかうまさを増していて、
大きさのわりにふわふわとボールをキープするので、
“老熟曲芸師”っぽいです。
(をぉ、李忠成もゆーとりますわ。

しかし、今日はマツでした。
攻守によく動いたし、本人もボランチというポジションが楽しく思っているのでは?

ひさしぶりのヒーローインタヴュー。
08-04-12_15-59.jpg
馬場ちゃんを気づかい、若手を持ち上げ、
「なんだかほんとに、大人になったわぁ。」と、ついつい涙腺が。
しかし、マツ。
「俺は、みんなの手助けを。」的姿勢に入り込んでは、まだいけない。
みんなみんな、№3が好きなのだ。
この人が、このチームを、サポを含めて、引っ張ってきたことは、誰もが知っている。

こんなに、横国が、トリコが似合う選手は、他にはいないのだから。
08-04-12_16-01.jpg

今日の帰り道。
3番レプリカは、例外なく弾んでいたし、誇らしげだったよ。


ホーム戦績
勝 負 分 試合数  勝利率
3  0  0  3     100%


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。