So-net無料ブログ作成

せつなくさせる選手 [J LEAGUE *]

試合を観ていて、
観てるこっち側が、せつなーくなって、涙出そうになる選手が、います。

うちの那須君も、かなりそーゆー選手です。
たぶん彼の転機になった、アテネ五輪は、格別にそーゆー試合でしたが、
その前も、今も。
なんだかいつも満身創痍というか。
いつぞやのセレッソ戦後、試合後に吐いたっていう逸話もありますが、
なんだかいつも120%を、まじめにまじめにやるのです。
昨日も、とんでもないミスもあったけど、とんでもないカバーもあって、
ピッチで表情は見えなくても、もう、必死なのが動きでわかる。
岡ちゃんの下、ボランチにコンバートされて、
副キャプテンやってた時は、いつもいつも張り詰めていて、
ミスらしいミスもなく「うわぁあぁぁ、いまにもプチっときれそうだ。」と、
せつなさを通り越して痛々しかったぐらいで、
そのプチっが、アテネででちゃった感じがしてます。
なので、たまに「なすぅぅう。」ってことをやっちゃっても、
きっつくは言えなかったりします。
まぁ、佑二のブログなんかをみると、
「ナイス・キーパー!」を「いいキーパー!」などといってしまったりしてるみたいなんで、
今は、天然も表出しして、緊張のコントロールもきいているのかと・・・。

今、Jリーグ№1にせつないのは、阿部勇樹。
赤いユニを着たときは、
「ま、まじ・・・・・ジェフ、どーすんだよっ!?まさか、でしょ?」と、
他サポながら、ほんとに信じられない気持ちでいっぱいでしたが、
ユニが黄色から赤に変わっても、そのせつなさは変わらないというか、
スター選手の多い中、あっちこっちでフル回転する阿部勇樹は、黄色の時よりいっそうせつない。
せつないというのは、かわいそうっていう意味ではない。
ジェフ在籍時も、プレーに対する姿勢は今と変わらないし、
その上に、急成長するチームを背負ってたわけで。
それは、それで、またせつなかった。
正直、移籍当初は、
「そんなにあっちこっち便利に使われてぇ、君はそーゆー選手じゃないだろー。」ぐらいに思ってたのだけど、
もう、阿部勇樹がいなければ、レッズは成り立たないところまできているわけで、
ポンテがいて、ケイタが支えているチームと思いがちだが、
縁の下のそのまた下で、歯をくいしばって、
それでもこれだけ惹きつける。
代表でもそう。
せつなくなるのは、本人が、まったくそういうポジションを苦に思ってなさそうなところで、
それでまた、どこの位置でも120%なのだから・・・・・涙も出るっつーの。

今日の川崎戦は、右サイドをやってました。
腰はかなり悪そうです。
でも、水曜日にはACLの決勝があり、
だからこそ早くに代わってもらいたいぐらいだったのだが、
「あ、だいじょーぶ。」ぐらいに右手を軽くあげて、
続けちゃうわけです・・・・外から「もう、いい。もう、いいよ。」っていうまで。
それでも「あ、いいの?」ぐらいな感じで、顔をゆがめることもせず、
やっと、ピッチを去るわけです。

レッズは、今やどこまでも華やかなチームで、
たぶん、アジア№1になってくれるだろうと、思ってます。
そして、これまでない華やかな歓喜もおとづれることだろうと。
その時、阿部がどんなふうに喜ぶかを、個人的に私は楽しみにしています。

華やかで強いチームには、
阿部勇樹のような存在が不可欠なわけですよ。
「がんばれぇ。」と言いたいところだが、
もうすでにがんばってるのがわかるので、
簡単に言えないのが、“せつない選手”なのです。

****************

それにしても、今日のレッズはダーティーでした・・・・。
(それだけギリギリのところでやってるってことでしょー。)
ワシントンもポンテも“うまい”んだもん・・・・。
熱くなる水色選手に向かって、
「だめだ、熱くなったら相手の手のうちだ。
冷静になったら勝てるんだってばぁ。」と、じたばたしていたら、
ジュニーニョもスマートにうまかった。
どーして、ブラジルの人は、あんなところまで気がまわるのかしらぁ。
(ドゥトラには、あんまりそーゆーところがなかったけどね。)

いやぁ、ダーティーだったけど、いい試合でしたよ。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。