So-net無料ブログ作成

初戦!(=完全脳内観戦) ~N予/山形戦 [Marinos *]

( まったく目にできてないので、さらっとつぶやきのみ。)

toricoballine3.jpg

ナビスコ初戦かぁ。毎年ギリ突破とゆーか、ドキドキさせられるからなぁ。初戦大事よ。中継ないし。
posted at 09:54:51

フジのナビスコにたいする姿勢をみると、朝日のACL姿勢への好感度が上がる件。
posted at 10:01:57

三ッ沢参戦のために調整されてる方多数。「そーだったそーだった」などと。新横だと新幹線利用でぶっ飛んだが、三ッ沢だとやっぱ東横特急か湘南新宿でがんばることになる平日試合。
posted at 11:37:13

一番安全な「直帰しまぁーす」は、小心者にとって後ろめたさでバクバクして観戦に集中できなかったりした。
posted at 11:41:27

月末仕事中にゴールメールきた。勝った!月末仕事も終わったぁ♪
posted at 21:58:43

得点は、坊ちゃんコーナー(悪意はありません・・呼称でつ。)から佑二? 研くべきは伝家の宝刀!現地のみなさんおつかれさまでした。なにはともあれ初戦白星なんで(フクザツ?かもしれませんが・・・交代とかみてると。
posted at 22:03:27

そかぁ、きたかぁ。レンタル中にあいさつきたのはナオ以来?かな。RT @KonpekikaraPeki: クナン、ゴール裏に挨拶キター!
posted at 22:04:26

いやぁーん、美しいぃ・・・。今週の待ちうけにします。ありがとうございます。三ツ沢の桜吹雪も好きです。RT @KonpekikaraPeki: 三ッ沢夜桜なう。 http://twitpic.com/1c5wmd

@kogomi23 @rtaf さかのぼって画像拝見しました。三ツ沢だぁ~。ありがとございます、ありがとございます。
posted at 22:19:15

(しかし、現地にいたらフクザツらったかも・・・。とにかく悩まずにモンテでがんばるだけがんばれ。)
posted at 22:21:22

俊輔-佑二のパターンだったら“ゴールシーンだけ”はやるだろう>すぽると(カメラ回してれば)。民放の大好物ライン。クナンのあいさつはぜったいないと断言できるけど。
posted at 22:31:57

けーたいおひさるの広報日記。裕介が満面の笑みで迎えているこの背中は!
posted at 01:04:21

@kacajoho ほんとマイニチ、ユキです。クナンが近くにいることを実感しました。ちょっとうつむいてますね。裕介の笑顔とのコントラストが…
posted at 01:09:26

@who_nya 帰路、ほーむしっくかもなぁ>クナン。でも、モンテでがんばらないとなぁ。鹿組に負けてちゃ横浜のプライドが。
posted at 01:23:47

選手コメ読んだ。複数の選手が神戸戦でのロスタイムに言及してる。“切り替えて流す”姿勢は消えたよーだ。悔しかったらとことんヒリヒリと覚えてみにしていけば、1試合での成長が違ってくる。
posted at 01:29:51

和司さんは、やっぱ健太がめっぽうかわいいというか伸びてほしいんだろーなぁ。
posted at 01:32:04



toricoballine3.jpg

「勇蔵がすごかった」発言多数。
ほんとに、現地でないとそのあたりがわからないわけで・・・・。
(せめて中継。)
ずーっと長いこと待ってた“最終ラインの長男”が、昨日の三ツ沢にはしっかりといたようだ。
清水戦に期待しとく。




toricoballine3.jpg


【エイプリルフール的追記】 28:30

今年のエイプリルフールは、ついったーで日程くんにべったりしてはなぢでした。
そして、ロスタイムサービスしょっと

しかし、うかつに夜中のうたたねをしてしまい、
「あぁ、今年もウソとかひとっつもつかなかった・・・・」などとこんな時間。

そしたら、恒例の監督交代が。
去年のユースチームチームメイトが代表FWに抜擢されていてうれしいやら時の流れを実感するやら。
(私は、監督の試合後エントリがとても好きなので、今年は監督ご本人にも更新がんばっていただきたい。)


コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

2日がかりで90分を観るの巻(歯がゆいのぉぉぉ) ~H/清水戦 [Marinos *]

さぁ2:00TV前に向かってがんばります・・・・。毎週これだなぁ・・・・・。夜ごはんのことまできめとかないと中継みてるうちに気が気ではなくなる・・。
posted at 4/3 10:05:13

@yama_yfm はっ!それでスタメンが今(笑)。ありがとうございます。ちょーせーいます。後半ムリかも>ライブ観戦
posted at 4/3 13:17:07

そか・・・1時間まちがえてた。ほんと、まずい状況だ・・・・3時までに晩ご飯準備終わらせないとまずいのだが・・・キンピラしかできてない・・・・。
posted at 4/3 13:18:30

横浜、桜きれー>ねぇーさん、ありがとございます(嬉泣)。では、あと1時間半で晩ごはんやりますわ・・。
posted at 4/3 13:34:52

************************************

なんとかTV前with罪悪感。んー、キープレーヤーを加えた両チーム。“土台”の勝負だよなぁ、今日。と、思ってたらやられた…。
posted at 4/3 15:11:53

前半26分。25→14。これで逆転できたらかっこいいぜぇ>健太ぁ。ナビ山形戦の悔しさをはらす時到来だよ。
posted at 4/3 15:36:14

本田とか中盤の選手に、小野ちんのタメの作り方とかリズムが伝染ってて、一体感あるんだよなぁ>清水。あれだけ守られるとなかなか…
posted at 4/3 15:55:35

怖がらずにゴール前スピードあげて突っ込んで(山瀬)、セットプレーで1点(勇蔵)。そのあとカウンターで同点(サカティ)。そっからだよちゃぶって逆転は。追いつくまでは泥臭くすがりつけ。
posted at 4/3 15:59:38

2‐0は、魔のスコア。そして魔法のスコアらぞ。
posted at 4/3 16:02:24

ひょーどー…
posted at 4/3 16:28:19

時間切れです。もぉ行きます。 味方の捨て身のプレーを大事にすれば、ひとつひとつプレーをもっと大事につなげば、このスコアではおわらないはず。
posted at 4/3 16:32:46

携帯は持ってかないので、頼むよ。
posted at 4/3 16:33:36

俊輔と勇蔵は医務室ではなくロッカールームらしい。勇蔵、左太腿。レベルはわかりません。
posted at 4/3 16:35:21

************************************

をー!1点入ってる!しかもジロちゃん!!(←途中テレビ前離脱で祈りながら仕事してた人。今、結果見た。あと一仕事したら残り20分観られる。
posted at 4/3 19:34:17

にぃには、うかしたパスうまかったなぁ。2回ぐらい見た。などといきなり思い出す。
posted at 4/3 20:23:11

佑二や山瀬が“捨て身”っつーぐらい必死だったなぁ、際のとこで。
posted at 4/3 23:10:09

ことごとく相手にボールが渡っちゃう試合って、ある。逆に笑っちゃうほど逆って試合もある。運動量?ポジショニング?距離感?精度?
posted at 4/3 23:13:18

************************************

多摩川クラシコ16~18。ちちの晩酌きっかり18~・・・・・。ほんとどーしよーかぁ・・・・・。「一試合細切れで観たくない、通してリアルタイムで観たいのだ」とゆーよーな心情は理解されがたい。
posted at 4/4 11:10:41

TV前2時間でもプレッシャーがかかるのに、天童まで行ったらどんだけプレッシャーだよ・・・ましてや横浜・・・・・・。今日は考えないことにします。
posted at 4/4 11:12:26

************************************

そして、昨日の残り20分をやっと観る。
posted at 4/4 12:52:18

で、また中断…。いもうととははがでかけるらしい。夜用にカレイの煮付けを…。煮汁一回冷まさないといけないじゃん、カレイて。やってくるわ。
posted at 4/4 13:32:08

toricoballine3.jpg

けっきょく、リアルタイムの多摩川クラシコを録画して、残りをやっと観た。
いい試合だったじゃないの。
最後の猛攻。
解説の金田さんがOBらしくロスタイム4分1-2の時点で、
「いや、まだあるっ!」と親バカっぷりを炸裂する気持ちがわかる。
リアルタイムで(ましてや現地で)観ていたら私も疑わなかったと思う。
うん、うん。
せっかくの必死の末の黒星だ。しっかり痛がって覚えこめば、実にできる試合になった。

清水は、骨太になったなぁ。
これは長谷川健太6年目という積み重ねの賜物だろう。
(クラブは、和司さんで何年と考えているのだろうか?)
気がつくと2点ともうちのミスをつかれた得点で、そこをついた岡崎をほめるしかないが、
その2点をあれだけの姿勢で守りきれる。
「勝つこと」への執念。鹿みたいだもの。

再三あったセットプレーがひとつゴールになったことは大きい。
ジロちゃんだからできた、とゆーか、
ずーっとずーっと、冷静な目線でチームと歩んできた選手だから。
こういう選手は宝ですよ、やっぱり。

そのあと、畳み掛けたかった。
いや、充分畳み掛けたのだけど、強者のしたたかな畳み掛け方ではまだなかったなぁ。
気持ちが先行、よく言えばまっすぐ、悪く言えば余裕なく、リキみすぎて単発に終始した感。
もすうこし余裕をもてれば、山瀬のパスも通ったし、兵藤の再三のシュートも決まったろうし、健太のミドルも。

「余裕をもって」というのは、あの状況では難しいけど。

“余裕”について気がついたことが実はこの試合にあって。
小野ちんは、なぜいつもにこにことサッカーを楽しんだ上で、決定的なことをさも簡単そうに繰り出すのか?
坊ちゃん、(あ、すいません)俊輔は、なぜ、いつもあそこまで観えているのか?
「正しい技術」と、ふと思う。
ボールを止め、正確に蹴りたい方向とスピードに蹴ること。
正しいテクニックが、やっぱり余裕を生み出すのだなぁーと。
それが、ほんとのテクニシャンであり、ファンタジスタと呼ばれる選手の資質。
チカラと集中力を、不可なくゴールに向かわせるための、“基本”。
俊輔も小野もいなくなった(まったく民放向きではない)あとの展開を見て、そう思った。
(残念ながら、交代する前も俊輔は、まったくもって本調子ではなく思え・・・・・ちょっと心配ではあります。)

マスコミは、この試合に関して、勇蔵と(おもに)俊輔の怪我の代表への影響を大きく書いているよーだし、
当事者じゃない人たちは、「俊輔いないとダメじゃん」なんだろか?
(健太はまた悔しいねぇ・・・・。)
しかし、ずーっと観続けてきたサポにとっては、
見ごたえあったと思うよ。
まぁ、それだけに悔しくもあるけど。



toricoballine3.jpg

と、まぁ・・・・TVでさえ90分通してなかなか観られないとゆー人間もいるわけですよ。
なのに、元・心の愛人で現ナリノスジャパン異色FWによると、
せっかく現地でありながらもったいないことにこの頃屋根下にお地蔵様多数出現中らしい・・・。
なんともったいないことか・・・・・。

もぉ今やほとんど現地にいられない人間なので、
どーのこーの言うのもおこがましいのだけど、
(だいたい「このブログの継続もどーなんだ?」と、最近、自問自答してるわけで・・・・・。)
ゴール裏(屋根下)は、腕組んで観戦したり、ましてやマイナス空気発する場所ではないのであって・・・。
日産スタは間口がひろいし敷居も低い。
たくさんのいろんな人を受け入れる懐はあるし、
どこでどんな風に試合に参加しよーが人の勝手といえば勝手なんですが、
ゴール裏(屋根下)は、あのばかでかいスタジアムにサポーターズフローを巻き起こす“核”になる場所なのですよ。

私自身、ゴール裏の人間ではなかったです。
ただ、あそこが核であることは、まったくもって真実であり、
ゴール裏がふわーっとかしらーっとかしてると、
ピッチに向かう風が起こらなくなるのです。

観戦はひとそれぞれのスタイルがあっていいし、
90分跳んで叫べとは言いません。
私なんて、もともと腕を肘から上に振り上げるのさえ非日常のことで、ものすごい勇気のいることで、
身体的に理由により90分跳ねるどころか、立ってるのもNGという人なので、
(フクアリなんて、邪魔にならない席に座るために並ぶわけですよ)
10年の間ゴール裏にはよっぽどのことがないかぎり行ったことないです。
そういう私の自主指定席はゴール裏の上7Fでした。
眼下の“横国劇場”を一瞬たりとも見逃さずに観て、
ゴール裏から舞い上がってくる熱気に自分の気持ちを素直に乗っけて手拍子と声で抑揚と厚みを加える。
コアなゾーンにいられなくても、現地にいるかぎりは、“フローの一部”になりえるし、なりたいと強く思う。
それが現地にいる喜びの真骨頂。

日産スタジアムの広さは、
それぞれがそれぞれの場所を見つけるための懐。

自分が試合にどう関わりたいかで、多種多様の場所を選べるし、
それを認め合うことができるのがトリコロールのスタンドの懐。
少なくても、
マリノスに対して“当事者感覚”のない人は、ゴール裏(屋根下)には、
近づいてはいけないのじゃないかと、
元7F住人としては、思います。
(だいたいにおいて、“試合を観るため”ならゴール裏はまったく向いていない。
等々力は熱のある空気を切り取りやすいので、途中写真とるのに1Fに降りたりしてましたが、
あそこで試合観るのはムリですよ。
あそこは風を起こすための場所。ベンチの次のメンバー席だからお値段もお安いのよ。
客観的に観たいだけなら、「楽しませてもらいたい」受身だけなら、対価払ってメインに席とればいい・毒・毒・毒・毒・・・)

ムダに広いと言われがちな我がホーム日産スタジアムですが、
多種多様の、でも誰もがマリノスを真剣に見つめる人間が一体となって巻き起こすフローはモンスター級に巨大で、
何度も何度も、奇跡(偶然ではなく、起こるべき下地があって起こる瞬間のこと)を起こしてきた。
それを自ら体験できるかどうかは、
スタンドに陣取るひとりひとりの気持ちの強さなのじゃないかと、
現場を離れてなおも激しく思うし、そこに自分がいられないことが歯がゆい。
あれだけの猛攻での逆転劇や兵藤のPKの後押しになれなかった・・・・・・。
トリコロールのこっち岸にとっては、誰の他人ごとではないのですよ。
だからそこ、“ホーム”なのだと。
(三ツ沢もしかりよ。会社の飲み会の延長はメインのてっぺんあたりでどーぞ。)


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

セルビア戦、その後。 [Marinos *]

やっとテレビ前。24分で2失点?どーしたのよ?
posted at 4/7 19:50:03

こんなに最終ラインばっか見ちゃう代表戦は、マツがやってた時以来かもなぁ。
posted at 4/7 20:02:42

勇蔵、45分かぁ…。失点観てないからなぁ。佑二−勇樹は好きなんだけどもぉ。
posted at 4/7 20:30:19

なんか今日は、チームどうのより個人の選定目的試合かぁ?の、わりにおとなしめだ。
posted at 4/7 20:33:50

台所に戻ってくる。ナオがんばれ!山瀬出してほしい(ないかなぁ〜、ちょっと
posted at 4/7 20:35:22

代表戦はメールつぶやき。TLみるとあらぶっちゃうからねぇ。
posted at 4/7 20:38:51

なんかみんな疲れちゃってて、ちょっとピーク過ぎた感じがすんのよ。 あと65日、それぞれがリーグ戦で高めてくしかないと思うの。Jのソコヂカラ的に。
posted at 4/7 21:05:57

それにしても、1点ぐらいほしい。山瀬、ナオ、槙野ぐらいにしか匂いがしないなぁ。
posted at 4/7 21:07:56

見れなかった前半見てますが、なんか来てくれたセルビアチームにもーしわけないよーな試合だったなぁ…。
posted at 4/7 21:29:17

俊輔は、まったく治ってないんじゃないんだろーか?
posted at 4/7 21:42:17

ヤットは、ほんとにおつかれモード続いてるしなぁ…
posted at 4/7 21:44:34

中盤、守備的に寝ちゃってるよーな…。つか失点のたびに19番をぬかれても>カメラ…
posted at 4/7 21:57:58

************************************************

代表の試合見返してるうちに寝倒れた。なんつーか…、“身内かわいがり”は好きではないのだけど…「あんまりだ」感は残る…し、
posted at 4/8 05:13:39

10番の試合後の言葉が01残留争いの時を思い出させ…いっそうがっかり。 ナオの「待ちません!」だけが潔く感じたわ。
posted at 4/8 05:16:32

7番と10番の不調は何なのだろーか…?憲剛の無事復帰を待ち望む心持ち。
posted at 4/8 05:23:21

サッカーでワクワク!を観たく思い、起きがけからセレッソvs京都。(会場音のみ
posted at 4/8 05:27:07

代表にせよクラブにせよ、一選手をブランド化する見方は、チームのためにならないと思うのよねぇ。
posted at 4/8 05:42:10

ヒデの“仰向け”引退ショーに感動させるエンタメ度。まっしろにしらけたままドイツが終わった層もいるのよねー。
posted at 4/8 05:48:32

勇蔵が昨日ピッチに立ったことは大きい。アジアふくめ世界と対峙することから離れてしまってたから。佑二と釣男後の代表の守備。
posted at 4/8 06:00:11

横浜に戻る勇蔵に言いたいのは
Image109.jpg
「やっぱACLぐらいはいかないとねー」だ。そーだろ?切り替えろよ。

posted at 4/8 06:02:26

22と25にも切り替えてもらわないと困る(10番はそのあたり何の心配もしてない)。このW杯前こそ、将軍にはいっそう“うるさい”復帰を望む。posted at 4/8 06:05:22

トリコロールは代表準備クラブではないので。
posted at 4/806:06:12

週末は、乾以上に健太に弾けてもらいたい。
posted at 4/8 06:09:15

今この時だから、マツにしか見えないことがあるし、マツにしか担えない仕事がある。在京だったらマリタウに向かってたなぁ、今日、明日。
posted at 4/8 06:25:52


セレッソ戦まで2日しかないぞ!!


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

鍵は、かかっていた。 ~H/セレッソ戦 [Marinos *]

とか、代表のこと引っぱってるのは、リアルタイムで観戦むずかしい身だからにほかならず。現場に行かれる人は、一直線で前向けるはずだから、いい。 posted at 11:37:25
スポーツ紙とかスポーツ誌とかwebで、いやーな気持ちになったり、怒ったり、喜んだりするのって、とんだ徒労な気がして、できたマリサポ的予防線。とにもかくにも目の前の試合に4時間切った! posted at 12:25:51
試合が一番大事。(でも観られないけど・・・・ posted at 12:26:46
代表チームは誰が監督でも四面楚歌期間90%。Jのチームはめったにそんなことにはならない。 posted at 12:32:08
生活の一部だから。 posted at 12:32:33


************************************

20分すぎから、前半見れた。なにもさせてないのはいい。なかざー先生、気合いはいってる。攻撃は、ちょっと中途半端。丁寧にいくの?勢いでいくのか?
posted at 16:48:14

あら、たいじょ。はやめに先制しないとむずかしくなるなぁ。 では、後半よろしくお願いします>現地のみなさん。もぉ行かねばならない。
posted at 16:51:25

************************************

「完封だ!勇蔵ぉ!」に念が偏っちゃったらしい・・・・ごめん。まだ観られない・・・・。
posted at 19:09:04

ごめんなさい、ごめんなさい(涙)行きたい気持ちは120%です。ほんとごめんなさい。 posted at 20:22:54
@rtaf @KonpekikaraPeki いやぁ、でも、なんていったらいいのか・・・・くやしいんですよねぇ。今日みたいな試合に立ち会えてないということが。今日みたいな試合の動員が少ないってことが。 posted at 21:05:56



************************************

セレッソ戦に突入します。
posted at 21:06:17

あ、“会場音のみ”で。
posted at 21:09:37

ねぇーさん幕、発見!すごいところにっ!がむばりましたねぇ!
posted at 21:15:17

左頬の傷って、 いつからですか? posted at 22:27:52

観終わった。鍵はしっかりかかってた。シュート23本でノーゴールか…。相手が守りに徹したからこそ獲りたかったのねぇ。
posted at 22:53:32

@kacajoho そーゆーことっす・・・。 posted at 22:59:13



toricoballine3.jpg

数的優位になる前から、鍵はしっかりかかっていた。
鍵どころか、セレッソのシュート数3本をみてもあきらかなよーに、
攻撃的なチームに対して、シュートさえ打たせなかったわけで。
なんとゆーか「そーだろ?これが守備っつーもんだろ?」とゆーか。
失点はDFひとりの責任ではないし、
完封はDFひとりのお手柄ではない。

あのセルビア戦直後だったので、
うちのチームが日々あたりまえにやっていることが、際立って見えた試合であった。

シュート数20本(スカパー算出23本)。
これでシュート数/1試合は、またトップ更新だろう。
しかし、ノーゴールだった・・・・。
心もちパスの勢いとスピードが増しているし、より直線的になった印象。
山瀬のパスが強すぎて受けられないシーンは多々あるが、
全員のパスが山瀬レベルのチカラを持ってきているので、
だんだん「つ、つよすぎるよ、兄ぃ。」という場面も、この先すくなくなっていくのではないかしら?
でも、いかんせん人の動きがパスについていけていないとゆーか・・・。
Aサード前で失速も、経過とともに顕著になる。
スピードゆるんだ何秒かに、ゴール前を固められている。
まるで固まるのをこっちが待ってるかのよーな・・・・見慣れたシーン。
固められてからこじ開けられたら痛快ではあるけど、
なにもそんな難しいことに挑戦しなくてもいい。
速攻というカタチが極めて少ない。
動き出した味方前のスペースにボールを送るということが、ほんとに少ない。
走ってる味方を戻してしまうことも多々。
それで、固められる。
なんかそのあたりがもどかしい。
俊輔投入後、パスの長短勢いにメリハリがあるので、
チーム全体のリズムができる。

気の抜けた試合ではまったくなかった。
気持ちをゴールに繋げるための鍵は、まだポケットにしまわれたままみたいだなぁ。

ま、でも“近々”、な感じはする。

コメとかレポは読んでないが、
全員同じ方向を見れているかな?
和司さんにはまた「おもしろくない。下手くそ。」言われてるかもしれないけど、
きっと、近々だよ。

toricoballine3.jpg

俊輔は、ほんとしっかり治してほしい。
まずはそれだと思う。
なにをそんなに焦っているのだろーか?
南ア後も、サッカーは続くのだし、
ひとりの不調は、チームの成長曲線を遅らせることにもあるのよ・・・・。

なかざー先生は、気合はいってたなぁ。
足元たしかめたかったんだろーな。

勇蔵は、いわずもがな。
最初はセルビア戦とおなじような“かりてきた虎のコ”な表情だったけど、
だんだん目にチカラが戻ってきた。
そだよ、勇蔵。その目で、“先”を見つめ続けないと。
『横浜をサッカーの街にする』ために。

“待ってた”乾は、終始様子がへんだった。
表情もプレーも、どこか弱気な感じが。どーした?乾。
振り切って出て、自力で新横に帰ってきたのにぃぃぃ。

toricoballine3.jpg

入場者数15644人。さびしい数字ではある。
なんかよくわからないけど、くやしい。
私が行ければ15645人にはなった。
それぞれがいろんなものを抱えて横浜に帰ってきた試合。
だからこそ、(チームのために)勝たせたかった試合。
そういう試合にも立ち会えないことが、やっぱりくやしいのだ。

会場音のみでみていたが、
この中継の制作は日テレだったらしい。
いちいち“セルビア戦出場選手”みたいなテロップは出るし、
ボールが動いているのに、やたら選手のアップ抜きは多いし。
カメラワークからして・・・・引きづってるわけで。

でも、スタンドは違った。
2万に届かない試合のスタンドは、“濃い”し、ぶれている人は少ない。
華試合の派手さはないけど、
“信じて添っているサポ”が、トリコロールにはこれぐらいいる。
選手にもそれを感じてもらいたいと思う。
マスコミの誇大評価が介入しないところでの、
今のトリコロールのスタンダード・コア。

願わくば、この層がすこしづつでいいから増えてほしいし、
増やす試合をやりつづけてほしい。

toricoballine3.jpg

傷ついたつもりも、おセンチになってるつもりもさらさらなかったのに、
ねぇさんの幕と、トリコロールのピッチに立つ4番を観ていたら、
ポロっと、不覚にも涙が落ちてしまったことは、内緒です。



toricoballine3.jpg

ささ、(N予/磐田戦をはさんで)来週は山形です。
守るばかりか、なんだかゴール前虎視眈々と“繋ぐ”よーになってるモンテ。
年に一度のトリコロールタイフーン来襲。
年に一度・・・・・なのに、いろいろ重なってしまい・・
新幹線で30分のところにも、けっきょく行けないんですが・・・・・・ごめんなさい、ほんとに。
『横浜 こんなもんじゃねぇぞ』の続きを、ガツーン!とお願いします。

昨日は、春の匂いと風でした。
今週、桜も咲くと思います。


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

波を読む、つかむ、のる、そう。 ~N予選 磐田戦 [Marinos *]

すべりこみで視聴契約したからといって、リアルタイムで観られる時間ではないあたり(苦笑)。偽主婦&偽経理庶務には月-土16-20はムリよん。ナイトゲームが増える季節はストレスたまるわぁ。posted at 15:40:37
ま、そんなきほんてきなあたりでうなっててもしかたないので。posted at 15:42:09
現地ヤマハのみなさん本日もよろしくお願いいたします。posted at 15:42:36


テレビつけたら失点シーン…。でも、マリチャントが力強い。
posted at 19:17:28

なんかジュビロの勤勉さが目立つわぁ〜。一度離れるから追い付いておくのよ!
posted at 19:22:40

アナウンサー、40分ハーフと勘違いしてないか? &不安を煽らないでぇ、静かな声で。
posted at 19:42:20

どーしてこんなにミスるのだろか?プレスきつくて焦るから?
posted at 20:13:25

風強いから?
posted at 20:14:24

まだ25分あるじゃーん。落ち着けよぉ。急ぐのは残り5分でジュウブン。
posted at 20:20:31

よっしゃー!山瀬ぃ!これで落ち着ける。
posted at 20:22:02

図太くいくのよ。攻守とも!
posted at 20:23:23

風むいてきた。のれ!
posted at 20:24:39

小椋!ちょーあいしてるよ!
posted at 20:28:42

ビーコン連続鳴ってるけど、マリがたいへんで確認できん!
posted at 20:30:27

今日も22&10に足むけて寝れない試合。(ふだんから向けてません。
posted at 20:38:48

あと5分!
posted at 20:40:20

あと5分で負けててゆっくりしてどーする!さっきのせっかちモードをこれからださないと!
posted at 20:41:48

おわった。前半の状態のまま終わらなくてよかった。現地に行ったサポのためにも。
posted at 20:51:19

荒田、おもしろかた。
posted at 20:51:51

前半はともかく、試合の波をつかまえる、乗る、そう、っつーのは、どんなチームにも必要だよなぁ。
posted at 20:54:42

ヤマハ遠征のみなさん、気をつけて帰浜ください。
posted at 20:56:28



toricoballine3.jpg

「もぉぉぉぉ! 止める、蹴る、走るからお願いします・・・・・・。」の前半から、
小椋の投入、山瀬のゴールで流れをつかめたのはよかったこと。
ゴール後、極端にミスも少なくなって、
ますます「なんだったの?前半・・・・」だったけど。

どんなにチームのスタイルがしっかりしてるチームでも、
いつもいつも自分たちのサッカーができるわけじゃない。
ほんと、
『今どんな流れで、どーするべき。』が瞬時瞬時に判断できるチームは強いと思うの。
得意なはずっ! かもめだものっ!

本日のMVP! かっけーよ! お ぐ らっ!
100414.jpg
いつの間にか、代えのきかない選手になった。
なんか、あたりまえになっちゃってた。

toricoballine3.jpg

ジュビロは、湘南戦とまったく違うチームだった。
なんなの?あの鬼プレス・・・・。
もしかして、いい積み重ねできちゃってるのねん。
那須君、がんばって。
荒田は、ジュビロのFW!って感じ、する。


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

外を観たほーがいい。 (昨日の追記みたいなもん。) [Marinos *]

憲剛復帰!城南戦で!(うるっ。よかったのぉ。走ってるよ〜。posted at 23:28:13
こーゆーとこ、ほんと憲剛はサポの気持ちくみとるよねぇ。posted at 23:44:55
完勝おめ!あと1試合、人事を尽くして突破してほしい>川崎。posted at 23:51:03


昨日といい今日といい、いい試合多かったACL。ギリギリの試合するのは、伸びますよ、やはり。あーほんとに出たい。いや、出ないと、まずいでしょ?きついのわかってるけど。
posted at 23:53:47

磐田の鬼プレスに、“止める、蹴る、走る”がまともにできていないとゆー前半。まったくリズムができなかったとゆー。「なにをあわててるのよ。」とゆー。テレビなんで、現地の印象とは違うかもしれませんが。@darutti
posted at 23:58:12

でも、小椋投入と兄のゴールで波掴みかけたんで。無駄な負けにはならないはず。いや、してもらっては困るわぁ。
posted at 00:00:25

あともう少し早く修正できてれば、同点、逆転できたかも(まさにたられば
posted at 00:17:00

(うちがまさにそーだったよーに)あの鬼プレスを90分続けるのは至難の技だし。なのに、気持ち的にまずあおられっぱなしの時間が長かった。
posted at 00:19:56

プレスが緩んだところで元祖・まむしのしつこさ。できれば交代ではなく、ピッチ内で読んで、必要な仕掛けを試して、流れ変えられる修正力って高度な要求かしらん…
posted at 00:22:42

すいません、テレビ観戦なのに強欲で。おやすみなさいませ。
posted at 00:24:04

(「負けると思わなかった」とか「○○に負けちゃ・・・」とか・・・・思っちゃってるのが。足元みよう、長年中位。信頼と過信、愛情と驕りは別物だと思うのよん。)
posted at 12:34:31

toricoballine3.jpg

この調子で山形に乗り込んできたら、
また「モンテに負けるとは思わなかった」とか、なりそー。
それでは、去年の三ツ沢対決“都会のねずみといなかのねずみ”ショックから何の成長もない・・・。
『横浜、こんなもんじゃねぇぞ。』を見せるなら、相手への敬意は必須。

あの時も思ったし、最近もよく思っちゃうんですよ。
「いつまで驕り高ぶって内いちゃいちゃしてるの?」と。
自分ちのコはそりゃかわいいし、強くなってほしいし、勝ってほしいのはあたりまえだし、
そのために、試合観てるときは、90分信じて見守る。
でも、
期待すればするほど、「をぃ」というプレーにはため息も出るし、怒りもでる。
それがあたりまえだと思う。
それはマイナスの空気とまた違うものだと思う。
昨日の前半、「バカぁぁぁぁ!」と、TV前で何回言ったかわからない。
何回ため息ついたかわからない。
それは他人事の批評とは違う。
前を向いた“ばかぁ!”は、愛情がなきゃ出てこない。
どんな試合でも「いいよぉ、いいよぉ」とは言ってられないのよ、正直。
ため息つくのも許されない観戦なんて・・・息苦しいです・・・。

ここ2試合、22番と10番の意識の高さは群を抜いている。
あのセルビア戦後、です。
外で痛みを知ってきた選手

勇蔵は、出しどころを悩んでいるようにも見える。
「そうだよなぁ、一緒のピッチに立ってたんだよなぁ。」
途中から違う道を選んでいった選手との対戦は、外の今を痛感させる。

シーズン頭のチームごと大転倒の相手に完勝したフロンターレ。
そのピッチには、
うちではしばらく見せなかったいきいきとしたコミがいた。
憲剛離脱後、穴をうめて結果を出してきた谷口。

正直、ものすごい悔しいわけです・・・・そーゆーの。
それとともに・・・
そこまで選手を高見に連れて行ってくれたクラブに感謝もする。
でも、その何倍も、やっぱり、悔しい。
出て行ったヤツをなつかしんだり、
うまくいってるチームをうらやましがるために外を観るのではない。
外を観るのは、自分たちの立ち位置を知るため。
「もっとできる」を信じるため。

100415.jpg
今こそ、外を観て自らを知り、奮起!
ピッチもサポも。

他のチームで台頭してきた18~20歳の選手たちとは、
学や金井もどこかで対戦してきたはず。
マリタウに日参して自分の目で見守り続けた人たちは、
私なんかよりぜんぜん“くやしいなぁ”と、感じると思うわけで。

テレビ観戦者が、ほんとーにすいません。
でもね、離れたから見えちゃうこともやっぱりある。

「批判めいたことは言わない、表現しない。いつでもうちのチームが№1! 褒めて後押し!」というスタイルを貫く人がいてもいい。
でも、
『横浜、こんなもんじゃねぇぞ。』と言うためには、
外の今と、自分たちの立ち位置も知っといたほうがいいと、
ACLのギリギリの試合や、22番・10番の強さ、
モンテのここ最近の(たぶん開花寸前の)成長を見ながら思うわけです。

なにより、“試合は相手あってこそ”。
相手の長所や強さを知って挑めば、もっとリーグは楽しめる。
(ちょっと前「じゃ、リーグ脱会して紅白戦してればいいじゃん」と思ったクラブも伸びている。)

新幹線で30分のところの試合にも参戦できないし、
今週末は試合時間と突発仕事が重なり、テレビでさえリアルタイムでは観れませんが、
 『横浜、こんなもんじゃねぇぞ。』 の結果を信じて待ってるし、
試合後、「モンテに負けると思ってなかった」みたいな空気は・・・・・ごめんなので、
老婆心とはわかりつつ、
エントリあげさせていただきました。

真正面から戦う気で、遠征どーぞ。


コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

木村和司の気概 ~A/山形戦 [Marinos *]

突発仕事とか入って、TVもブツ切れで観たので、ひろえるよーなつぶやきもないけど。

やたっ!勝った!
posted at 15:53:24

とっとと売り切って戻って、サカティのゴールに間に合った♪派手さはないけどvs山形にこのしぶとく1-0というのはよかったと思う。
posted at 15:56:36

また、夜中に全部観る。俊輔→サカティ(涙)。これ、観たかったのぉぉ。サカティというやつは・・・ことごとく私が行きたくて行きたくて行けない試合でゴールする。ジンクス健在。
posted at 15:58:49

*************************************

山瀬、伸びてるなぁ〜。ここに来て、俄然。
posted at 10:46:37

勇蔵は、バランスとることに意識がいってるようにみえる。移籍したての佑二がそうしてたよーな。
posted at 10:49:04
それでいいんだと思うよ、今は。そこ続けてたらザ・勇蔵リアルが浮き上がってくるたぶん。

ふん、ふん。後半の観直しはお昼ご飯準備終わってからね。浦和-川崎はリアルタイムで観られるかしらん。
posted at 10:52:29


流れの中で目に見えて成長があったかというと、そーでもなく・・・。
感想的にはほとんど この時 とかわりなく、
モンテ的には「粘ったのに、俊輔の1本にやられた」だろーけど、
ま、その通りとゆーか。
しかし、フラストレーションたまってないのは、
勝点3という薬と、22番と10番が浮いて見えない意識の高さは保った試合だったこと、かなぁ。

パスが足元足元でコンマ秒、ゴールに進むのが遅れるのはあいかわらずで、
「ボールないところで走ってんのサカティだけじゃんかぁ・・・・もぉ。」
一昨年の息つまりそーだった時期も、そのサカティの走りに救われたのだった。
せっかくあんだけ走ってるのだから、
俊輔から絶妙パスとかたくさんほしかったのだけど、
(個人的には俊輔の移籍で一番待ってたカタチだし)
ま、セットプレーも、俊輔とサカティにしか共有できない空気があってのものだったのかなぁ、とゆーものだったので。
デヴューゴールも俊輔アシストでふてぶてゴールを決めているのだし、
スタイル的にも合わないはずのない2人です。
今後に大きく期待。
後ろでバランスとるのが勇蔵なら、千真も今季はちょーバランスとってる。
止めても出してもうまいのだけど。なんかな、そこが千真の真髄ではないとゆーか。
「ごりごり行かせてやりたいなぁ。」と思うのねん、やっぱり。

シュート数も少なかったし、テンポも終始モンテテンポだったんだけど、
モノにできたことは大きい。
なめてかからなかったことは、わかる。
「勝ってとーぜん」とゆーよーな(言うなよ、そんなこと。はずかしいったらありゃしない。)内容ではなかったことを直視して、
ホームでやる時は、“圧倒的な『こんなもんじゃねーぞ』”を観れるといいなぁ。
モンテのランクアップは、すこしづつなんだけど1試合1試合確実になってきてるから。
(田代はちょっと気負いすぎたかもね。
まぁ、長谷川不在の中、3試合連続ゴールで牽引しているわけで。。
鹿にとどまるよりは、圧倒的にチームの一員としてのやりがいはかんじてるだろうし。)




toricoballine3.jpg

試合については、そんな感じ。
なにせブツ切り観戦。しかし、ブツ切りだったから周りのことが見えたとゆーか、
考えること多かった。

お昼のニュースによると、サポーター有志も一緒になって雪かき作業してくれたみたいです。(はは談)
posted at 12:41:42

『雪かきしてくれたモンテサポ有志のみなさん、ありがとうございます。よい試合を期待していますぅ。』在県マリサポより。
posted at 12:56:40

@sono69 雪どけないとスポーツできないし、雪おろさないとおうちがつぶれる。死活問題でつ。今は昔ほどではないけど。(よく雪の田んぼを走らされたわ・・・フィジカルトレーニング。)でもホスピタリティ感じますねぇ、ホストチームとして。冬開催になんかなったら毎節雪かきです。
posted at 22:19:45

勝ち負けとゆーか、ホームの利を考えたら、
ピッチに雪残ってたほうが、モンテに有利だったかもしれず(そーよぉ)。
それでも、3~4時間もかけて遠征に来てくれるチームとの試合を、『できるだけいい環境で』という、モンテの姿勢。
それに対して、和司さんのコメント
このコメントの中に、“木村和司の譲れないもの”が見える。

なのにあんまりぱっとしない試合をしてもーしわけない。言ってました。さすが国産プロ1号な発言。 RT @sono69: で、和司さん。すてき。 RT @merinoraichi: 和司さんが、ピッチ整備に感謝を伝えています。
posted at 20:23:39

今回の遠征メンバーをはずれた選手がジュビロ戦で“さぼっていた”とは思わないが、
やはり国産プロ1号選手には、甘く映っていたのだろーと。
大好きなサッカーで食べていくこと、家族を養うこと、観客を喜ばせること。
「楽しみたい。」
和司さんは、元国産プロ選手1号の気概をもって、 “第一の観客”としてチームを観ているのだと思う。
どうすれば、観客を楽しませられるか、どんなプレーに観客は落胆するのか。
自らが楽しむために、観る人をより楽しませるためにできること。
トリコロールで和司さんがやりたいことは、きっと、その一点に尽きるのだと思う。

整った環境、毎回10000は越える動員。
トリコロールのフラッグが舞い、トリパラが回り、
トップで結果を残した残していないにかかわらず平等に(?ちょい毒)愛情をもって貼られる横断幕。
日々の練習をも、温かく見つめる眼。
それが、あたりまえだと思ってしまうのは、選手にとって良薬にも麻薬にもなり、
どうとらえていくかは、やっぱり選手の姿勢しだい。
Jの選手はよく教育されているから、
「ファンのために、サポのために、観客のために」とは、よく聞く。
しかし、それをどれぐらい身にしみてわかっているかということ。

和司さんが譲れない“確固たるプロ意識”は、 どんな戦術よりも、クラブの礎となりえる
しなくてはいけないモノなのではないかと思う。

昨日、遠征に来た選手は、この風景に何を感じただろうか?
TVでこの風景をみただろう遠征に来られなかった選手は?
100417.jpg
雪かきをしなくても、1試合を心待ちにする観客の気持ちは、同じ。
みんなチケットを握り締めて、タオマフを巻いて、その90分を待っている。
それは、横浜も山形もかわりないのだよ。
今は、なんとかTVで観るしかない私でも、その気持ちは同じだと思っている。
そして、(いつになるかはわからないけど)また、再会できる時、
その気持ちは何十倍、何百倍。
目の前の1試合は、選手にとっても観客ひとりひとりにとっても、『二度とない試合』二度とない時間。

すべては目の前の90分のために。

【追 4/19】
ま、間に合わなかったんだ・・・・・・。(嗚咽・・・。


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

プレ鹿的つぶやき [Marinos *]

4/20************************

5年ほど前はへーきで“鹿狩り”ゆーとったのだけど、言わなくなった心理を探ってたら…もぉ眠い。単に、飽きたのだな、たぶん。
posted at 01:08:39

あまりにごりっぱになりすぎて、狩るほどケモノ的な感じがしなくなったから?とか。いや、いつでも負けたくないチームではあるけども。
posted at 01:14:24

今日火曜日?鹿試合みなくちゃぁぁあ。
posted at 15:40:30

マルキーニョス、今週出停明けなのか・・・・・。いゃーん、はりきって来ちゃう。
posted at 21:21:41

野沢だよ、野沢。
posted at 21:31:12

気をとりなおして、後半はしっかりみるぞ。鹿島-広島。
posted at 22:06:13

はっきり言って、 “胸を借りる”姿勢しかないわけで。ただし“ハイパー隙つきサッカー”だけに、隙だけはみせたくないわ。
posted at 22:17:11

その上で、逆に隙ついたゴールをとれれば「してやったり」なんだけど、そんな大人チームでもないから、いっそじゃれまくってやれ。
posted at 22:21:14

フェリペ・ガブリエル。名前からして城とかもってそー、中世からの。
posted at 22:25:10

セットプレーはなぁ、序盤は野沢のほーがこわい。オガサは終盤(セットプレーじゃなくても)こわい。無駄なファールは厳禁。小椋、裕介、金井あたり。
posted at 22:29:20

チームとして好調ではないよーな気はとてもする。でも“なんとかしちゃう”マルキがいないからな、この試合。
posted at 22:34:20

細かくてせわしない相手は得意ではないと思うの、あいかわらず。湘南戦とか川崎戦みたいな波に乗れればなぁ。(まぁ、あれがやれないから今くるしいんだけど、どこ相手でも。
posted at 22:37:09

直線的でおっきいアップダウンの攻守が繰り返すと鹿ペースに持ち込まれる。横に細かくどれぐらいゆさぶれるか、のよーな。ただ細かいと野沢だけは調子あげるから。別リズム…。
posted at 22:40:29

興梠相手に飛び出しすぎは危険ぞ>飯倉。
posted at 22:57:08

おわた。しょうじき頭の半分なかざーセンセに支配されててちゃんとみれていないわけで。
posted at 22:59:12

マツ…、まだムリなのかしらん。千両役者@鹿戦。
posted at 23:18:39


4/24************************

試合ある日は気が気じゃないな・・・まして、見られないとなると。夜中かなぁ。きっと結果見ちゃう。“奇跡のちゃぶり”(byゆっきーな)を! いや、1試合のみの奇跡ではこまるんだがな・・・
posted at 09:40:49

(う~ん・・・ジャイアントキリング臭報道なんだな・・・やっぱり・・・)いつからこんなにジャイアントキリング思考が強くなったのか?うちのチーム・・・・。
posted at 09:43:26

@who_nya やっぱり俊輔vsオガサなんでしょーか? 逆にGW入ると減る動員@大都市
posted at 15:42:14

新横、盛り上がっているよーだね。そろそろ私はお魚買いに。
posted at 15:43:35

観てぇぇぇぇぇぇぇええええぇぇぇ!けど出勤です。現地のみなさんしあわせを噛みしめて、よろしくおねがいいたしますっっっ!
posted at 16:52:52

つか、マリノスクラスタのみなみなさま、ライト層の観察しすぎです(笑)。飲まれると気が散るので、つられないでいつもどおりのモチベで牽引してくださいね。
posted at 16:54:46


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

いわゆるこれが王者のメンタリティ ~H/鹿島戦 [Marinos *]

リアルタイムに遅れること5時間、鹿戦観終った。決して悪くはない。でもこの点差は事実。鹿の強さとうちの現在位置。しっかり覚えておく!
posted at 00:06:49

次節観戦のために早めに感想をまとめたかったのですが、限界す。6日間の疲れがどどーんと…おやすみなさいませ。TLも追えないわぁ。
posted at 00:10:52

まぁ、去年みたいに「あら?勝ち越しちゃってる」よりは実になるかもしれん。いや、実にしろ!
posted at 00:26:39

****************************************

《録画観戦前後、夜中に某ねぇさんと交わしたメール》

「ちゃぶられましたか?」
「というか、普通に力負け。王者なかんじしました。」

「すごくハードル低く観ちゃってますが(笑)、試合にたいする姿勢的なものが、ちゃんとはしてた。
鹿相手というのもあるんでしょうけど。格下と見るとまた崩れる、まぁそこが弱いとこ。
なんというか、 「優勝や頂点を掴む過程を知らないチームになっちゃってるんだなぁ~」って。鹿と比べると。
やってることは、やろうとしてることは大きく変わらないのに1-3になる。25本撃って1ゴール。“狙いすまし方”に差がでる。
鹿の選手は、このワンプレーがどう勝点3に繋がるか、この勝点3がどう優勝に繋がるかを、同一線上に意識できているような気がします。 だから、優勝、優勝言いながら、目の前の1本をしっかりやれる。
 その差が大きく、1-3。
内田には、代表のことより鹿島のタイトルの方が大事なんだと思う、なんか、そんなとこです。
うちで今、それをできてるのは、山瀬と勇蔵ぐらいだと思うんですよねぇ。」

****************************************

【ボール支配率】横浜:57%/鹿島:43% 【シュート数】横浜:20本/鹿島:10本 でも結果1-3。

序盤から鹿につられたかのよーな大振り展開。
千真のゴールで追いついてからも、というか最後までゴール前までの展開は1-3の差はないよーに思う。
千真の虎の子ゴールまでの展開とか、よかったと思うし。
(決して調子よくない)俊輔の視野の広さと波戸君のいぶしな粘り。
2人ともベテランらしく、“らしさ”とか“めざしてる”とか以前の「今、ゴールのためになにを選ぶか」の展開。
で、それを千真が押し込んでる。
(まったくマークをはずさない「さすがだ」と思った鹿DFを背負って。)
ゴールに繋がる展開の“濃さ”。
それがゴール数の差。
2点めのオガサなど、それにつきる。
それでも、
61分までシュート11本だったのだから、のこり29分で9本、“シュートは”打ったわけだし。
が、シュート決定率1/20と3/10がそのまま結果。
まだまだ“数うち当たれ”で止まっちゃってるチームの現状。

絵に描いた“優勝目指します”大風呂敷をひろげるチームと、優勝という成功実体験を3年連続続けているチーム。

「鹿はずるいなぁ~」といつも思う。
“らしさ”が勝利主義。勝つためなら戦術だデティールだは二の次にさえする。
“らしさ”がカタチではなくスピリット的なものであり、まったくもってシンプル。
なんだかんだと言葉を並べるよりも、ピッチ内クラブ内スタンドまで浸透しやすい“らしさ”。
まずそこありきだから、なにがあってもあんまブレない。
勝つためなら、カウンターも隙突きも受けて立つ展開もまったく正統。
しかし、鹿はどんな格下もなめてかかったりはしない。
それが王者たる姿勢で、その緩みがどれだけ危険なもの(勝利への障害)になるかも知ってるから。
(昔ばなしになるけどね、02-04あたりのトリコにもそういう姿勢は垣間見れたのよ。)
まったく恥じも外聞も越えたところで勝利一点にしがみついてきた歴史は、ただものではなく、
それがそーとーな高見に差し掛かってしまってる。
3点目入った直後から、鹿のシュート数はまったく増えていない。
全員が守りに徹した。
しかし、その守り方が、他のチームやかつての鹿の必死でガチガチの守りとももはや違う。
“引いた相手を崩せない窮屈感”をこっちがさほど感じなかったのも、
鹿DFがうちの攻撃を泳がせていたからで。
あの自信に満ちた選手の距離感・・・・・・・。

TV観戦者なのにすいません・・・・。
しかし、ここ10年鹿を“別格の敵”としてきたスタンスの私にとって、
この試合は、「なんか、ものすごい差が開いちゃったよなぁ~」を、実感しちゃったので。

鹿の“らしさ”が勝利主義ならば、うちの“らしさ”にあたいするスピリットはなんだ?
トリコロールの伝統は、一新した積み重ねをはじめたのでしょう?
(それを探って探って、ここ6年仕切りなおしを繰り返してきたのでしょう?)
差がこれ以上開くより、縮まる可能性のほうが高い。そう信じてる。
次は10/24。
試金石試合に戻った鹿島戦。
まったく心が折れたりも、下を向いたりもしていないんだが。
だって、「どこにいるのか」がよくわかったからね。
道の途中、道の途中。
また、追い越せる日がきっと来る。



toricoballine3.jpg

朝からモンテのロスタイム逆転劇。田代だったかぁ〜。おそろしいね、鹿DNA。
posted at 10:04:17

王者のメンタリティは挑戦者のメンタリティにも化ける。
うちの今は、かなしいかな“中位のメンタリティ”・・・・・か?。
過去王者、名門の名から抜け出せず、挑戦者にもなりきれない。
だいたい、今のうちに格下など存在しないのではないのかなぁ・・・・・。
とゆーよーな認識を、
スタンドもTV前も考えてみたい今日この頃。

****************************************

W杯直前のリーグ戦という部分での、
いわゆる不安定さも勝敗を分けた一因ではあると思う。
そこはまた、別エントリで。


コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

W杯までまだ4節も、ある。 [Marinos *]

スカパーさんが今季から(一部チャンネルをのぞき)、“会場音のみ”という音声を作ってくれたので、
この頃のリーグ戦は、マリノス試合に限らず“会場音のみ”で観ている。
まぁ、こーゆー理由と、
とにかく実況が「ワールドカップ、わーるどかっぷ、代表、代表、」うるさすぎるから。
(私内3大実況は、そんなでもないんだけども。)

「どーにもW杯イヤーという実感が薄い・・・」とメールすると、
「ホームゲーム前日なのにわくわくしないのはなぜなのかしら?」と返信をいただく。
なんとゆーか、チームサポの心境って今そんな感じがする。
でもって、その心境は、過去2大会よりも顕著。

なんとゆーのかなぁ・・・・・もぉ「代表・・・・めんどい。」って域に突入している私。
そう思ってる人も多いのかも。理由はばらばら人それぞれだろうけど。
私の場合、なにがめんどくさいって、
代表の戦績とかよりもまず周りとゆーか・・・代表の四面楚歌っぷりにうんざりしてるわけで。
ハナっから『ベスト4』を否定しているアンチ岡ちゃん派とか(何に対しても否定から入るタイプとか)、
「J見てる人が見限るのはなんだかおかしいと思う今日この頃」というのは、
“サポ乙女心の師匠”からいただいたメールですが。

***********************************

そんな中のこれ↓でした。

いわんこっちゃーない…… RT @marinos_bot: 横浜M中沢ダウン 体調不良で練習欠席 - デイリースポーツ #Yokohama #fmarinos http://bit.ly/aqbgbR
posted at 4/20 21:36:09

2年近くも断続的にキリキリしてたら、体調不良にもなるよ…。だましだましやってる場合ぢゃないんじゃーないのかっ?
posted at 4/20 21:42:01

あの“マリノス愛”移籍騒動前後から、なんかずーっと心配は心配であった>キリキリ。心配を通り越して、憎く思えることまであった…ばか…。
posted at 4/20 21:47:09

背負わせるには、真面目すぎる性格なんですよ…岡ちゃん…。抜いてみるとか緩んでみるとか、やれないんだもの…、たぶん。マツみたいなのが肩並べてないと、視野ピンホール…
posted at 4/20 21:53:28

なんか…バカヤロウとしかいいようがない…。中澤サンタやれるテンションになるまで休んでいいよ。と言いたいが、休まないだろーなぁ…
posted at 4/20 22:00:10

「さすがに今週(鹿戦)は休むだろ?」も心のどこかにあったのですが、
スタメンみた時に、「あ~、やっぱりね」みたいな。
それでハーフタイムにこの告知を自らやってるVを見て唖然としてしまったわけで・・・・。
あんな憔悴しきった22番はドイツW杯直後以来かもしれない・・・。

『ベスト4』を信じることが“ばっかじゃないの”みたいな風潮の中、
岡ちゃんは言い続ける(これはあたりまえ)、
そして信じてここまでやってきた中澤や俊輔は、本大会を前に疲れ果てている。
それをもろかぶりした感のある我がチーム。

代表サイドや岡ちゃん、ましてや中澤や俊輔本人がどうのという問題はさておき、
こうなってる現状は、クラブの姿勢にもあるんじゃーないかと・・・・。

***********************************

『Foot!』なう。福ちゃんいわく「(W杯を前に)バラつきを感じます」…ものすごいわかる。
posted at 23:00:16

いつもは欧州中心にやってる『Foot!』の#33はJリーグ特集で、
(ものすごいいい番組だった。あのタイプのJ目線番組をコンスタントにやってほしい。)
倉敷さんに今のJリーグを問われた福ちゃんが言っていた。

まったくそのとおり。
代表発表をひかえ、代表候補選手自身と候補選手を抱えるクラブの姿勢のバラつき。

中澤や俊輔と同じく、本大会を直前にして調子を崩したり怪我したり憔悴しきってる選手は多い。
じゃ、ヤットや橋本を抱えているガンバはどうだ?
休ませて(まぁ、出られないという状態もあるだろうけど)、ACLを勝ち進み、
代わりに出ている選手が苦しみながらもリーグ戦を戦っている。
怪我した憲剛やナオは、
マスメディアが騒ぐように“代表選出”に間に合わせたのか?
私にはそう見えない。
川崎というチーム、東京というチームの一員として復帰してきた。
(代表云々は、副産物的。)
そして、昨日の鹿島。
内田や岩政、オガサにとっては、代表よりも目の前の勝点3、鹿島のタイトル奪取のほうがあきらかに重い。

どういう経緯で、佑二や俊輔が出続けているのかはわからない。
もちろんいちサッカー選手としての実力を考えれば、スタメンは当然だが、
あの状態で試合に出す・・・・・。
そんなに代われる選手がいないのか?
(そのうえ、GW動員の広告塔・・・・・。)

中澤と俊輔を見てると、
「ここまできて尚もそんなに焦るのはなぜだ?」と思う。
そりゃ今回の代表を背負ってきた2人にとって、本大会は重要なのはこっちも承知している。
(02年の落選の時には、私だって泣いたのだ。)
しかし、W杯が終わっても、マリノスのリーグ戦は続くし、サッカーはなくなりはしない。
2人には、今だからこそ南ア後のマリノスにおける自分をイメージしてほしいと思う。
その線上に、南アがあるという捕らえ方が、今の2人には必要だと思う。
『横浜で戦う覚悟はあるか?』
中澤や俊輔を見ていると、時々代表に強烈な嫉妬を覚える とともに、
愛情あまって「そんなにマリノスは・・・戦い甲斐がないか?」と、毒も吐きたくなるのよ・・・・ごめんなさい。

そしてクラブには、
目の前の動員やクラブの人気よりも、
5年先、10年先のことを考えた道をその都度選びとってほしいと思う。
その視野を持たなければ、
中澤、俊輔の本当の意味での在籍価値は、ない。
シドニー~日韓の頃、よく思った。
「うちは、代表準備クラブなのかよ・・・・」。
同じ道を繰り返す理由は、まったくわからない。
代表級の選手を補強するのではなく、
はえぬきから、うちで育った選手から代表を出せるようになる。
少なくとも私は、そこに向かっていると思っている。

リーグ戦はリーグ戦、W杯はW杯。くっきり切り替えてお願いしたい。
「W杯まではとりあえず」みたいなマスメディア売りの空気はクラブから一掃しないと、リーグ戦の楽しみを削ぐし、
私たちが週末観たいのは、代表組のウォーミングアップではないのです。

posted at 4/23 23:37:11

なぁーんてことを言ってみちゃうと、あの時期に宮本はずした西野さんは正しかったなぁ~と、いまさら。
posted at 4/23 23:41:43

ここ最近の、マツ恋しさはなんなのだろか?復帰、待ってる。
posted at 4/22 13:01:55

Jチームサポーターにとっては、
W杯は“おまつり”、リーグ戦は日常。
W杯をW杯らしく楽しむためには、基盤なしには楽しめない。
選ばれて代表に向かう背中を、
『僕たち(Jリーグ)の代表』と観れなければ・・・・・W杯など楽しめない。


W杯初戦まではあと50日。
しかし、磐田戦まではもぉ6日。

うれしいことに、セルビア戦で戦った4番と10番は、それをわかっていると思うのだ。
外を見て、外を知って、トリコロールのピッチに心を置いて立つ選手。
アピール?そんな生半可なもんじゃない。
自分には『ここしかない、ここがなければなにもはじまらない』という覚悟。


ひさしぶりにえらそうなきつい言い方をしてますか?
ひとりぐらい言っちゃうヤツがいてもいいかと・・・・・。

タグ:マリノス W杯
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。