So-net無料ブログ作成

get the crown! tricolore! 2009 [Marinos *]

get the crown trico.jpg

toricoballine.jpg

ガンバvsレイくん、拝見しましたよ。
“アジア最優秀監督の目にも涙”っつー・・・・。
“はじけるヤット”的な・・・・・。
ACLに再度いくべき準備のあるチームだったのだな。
さすが、“ダンナ連”とゆーか・・・あそこはひとりひとりが大人だな。

「あそこにいたかもしれないのに・・・。」と、
決勝ホーム側チケ握ってTV観ていたマリサポの気持ちを、
おくみとりいただきたい・・・・。


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

F・マリノスのために。ver.2009 その1 [Marinos *]

2009trico.jpg


新年早々、斉藤“クチタチ”ちゃんから、
「ものすげーきびしいんっすけど、がんばりますぅ。」的年頭のごあいさつがあがってます。
『本年は全ての活動についてゼロベースからの見直しを行い、クラブ経営の効率化を加速し、 クラブの総力を結集して取り組む所存であります。 その結果として皆様にはご不便をかけることもあろうかと思います。』
斉藤ちゃん・・・・ご不便などぜんぜんいいんですよ。
“効率化するところを間違わないで”下さいね。
ピッチ上が第一です!
横国7FやSブロック封鎖とか値上げとかは、いたしかたないかもしれませんな。
それで、選手のこれまでに近いペースが保たれるのならば、
サポならば誰もブーブー言わないと思いますよ。
『この苦境を乗り切り生き残るために、』 ここに、背筋がぞわっとしました・・・。
とにもかくにも、“存続第一”。クラブの最低限の命題は“続けること”ですから。

toricoballine.jpg

この大不況が、“親離れ”のいい機会になるんじゃないでしょーかね。
さすがに、プライマリーのある追浜でまで、340人もの解雇となっているわけで、
それなのに、『これまで通りのサポートを』は、ちょっとムシがよすぎる話です。
(ま、企業内の“埋蔵金”がどれぐらいのものかは、知りませんが。)
クラブが、どれぐらい自立の道をちゃんと考えてきたのかが、問われる年にはなります。

私自身は、マリノスが日産色の強いクラブであることを、
恥ずかしかったり、後ろめたかったりしたことはないですし、
生まれ故郷にいる頃、まだJ創立前から、
和司さんの短いパンツに「サッカー」を教えてもらった感じなので、
むしろ、マリノスが日産の系譜にあることは、誇りに思っているぐらいですし、
胸に『NISSAN』の文字がなくなったりすることだけは・・・と思います。
日産自体が、サッカーに、マリノスに理解や愛情があっての出資と信じてますし。
けどねぇ、“頼りすぎ”は、否定できないんだよなぁ・・・。


『サッカー批評』のこの号は、このオフシーズン、
どこのクラブも厳しいシーズンをむかえる今、たいへんよい読み物揃いでした。

この中に、2007年の各クラブの収支が載ってます。
具体的な数値は、興味のある方に見てもらうとして、
(あまり赤裸々になるのもイヤなんで。)
営業収入額は、浦和に次いで2位なんです。
(金額にはおそろしい差がありますけどね。)
しかし、その53%半分以上が広告料収入、
いわゆるスポンサー様から入ってくる金額。
これは、額でいうと、J№1なんですよ。
この割合、名古屋も61%と非常に高い。
しかし、浦和は約30%。
そーです、ここは入場料収入が、広告収入を上回っているので。
ま、わかっていたこととはいえ、
自動車関係クラブは、実際、ほんとーに厳しいことになっていくわけです、09年。

toricoballine.jpg

まぁ、しかし、厳しいとはいえ、
昇格してくるモンテなどは、うちの営業収入の10%、浦和の6%でやってるわけですから。
(水戸など、もっとたいへんです。)

動員収入からいっても、そこまで一気にとは、
(希望的観測として)考えづらいですが、
選手もサポも、“いたれりつくせり”のホスピタリティをあたりまえと考えてると、
とてもブルーになる09年かもしれないです。






コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

F・マリノスのために。ver.2009 その2 [Marinos *]



年末から、実家に帰っていますが、
地方TVや新聞は、モンテのJ1での今季の勝負を、ことのほか大きくとりあげています。
08年の県内10大ニュースの一番が、『モンテ悲願のJ1昇格』ですし、
元旦の山形新聞のスポーツ別冊の表紙も、
こんな感じ。09-01-01_20-32.jpg
しかし、県全体が盛り上がっているのかというと、そーとも言い切れず・・・・。
上の新聞には、歴代番記者の対談からのモンテの歴史や、『小林語録』や、
なによりJ1で戦う心構え的なことが、総力4pです。
財政的に、J1でモンテが戦うことがどんなに厳しいかは、多少触れてありますが、
たぶん、これでは、ずーっとJリーグを観ているマニアックなモンテサポぐらいにしか、わからないと思うのです。
エース豊田の移籍も、一般的な県民は知らないかもしれないです。

目標は、はっきりと『J1残留』です。
ずーっと見守ってきたサポには、J1でモンテらしく戦って、残留することの意味はよくわかるかもしれない。
でも、シーズンがはじまって、
県全体をひきこむ“なにか”と、その“伝達方法”を、クラブや県内マスコミは、
考えていかなくてはいけないのだと思う。

レッズのファンとかは、当然県内にもいるはずで、
対戦した時に、「ほらなぁ、やっぱりかないっこないんだって。残留、無理無理。」みたいなことで、
観戦終了ぉ、のよーでは、ほんとにきびしい。
結果はともかく、「けっこうやったじゃん、モンテ。」と、地道に地道に人を引き込んでいくことが、
たぶん命題だし、やりがいなんじゃないかと思う。
だから、1試合も気の抜けた試合はできないと思う。

同新聞の中に、興味深いところがあった。
歴代の降格チームの共通点として『なんらかの“トラブル”を抱えた点』と。
「そーなのよねぇ・・・・まじで。」です。
『山形のような小規模クラブにとって、フロントと現場が共通理解を持ち、 明確な方向性を打ち出すことが残留への最低条件となる。』
と、その記事はしめくくられていますが、
これは、残留に限ったことではないのではないかと、
09シーズンは、どこのチームも、ここを確固としないと、
逆にサッカーが楽しめなくなってしまうのじゃないかと。
フロントや選手に限らず、サポも含めて。

もちろん、マリノスもです。




toricoballine.jpg

余談ですが、新聞の下の欄には『でん六』様の「モンテディオ山形を応援しよう!」が。
09-01-01_20-33.jpg
“でん子ちゃん”も“でんちゃん”も、モンテを応援してくれている。
でん六様は山形の企業です。
平田牧場様は、あの有名な三元豚の企業。
お米が胸だし、
ユニスポンサーだけでも、山形の食糧自給率の高さが。

チーム名の件や、J1サポを迎えるスタジアムの準備とか、
モンテは、開幕まで、ほんと、息つく暇もないかもな。
マリサポの私ですが、陰ながら、見守りたいと思います。


コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

F・マリノスのために。ver.2009 その3 [Marinos *]



(モンテの話で、しばらく間があいちゃいましたが、)
2009シーズンを戦うにあたって、
クラブに関わるすべての人の“当事者意識”が大切になってくると思ってます。

クラブスタッフはもちろん、選手も。
はっきり言ってしまうと、
「とりあえずマリノスで。」というような意識は・・・・困る。
ベテランも中堅も若手も、
“自分自身がマリノスの一部であるという意識”を強く持てないと、
確固としたチームとしての意思を示すのが難しいのではと思う。
だから、年末の7番ブログの“匂わせ方”には、がっくりした。
何を言われたか、あえて想像もしないが、
何か悔しいことを言われたのであっても、
盲目的な個人ファンの多いブログで書くのは、
現・所属プロ選手として違うし、
クラブに、当事者意識をもって所属しているのであれば、
この時期に、「できない行動だろう」と、私は思う。
これでは、赤いところの選手とかわらないではないの?
あ、影響されちゃったのかぁ。


極端な話、マリノスのために、これができますか?というあたりです。
ゼロスタートで自立を目指すのなら。

toricoballine.jpg

そして、私たちサポも同じです。
クラブのために、自分自身が何ができるのかを、考えるいい機会なのだと思います。

正直、マリノスのスタンドは、サポというよりファンの比率が高い。
サポとファンの違いは、“意識”。
「マリノスに楽しませてもらおう」がファン。
「マリノスをもっと楽しみたい!そのために~」という“当事者意識”が強いのが、
サポなのではないかと、私は思ってます。

プレーする側もそれを支える側も、
これまでどれぐらい“上げ膳据え膳”だったのかを、認識するシーズンになるかもしれないです。
地道に地道に、一丸となって、
『自分がマリノスの一部だ』という当事者意識を持つことが、
09シーズンを楽しめるキーになると思います。
まぁ、現ファン層をマーケティングすると、
どうしても派手さや華やかさは求められるし、
“武士はくわねど~”的な側面も必要になりますけどね、うちの場合。


個人的には、ひとつ、目標を決めました。
大不況のおりのフリーの身としては、
できることは限られていますが、
その目標を1年以内に実現できるよーに、お仕事もがんばることにいたします。

toricoballine.jpg

あなたは、マリノスの09シーズンに何を期待し、
そのために、何をしますか?


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

さよなら、ハユ。(取説+) [Marinos *]

日本広しといえど、この時期に、
NISSANからTOYOTAへ転職するのは、ハユぐらいだ・・・・。

決めたんだなぁ…。
準決の交代の時の様子で、「あ、なかば決めちゃったんだな。」と思ってましたが。

つらかった01年を、共に戦った選手。
同じ境遇(若手一斉レンタル)となった選手のなかで、
唯一、再びトリコのユニを着たハユ。
戻って来てから、トリコのユニを誇らしげに、いつも先頭をきって、
さっそうと、試合後にあいさつにまわってくれていたのが、私には、なによりうれしい姿勢でした。
それだけ、トリコの重みをわかってくれているのだと。

残念ですが、『どこにいっても応援するよ』という気持ちには、
今回は、なれません。

09シーズンは、大ブーイングいたします。
しかし、健闘を祈らないわけではないです。
ハユに、マリノスやマリサポに対しての気持ちがあるのなら、
1分でも一瞬でも、なまけたはずかしいプレーはしてもらいたくはないし、
ユースからトップまで、うちで紡いできた気持ちや時間を“誇り”として、続けてもらいたいと思います。
何年か経ってのち、
「にくったらしいヤツになったなぁ。」と、笑って言えるような選手に、なってもらいたいと思います。
『長い間、トリコのためにありがとう。』は、その時までとっておきます。

でも、09シーズンは大ブーイングですから。

一緒の時間が長かった特別な選手です。
やはり、シリアスになっちゃいますが、
明日にでも、ピクシー閣下に“トリセツ”したためよーっと。

toricoballine.jpg

『クラブも同意』。
準備なき同意は、困るぞ!
ハユマの出場時間だけ考えても…、でかいよ、アナは。
まったく…出る話ばかりで…。
コーチ陣固めたところであしぶんでますが…。
さすがに、文丈にいさんがピッチに立ったりはできないでしょぉ?

不況で財政難だからという理由で、
成績不振が許されるクラブじゃないのは、
わかってるよなぁ…フロントさまぁ。

開港150周年は、今年でしょー。
“地域密着・加速”には、華をそえられないと、なっ。

toricoballine.jpg


親展 ピクシー閣下様 【トリコ7番の取説的お願い】


タグ:田中隼磨
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

大久保のかわり?し、しつれーなっ! [Marinos *]

一難去って、また一難・・・しかもきょーれつ。
きょーれつすぎて、呼吸困難・・・・。
目の中に入れても痛くないはえぬき・・・・。

名だたる年長FWと組み続けてずーっとマリノスの前線でがんばってきた選手っすよ。
裏返すと、サカティがいたから、
ここまでのザ・無計画短スパン大型補強(曲者ばかり)で耐えてこられたのです。
若手育成強化体制で、
これから、やっと兄貴FWとしてやっていけるスタート位置に立ったところです・・・よ。

これ以上、中堅選手を手放すことは、どーゆーことになるのか・・・・
わかってますよね、フロント様。

いやぁ、ほんと、まじで・・・・今オフ一番に涙目状態だ・・・・。

タグ:坂田大輔
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

おそい年頭のブログあいさつ的な。 [footballistic *]

18日間の帰省から東京に戻りました。
私自身はたいしたお手伝いはできていないのだが、
家業を抱える実家はなかなか忙しい。
18日、そのペースで生活していたので、
なんつーか・・・ひとりぐらしのペースというのを、忘れているよーだ。
つか、こっちで「忙しいわぁ」などと言っているのは、まだまだ甘いのよね。
ほっとくと室温が氷点下近くになっているので、
ここちよく暮らすために、いろいろやんなきゃいけないし、
朝ごはん終わったら昼ごはんだし、晩ごはんだし、
北国の主婦ってたいへんよぉぉぉ。
(私は、ちょっびっと手伝っていただけでとくになにもやってないけど。)
なのに母に、おにぎりにぎってもらって持って帰ってきちゃった。
あぁ・・・・おこちゃまだ・・・。いつまでも“むすめ”である・・・。
そして駅まで徒歩7分を、毎度毎度妹ちゃんに車で送り迎えしてもらふ・・・姉。

年末年始、天皇杯ベスト4だったりしたので、
めずらしく実家で記事はあげていたけども、
ひとり暮らしって、やっぱりきままなのよね。
こっちにひとりでいたら、ずーーーーっと、高校サッカー観っぱなしだったろーに、
決勝の後半を観ただけだった。

『サッカーにうつつをぬかしてられるよーな生活って、
果たして、ちゃんと、大人なのか?』
と、年末年始とお盆おまつりの帰省時に、
自分に疑問符をつける近年です。

親指のアカギレが治る頃には、
またきままなおこちゃま感覚に逆もどりなんだけどね、きっと。

ま、そんな年末年始だったんで、
09新体制発表会など、すっかり思考外で。

今年こそ、年齢相応のバランスとってみよー。
などと、軽く決心してみるが、
このブログも、おかげさまで昨年200000アクセス突破になっていたことに今、気がつき、
「ありがたや、ありがたや」で、今年もぶつぶつと更新してみます。
とはいえ、オフ中に記事あげすぎると、神経衰弱になってしまうので、
1月2月は、ウォーミングアップ・自主トレ程度で。
09年も、あきれずによろしくおつきあいくださいませ。

toricoballine.jpg

●天皇杯準決当日風邪の汚名挽回だわ・・・。
 今年もそーゆーあんたが大好きだ!
 そーだ!今季もトリコには、マツがいる!
 GKまではやらなかったらしい。まさに、“漫画”だ。
 オオシも一緒ら。
 前橋育英は残念だったけど、“気のいい選手を生む土壌”かのか?

大橋は韓国へ。
  情報ひろいにくくなるけど、あのスタイルでKリーグに挑戦は、とてもおもしろい道になるかもね。
  がんばれ、大橋。

toricoballine.jpg


帰省中に書けなかったのですが、
モンテの資金集めの様子とか、地方ニュースで見てました。
¥50から、振り込んだりできるよーだった。
¥50なら、チビッコもできる。お年玉からでも。
地道である。
大事なのは、金額じゃなく、
ちょっとでも出資したことで、チームへの意識が変るってことなのだと思うし、
選手は選手で、そーゆーのみてると、また、ちがう意味でもがんばるよなぁ。

“武士はくわねど~”的姿勢のうちには、ちょっとやりにくいことだろーけど、
万単位・千単位(チビッコ)とかじゃなく、気軽に“クラブのためになる”とゆー方法も、
地域密着のためにはいいな、と、思った。

赤いビッグクラブばかりじゃなくて、地方クラブに学ぶところは多いのじゃないのかしらね、今年は。
1週間ぐらい、モンテとかとクラブごと合同合宿でもやってみればいいんじゃん?
逆にモンテも、J1カテゴリーの心の準備とかになるし。
古豪とか名門って呼ばれるからには、そーゆー姿勢があってもいいかも。

豊田移籍にもかかわらず、
『主力の移籍は最低限度に食い止められそうだ。』という前向き姿勢に、
「うっわー、やっぱり、私とかタカビシャなんだわ・・・。」と、身につまされたわ。

改名“月山山形”はどーなんだろーか?
モンテディオ、いい名前だとおもうんだけどな、そのままで。

山形は、モンテJ1と『天地人』直江兼続で盛り上がりそうです。
帰省中いろいろ直江兼続についておべんきょーしてみましたが、
会津若松120万石から米沢40万石に石高減らされてからの、
上杉家存続への姿勢は、この不景気に心打つものがある。
(リストラなしだよ。)
言ってみれば、歴史的には“負け武将”なのだが、
ここに、この時期の“誇り”維持の姿勢があるから、
大河ドラマにもなるのでしょー。
そーゆー姿勢が必要なんじゃん?不況下のサッカークラブにも。

あ、ちなみにウコギの生垣は、新庄市にはないですが。
新庄は、戸沢藩なんで。
山形って、ちっちゃい地方単位で方言もまったくちがうのよねー。

コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

例年より1ヶ月ほど遅れて、 [Marinos *]

ちょびっとだけクールダウン期に入ったよーだ、私。
『あーあ、もぉ、いろいろ先回りして心配してもしょーがないんだから。』的な。

・ハユの移籍が、育成型への第一歩で、
 『これからはどんどん育ててどんどん売るぞ』なのか?
 育成型ってそーゆーことじゃないだろー?
 それじゃあ、残留さえきびしい・・・
 毎年あんなつらさとかこんなさびしさをたっぷり味わうのかっ、おいっ!
 それともJ2覚悟なのか?

とか、

・明日は、なかざーさんの日らしい。

とか、

・スタッフばかりどんどん固まって・・・・・なんだかものすごいヘンな感じだ・・・
 組閣か? はじいちゃうのか、他勢力?
 けっきょくのところ現場ムシの一枚岩か?

とか、

・健太の髪は黒く戻ったのか?
 その時は、サカティも引っ張っていって、ばっさりやってしまえよ。

とか、

・兄の怪我の上塗り回復したのか?とか、勇蔵の骨はくっついたんか?

とか、

・こんなに寒いと芝はだいじょーぶか?

とか、まで・・・・。

いろいろ想像したり、深読みしたりしてると、疲れちゃうしさぁ。
『なるよーにしかならんし・・・・』とゆー姿勢は、サポとしてどーか?だが、
そーでも構えないと、開幕時にはすでにへろへろになりそーだし。

ま、いろいろ意地はったり、頭使ったふりで理屈こねたりしてみたけども、
まっしょーじきに感情だけで言い放ってしまうと、
『おいっ!これ以上は、誰も出て行くなよっ!
さびしぃーんだよっ!こーゆーのっ! ばー〇っ!
みんななかよくいっしょに09シーズンもすごしたいんだよっ!』

っつー・・・・・・。そんだけです・・・・・。わかって。

も、寝ますわ。おやすみちゃん。
(なんだろー?この強烈片想いな感じ・・・・・。)

ほんと、いやよねーーーーー。
試合ないのにやたらめったら雑音の鳴り響くこの季節。

コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

「る、るいせんが・・・」@山手線 ~中澤・狩野、契約更新 [Marinos *]

いやぁ~、自分でもびっくりでしたよ。
帰りの電車で、あやうく涙腺堤防爆破でした。
報道が出てから、いろいろぐたぐたねちねちと理屈こねて、
けっきょく昨晩疲れ果て、
「クールダウンだ」などとうそぶいて、
あげく、感情まるだしで太青文字で叫んでいた時点で、気がついてもよさそーなもんだったが、
極めて慢性的に緊張状態にあったらしく、
ものすごいでかいため息とともに力が抜けて、
わなわなしたと思ったら、堤防崩壊の危機だった。

自ら『マリノス愛』とタイトルつけるぐらいの決意だ。
(09年、“俺マリ”に次ぐ合言葉だな、こりゃ。マリサポの。)
こっちもしんどかったけど、
佑二が一番しんどかったんだろーな、ここ2ヶ月弱・・・・・・。
『マリノス愛』で、
佑二自身の決めた目的地はわかったつもりです。
まったく、こちらも望むところです。

と、ゆーかね、
今のクラブの状況において、
残留決断してくれたことが、在籍してくれることが、どれだけのチカラになるか。
あなたはそれだけ価値のあるプレーヤーなんです。
「言わなくてもわかんだろ?」な熟年夫婦的7年間でしたが、
確認しあえたことは、ある意味大きな“一石”だったと思います。
実践派、うるさがた、古参、新人、ドーパミンな女子、サッカー少年たち、
横国の北側が湧きまくり、しりあがり寿的涙まじりの拍手がこだましてる様子が、
試合でもないのにしっかりと見えました、今日。

ほんと、いろいろクラブまわりの雑音が多すぎて、
「いいよ、まじ、来年もJ1残留できれば」的に、意気消沈、くじけそーになる今日この頃でしたが、
『タイトルとるぞ!』というところから、
選手が、フロントが、サポが、
目をそらさないよーに、逃げないよーに、ぶれないよーにしてくれるのが、
トリコにおける中澤佑二09ver.の、でっかい役割と、がんばってください。
佑二がぶれたり悩んだりしたら、クラブ全体がぶれて、散り散りになることも考えられますからね。
そこにこだわり続けられるのは、中澤さんにしかできないことかもしれないです。

こちらとしては、
中澤さんひとりを神格化することなく、ありがたがりすぎず、
“いちトリコ”として考えられることがなにより礼儀と思ってます。
なぜなら、中澤さんはサッカータレントでも、サッカー文化人でもなく、
“現役・サッカー選手”であって、
本人がここまでして“一石を投じたかった”のも、
30を超えてなお、“サッカー選手としての評価”にこだわったからであって、
サッカー選手は、クラブ、チームあってこそサッカー選手なのだと、
私は考えるからです。それでいいですよね、中澤さん。

でも、とにかくは、「あぁ、ほんと、よかった・・・・。ありがとぉ、佑二ぃ・・・(涙)」です。
今回の件で、「なかざーさんったら、意外とさびしがり屋さんなのねん。」もわかったので、
素直に言葉にしときます。

toricoballine.jpg

鉄壁の双璧、無事残留確定したのと日を同じくして、
トリコ09の“躍動リズム担当”、健太も更新。
あー、めでたい!
08シーズン、スタンドにもう意地だけで通っていた夏場・・・・・・ちゅらかった・・・。
健太の復帰がなかったら、
ホームゲームでさえ、行かなくなっていたのではないかと思う。
トリコロールのワクワクを、復帰早々に呼び戻してくれた選手だ。
今季も、『やる気あるんだかないんだか』な『でも、実は“血”継承組』として、
弾けまくってください。
自分が調子に乗れない時は、チームも乗れないのだぞ。
いいか?“躍動感担当”だからな。
(こーきち君は、“健太まかせ”でおんぶにだっこぢゃだめよ。)

toricoballine.jpg

「あぁ、今日はマリサポにとっていい日だ。」気味だったが、
牛の猛攻開始です・・・・・牛年だけに・・・・。
いいじゃんねー、ガナ獲得してんだしさぁ。
(ガナとサカティじゃ、“いい性格FW”同士で気ぃ使い合っちゃうよ・・・・。 
どっちも「いいパッサーにこたえます」タイプだしさぁ。
大久保タイプのアクのつよい性格のFW探してくれよ。)

“目の中にいれても隊”としては、オファーがこの時期っつーだけで、「ふんっ!ばかにすんなよっ!」だ。
だったら、大久保がいるころからオファー出して来いよ。
牛さん的には「だったら、坂田」な姿勢っしょ?
うちには存在的にもプレー的にも“唯一無二”なんす。
そりゃ、08年は1ゴールだよ、そりゃ認めざるえないし、渇望もしてるよ。
しかしね、ほんと、FWのチカラってゴール数だけじゃ計りきれんのよ。
去年だって、あり地獄のよーだった“かごめかごめ”を抜けられたのは、 サカティいてこそ、なんだから。
健太がまだ復帰していない頃から、
縦へボールを運ぶことを、サカティはその脚で、みんなに思い出させてくれたのだ。
いなかったら、去年の残留だってあやしかった・・・・。
ほんとに、組むFWやチームの状態、戦略で、 “今やるべきことをしっかりやってくれる”FWなのだよ、サカティは。
それをトリコの前線でずーーーーーーーーーーーーーーーーーっとやってきたのよ。
そのことを、マリサポは誰しも知ってる。
なので、出せません!(キッパリ!)
他クラブも、サカティを評価してくれていることはとてもとてもうれしいのだけど、
09シーズンは、やっと“兄貴FW”として、2ケタゴール自己最多獲るんです!トリコで!
それをしっかりと自分の眼で観る、今季の横国通いの大きなモチベネタ。
その時は、涙腺堤防完全崩壊してもいいです。

今日は、いじょっ!


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

サカティ、獲ろうよ2ケタ・自己最多ゴール!トリコで! [Marinos *]

佑二“愛の残留”劇に、不況はどこへやら、
“よかったタイフーン”100%のマリサポ界です。
オフシーズンにこの一体感は、あまり経験がない。

本日、勇蔵・コミも無事更新で、さらによかった。
この調子で山瀬兄弟も、ポンポーンとお願いしたい。

しかしぃ・・・・そんなマリサポ界にあって、私は局地的にぶるーです・・・・。
本決まりではないので、騒ぎたくはないのだが、
“よかったタイフーン”とのコントラストで、さらにグレーっぽくなってきました・・・・。

こーゆー時に、スポーツ新聞の非情さとゆーか、
他人事さとゆーか、「信じるもんかっ!」さが増すのね・・・・。

『粘り強く~』スポニチ
『13番は、それにそみあう選手でないと。』(しつれいきわまりない!)報知
そして、『決定的』中日

昼に読んだのが中日のみだったので、もぉ、生きた心地がしなかった。
「ぬぁーにを“あっさり”しとるんじゃ!中澤バーンしたか?フロント!
誠心誠意、熱意を持って引き止めろっ!」だった。

まじめにお願いします。
斎藤ちゃんも“りあるGM”マリノス君も、交渉の席には出席願います。

うちの“唯一無二”のはえぬきエースを、
『だったら、坂田で。でも特別な背番号は渡せないなぁ。(きっと、よしとが海外留学から戻るしぃ。)』
なんて姿勢のところにやるのは、“誇り”にかかわるぞ!

toricoballine.jpg

基本的に『移籍は選手が決めること』という姿勢はもとうと思ってはいるけども、
サカティが“新天地”にできるかどーか?とゆー点においては、ぶーぶー言わせてもらいたひ。
(それは、佑二の場合もそーでした。そーゆー意味で、ハユはいたしかたない・・・閣下だし。)
クラブにも、ここまで大事に育てたはえぬきの移籍先や移籍環境には、こだわってもらいひ。

つか、ごめんなさい、また理屈こねましたが、
単純に、私的・マリノス愛には、最重要組なピースなのです。

サカティ、獲ろうよ2ケタ・自己最多ゴール!トリコで!
トリコで獲ることが、大事だと私は思うぞ!

no11-09.jpg
お祝いに、初ゴールの柏の葉ビデオでも観よう・・・・・・。



toricoballine.jpg

などと、ぐだぐだしていて気がつかなかったが、
牛さんは本日、ツネ様を獲得したらしい。
なんか、確信しちゃったな、無計画な感じ。
サカティとガナっつーのもそーだけど、
エノのいいところも弱いところも知ってるつもりの身としては、
エノの前に宮本は・・・・DF的に、こわすぎるだろ?
いったいぜんたい、どんなチームにしたいんだろか?
佑二早々に断念して、ツネ様って・・・・。
(ま、宮本獲得は、協会へのパイプ強化ってところかしらん、ザ・政治力。)
神戸がキライなわけではないが、めいそーしている感が・・・。
はえぬきをしっかり育て上げて、在籍年数の長い選手も何人か作って、
「こーゆーチームです。」を、しっかりやらないと、
サポも喜べないのではないかしら?
ユニ、ゼブラに戻すのはどー?
(チームカラーを変えちゃった時も、驚愕だったけど。)

やっぱり、むずかしいよ、サカティ。

toricoballine.jpg

【余談】

グラサポさんのブログなどを拝見すると、
ハユの呼び名は、隼磨と“田中”と半々だ。
いいな、“田中”。別人みたいで。
できれば、個人コールやゲーフラなども“田中”でお願いする。
トリコユニで横国デヴューならなかった怪獣君は、瑞穂でデヴューするのか?
あ、1歳にして、味噌煮込みとか山ちゃんとか食べちゃうのか?
1歳児にあの濃ぃ味はキケンかも。
ジャングラの腹で寝るのかなぁ。
枕としては、ジャンマリよりも安定性あるかもな・・・・。

と、
気になる那須君の去就。
悩むな!那須!
“いい人”やってる場合じゃない。
うちをばっさり出た時の冷徹さが、今こそ必要だ。

タグ:坂田大輔
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。