So-net無料ブログ作成

はえぬき2連発! ナビスコ・大分戦 [Marinos *]

あぁ、昨日、大分に行ったサポがうらやましい・・・・。

ナビスコのために、スカパーの契約をJ1ライヴに変更したにもかかわらず、大宮戦以来、放送はなく、
昨日は、ネット速報をみてました。
前半終了して、
「出たな、鈴木慎吾ぉぉ。うわぁ、だから言わんこっちゃあないのだよぉ、先週決めていればぁ・・・
いやいや、2-0は、相手にしたら魔のスコア、まだ大丈夫。え?大丈夫か?ほんとにぃ。」
後半は、怖くてチェックすらできず、
試合終了時間に、やっとみて、びっくり。
「やったぁぁぁあ!ひさしぶりのミラクルぅぅぅ!勇蔵ぉ!幸宏ぉ!はえぬき2連発!」

夜中にスパサカで、(なぜかうちのゴールだけの)ダイジェストを観ました。
キャノン砲だとばかり思ってた勇蔵のFKは、意外にも、技ありの低い弾道のワンバウンド(グランダー?)、
そして、幸宏の「うっひょーーーーーー!」スーパーロング!漫画のようなフォーム!
す、すばらしい。

大分に行った方が、うらやましい。サポ冥利に尽きる試合。
この土壇場のはえぬきの大活躍が観られるなんて。
先週の三ツ沢は、これを観たかったのだよぉ、これぞナビスコ予選。
チームの底力勝負!
テツも、必死だったのだな。
テツや勇蔵、幸宏あたりが奮起して、当事者意識を持ってくれないと、
若手にまで伝わっていかないのだよ、そーゆーの。
高卒や大卒やら、技術的にステキな選手はいっぱい入ってくるが、
はえぬきのリードする部分は、ここよねぇ。
“クラブの誇りのために!”
あぁ、サカティも出たかっただろぉ。

期待して出せっつーの!(苦笑)
もっと、あからさまに、派手に期待してやってもらいたい。
人間、“人から必要とされている”というのが、どれぐらい揮発剤になるか。
しかし、この試合は、監督にもいいきっかけになってくれるんじゃあないかと、期待します。
もっと、もっと、うちの選手を知って、すべての選手を活かしきってもらいたい。典型的にほめれば伸びるコたちである。

ゴールシーンは、観ましたが、詳細はまったくわからず・・・・。
三崎アナがいなくなってしまってから、ますます“血というものを感じられなくなって”ほとんど観ていない“残念なサポ番組『キクマリ』”で、
観るしかないですね・・・・金曜日。
どーして、こーゆー試合の中継がないのかしらん・・・・。

この方は、なにを持って“横浜らしい”と、
言っているのかしら?外ら見ると、どんなのが横浜らしさなんだろーか?
“横浜らしい”は、けっこう、今、監督、選手、クラブスタッフ、サポと、個々にばらばらなイメージになっちゃっている気がします。
この中断期間で、やれることは、“横浜らしさ”の再認識と、共有なのじゃないかしらん、ね。


********************

ナビスコ中継は、川崎vs札幌を観てました。
がなぴー!!
ここで我那覇がちゃんとゴールして、ジュニーニョがだめ押して、可能性を繋ぐあたりが、ザ・川崎。
川崎サポも、サポ冥利に尽きる試合でしたね、きっと。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

『地理B』 オマーン [footballistic *]

『地理B』
02年の日韓の時、スカパーさんが放送してた番組です。
大好きでございました。
試合の前とか、合間の時間に、
参加国のサッカーの歴史はもちろん、地形、宗教、風土、気候、政治、産業などをまとめた番組。

なんで思い出したかとゆーと、
昨日の『世界ふしぎ発見』が、オマーンだったから。
さすがだなぁ、佑二は観ていたよーだ。

意外だったなぁ、香り(乳香)で発展した国だったのね。
で、地下水の盛大な汲み上げ使用で、砂漠に消えた伝説の都市ウバール。
それを教訓に、整備された水路と、分かち合う精神。
あれだけ、香りの国だと、オマーンの選手のユニとかにも乳香は焚き染められているのかしら?とか、
逆に香りがなかったら、居心地わるいのかしらん?とか、
(醤油の匂いがするらしい日本とか、あきらかにキムチの匂いのする韓国での試合とか)
11人選手がいたら、奥さんは33人ぐらいいるってことか?とか、
アウェイのおみやげは、“乳香入りはみがき”か“ばら水”だよ!兄、佑二ぃ。とか、
いろいろ楽しかったです。

中東の国って、
全部を石油のイメージでひとくくりだけど、やっぱりその国その国で違うわけで、
先週、NHKスペシャルでやった『沸騰都市・ドバイ』とか、
ちょっとこわかったもん・・・・。(生産しない都市だよ・・・・まぁ、日本もそーなりかけてるけども・・・・。)
UAEなわけじゃないですか、ドバイ。観光と不動産で、世界一になろうとしているわけだから、
そりゃ、サッカーだってがんばらなきゃ、なぁ。
強くなったら大会とかできるぞ、はっ、はっ、はっ。
(個人的には、こわいので、住みたくも投資したくも、ないです。しようにも元手もないので、ターゲット外っ。)

サッカーを観ていて、国際試合の前とか、
その国のいろいろを知っていくことは、とっても興味深い。
学校の授業とかで教わるより、全然理解早いと思う。
民放もなぁ、国際試合前にやればいいのに、『地理B』。
サッカーのプレーとかにも、影響はあるんだと思うし。
お父様やお母様は、
ちびっこに教えてあげるといいと思います。
明日の中継は・・・・・日テレ・・・・・・・・ですな。

**********************

明日は、行くことにしました、横国。
平日に代表戦をホーム横国で観られる機会も、そんなにないと思うので。
川淵さんは、代表戦不人気に苦悩されているようですが、
こんなもんじゃないでしょーかね。
(まして、埼玉・・・・・。『あそこは、サッカーが好きっていうより、レッズが好きなんだよ。』と、教えられた事があります。)
坊ちゃんや松井や長谷部が出ているからといって、バブルは終わったわけで。
スポーツアイドル戦術は、今やハンドボール、バレー、ゴルフ、相撲、までやってます。
全スポーツに、広がってるわけですよ、“人のファン”は。
人のファンは、スポーツの内容や本来の楽しさより、
ワイドショーとかバラエティ番組での発言の方が重要なわけで、
そこから、そのスポーツを好きになって残る人なんて、一握り。
(私も、残っちゃったタイプ。マリノスのおかげで。)
今の動員は、シドニーあたりから継続してきた結果の、土台の動員数で、
アジアカップの不振や、ジャマニー・ショックで、
がさがさした一時のファンは引いているので、これが、本来の、濃いぃサッカーファン層というか。

それでも、代表戦の観客層というのは、
Jリーグ観ている者にとっては、違和感満載なんですが。
“懐深い横国”なので、「行くわ、岡ちゃん!」と、思いました。

もし、新横の道でオマーンサポ(関係者)に遭遇したら、
“香りふさ”の確認をしなければっ!

**********************

ツーロン3位決定戦、遅ればせながら今日観ました。

日本中が忘れかけてた“ロスタイムの悲劇”。
あからさまな時間稼ぎとかは好きじゃないけど、必要だなぁ、やっぱり。
(ベンチワークもね。「交代枠、あったんぢゃーん!」)
ましてや、整ったピッチの多い日本にとって、ヘビー級の芝とボール・・・・・。

しかし、大会最大5試合、あんなヒリヒリした試合を出来たことは、財産よ。
アジアカップの3決のよーなだらしなさもなく、よくやった!
「PKは、いたしかたないよ。」と言える試合です。
はずした李や水本は、一生忘れられないだろうけど。

ウォーターボーイズはじめ、海外に他チームに散ったチルドレン。
これからは、もう自分次第だ、ほんと。がんばれ。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

一緒の時を過ごした選手 [Marinos *]

マリサポの名だたるサイト、SNS、掲示板に、
アキのメッセージが上がってます。
(内容は、そちらでご確認ください。ハマトラさん、maliciaさんなどなど。
あまりにばらけてもだし、サポ側からのメッセージも、集中したほうがいい。)

なんかなぁ、せつなくなります。
上野もそうだったけど、こちらからも「ありがとうございます。」とか「おつかれさまでした。」とか、
伝える場もなく、チームを去っていかれる(現役を引退される)こと。
“戦力外”っていう方法も、ほんとにつらい。
チームの新陳代謝のためには、いたしかたないこともあるんだと思うんだけど。

しかし、こうしてアキがマリサポに向けて、
メッセージをくれたことは、やっぱりとてもとてもうれしいことだ。
マリノスにいたことを、ちゃんと履歴に刻んでくれている選手たち。

兄のブログで、代表合宿が東戸塚で行われていることを知ったが、
そーなんだよねぇ、あの山奥で、バスも何本もなくて、ピッチも満足にとれない所で、
(でも、好きだったけど。あぁ“護美入れ”様も、もうないのかしら。)
日々練習して、
歓喜も苦渋も、一緒に味わってきた選手に、何も伝えられないなんてねぇ。

アキは、神戸に移籍する時も、在籍最終試合でちっちゃいセレモニーみたいなこともあったけど、
もちろん現役引退するわけじゃなかったから、あまり盛大なのも、だったし。
大ちゃんにも、ドゥトラにだって、いっぱい、いっぱい。
正式に感謝とか伝えられてないわけです・・・・・。
OBが全員、スタッフやコーチとして在籍できるわけでもないしねぇ。

今年のプレシーズンマッチは、
あの、にっくき黄色、城南一和戦らしいが、
そのフライヤーをもらった時に、
「そんなら、OB戦とか組んでほしいよ。大ちゃんとか、アキとか、」とも思った。

あんな立派なマリノスタウン。
そこに在籍した選手の名前とか勇姿とかちゃんと並べたりできないのかしらん・・・・・。
(あるのかしらん?いったことないんですよ、いまだに。だって、立派すぎなんだもん。)
チームを去る事情もいろいろだと思うし、現役で対戦チームにいる選手はむずかしいとしても、
現役引退決まったらねぇ。
クラブにとって、もちろん“今”は大切で、
しかし、ここまでくるのにどれだけの選手の汗があったかを、残していくもの、示すもの。
長い歴史のあるクラブだから、やらなきゃいけないこと、やるべきことがある。
トロフィーとかも大事だけど、それを得るまでに積み重ねたひとつひとつの試合とひとりひとりの選手。
それを忘れちゃ、“復活”もないわけですよ。
うちの歴史に関った選手が、こんなにいるってことが、
今、トリコのユニを着るってことの誇りに繋がるわけで、
飛びぬけた一握りのスター選手(?)だけが、マリノスを作ってきたわけじゃないです。
1試合1試合を、選手ひとりひとりを大切にできないよーでは、ねぇ。

アキも「マリノスは強くなくちゃ、だめ。」と言ってくれて、
坊ちゃんもスコットランドでマリノスの試合はチェックしてくれているらしい
とてもしあわせなことだ。

毎日のように、OBが誰かしら顔を出しているようなクラブハウスに、
マリノスタウンはなってくれたらステキだし、
毎試合のように、誰かしらOBの姿があるスタンドって、理想だなぁ。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

アップ開始。 [Japan *]

08-06-02_18-36.jpg
いつぶりかなぁ、代表戦@横国。
やはり、ふだんの横国とは、ちょっと違う。お祭り気分とゆーか。

エコジロー、かわいぃ。


***rai
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

すきあらば、 [Japan *]

08-06-02_20-10.jpg
狙え!な、前半でした。
むずかしいこと考えてる選手は、いないです。

アウェイ環境を考えると、もっとゴールがほしいところ。


***rai
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

アジアを勝ち抜くということ。 W杯予選・オマーン戦 [Japan *]

08-06-02_19-13.jpg

「これから考えます。」
(アウェイ連戦のことを聞かれて)
昨日の試合終了後の岡ちゃんインタヴュー。

「うえぇー、懐かしいフレーズぅ♪」
岡ちゃんマリノス監督時、よくこのフレーズを聞きました。
2連覇も、決して順調ではなかった。
ものすごい怪我人多くて(半分けが人ってぐらい)、メンバーフル稼働、+ACL。
シーズンなかの夏場には、すでにチームごと満身創痍、野戦場。
連戦、連戦だった時、
「眠れないよ、こんなに試合が矢つぎばやだと。先々のことばっかり考えちゃって。
試合中に、次の試合のスタメンとか、次の次の試合を考えてしまう。」
しかし、ある時から、岡ちゃんは変りました。
「あれがよくなかった。とにかく、目の前の試合に集中するしかない。次の試合は、そのあと考えればいい。」
自分自身がやったことを、素直に反省、修正できる人でもある。
東京戦、「大丈夫です、出してください。」と希望したマツをスタメンで出し、読まれてマークされたマツをすぐに代え、 その試合後、選手と一緒にゴール裏に頭を下げに来た岡ちゃんを、私は忘れていません。
そこからは、毎試合毎試合、新しいスターが出た。
出される選手出される選手が大活躍して試合を決める快進撃。
苦しかったけど、私の観戦史上、一番フルフルしていた時期かもしれません。
“全員でやってる”感が、すごかった。

岡田武史の戦い方の真髄は、これなんだと思う。
どんな時も、どんな時も、
“ここ”にいる選手を知り、信じて局面を委ね、1試合1試合をモノにしていく。
理想に向かう矛先と、現実を制する矛先を、しっかりとかぎ分ける。

驚いたことに、今回の坊ちゃんも岡ちゃん以上にそれだ。
08-06-03_20-49.jpg昨日配られたブルーフラッグと、東横線で読んでいたエルゴラ。
「いい試合より、勝つ試合。」
「放り込む。」
どっちも、かつての坊ちゃんのイメージからは、かけ離れた発言だ。

そして、昨日の戦い方は産まれた。

勝つことに執着した試合は、つまらなかったか?
まったくもって、そんなことはなかった。
セットプレー、飛び込み、コンビネーション!
勝った試合がおもしろいのではなく、
本気でこの1試合を勝ちとろうとしている試合が、おもしろい。

『私たちは、アジアを飛び越して、いつもいつも世界と戦うことだけを、意識しすぎてはいなかったか?』と思う。
ここ数年、アジアカップ、東アジア選手権と、アジア王者にはなれないでいる。
なれないのに、
“世界で戦う準備の途中だから”を、言い訳にしていなかったか。

アジアで勝てなければ、世界などないのだ。
だから、『目の前の試合をいかに勝っていくか』そこに集中するしかないし、
それに向き合って自然に産まれてくるのが、
真の“日本オリジナル”の基盤になるのだと、横国7Fのいつもの場所で、あらためて思った。
08-06-02_21-52.jpg
昨日のあの試合が、横国でよかったと、心底、思う。

オマーン、タイと、アウェイ2連戦。
気温を考えると昨日の戦い方は、できない。
それでも、負けられない。
ひとつ、ひとつ、しっかりと向き合って星をとっていくことが、世界を驚愕させることに繋がると信じたい。
08-06-02_21-20.jpg


***********************************

知ったのは、横国で。びっくりしました。
 Jリーグと、日韓W杯開催を、「ありがとうございました。」
 (いろんなことはありましたが)Jリーグを大切にします。
 謹んで、ご冥福をお祈りいたします。

***********************************

復帰ねぇ・・・・。本人は、どう“生きていきたい”のだろうか?
 「サポートが足りない」46000人・・・・月曜日に。
 みんな仕事とか学校とかあるんだよぉ。
 仕事から息を切らして横国に、TVの前に走った人がどれぐらいいると・・・。
 一般の生活人のリズムを、まったくわかってらっしゃらない・・・・・旅人さんだからねん。
 (温度差、感じちゃったわぁ。)
 
***********************************

名誉職というわけには、いかなかったのか、ね?
 反対ではないです。
 しかし、その職務の範疇が気にかかります。
 いや、オシムだって、岡ちゃんだって当人同士は人格者だし、確執なんてできないと思うけど、
 “無責任な雑音”がなぁ・・・・。
 なんで“(一部)個人ファン”は、岡ちゃんを親の仇みたいにアゲアシをとりたがるのかしら?
 私だって、オシム就任時は期待してました。
 健康上の問題であったし、Jリーグのスタンドに戻ってきてくれたことは、とてもうれしい。
 でも、今現在の日本代表監督は、岡田武史です。
 そのことは、どちらさまも忘れないでいただきたい。
 (あの時点で、この巨大な影の残るポストを引き受けられた人が、他にいたかっつー話です。)
 オシムが残してくれたのは、
 システムとか“考えて走るサッカー”ではなく、
 『日本オリジナルのサッカーを模索しろ』という命題なはずです。
 ご本人には、心強いアドバイザーになっていただけることを期待します。






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

暑いんだから、もう、 [Japan *]

ゴール前、ムダに繋がなくていいよぉ。
早いタイミングで打つべし!
あとは、セットプレー大事に!と、その後のカウンター対応。
そだよ、いいんだよ、こっちもカウンターで!
後半開始から、
松井⇔兄、長谷部⇔憲剛で、お願いしたい。
欧州組、坊ちゃん以外動けてないもん。


***rai
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

暑い国には、暑い国のサッカー。 W杯予選・オマーン戦 [Japan *]

暑いのが苦手です。
28度で呼吸困難になり、30度越えたらなるべく動かずに命を存えることだけ考えます。
そうです、私は、暑さにたいしておそろしくへなちょこ。
(夏場の観戦でさえ、命がけです・・・・。それでも行きますが。)
気温38度+湿度50%なんて、100万円いただいても行きません。
なんで、今日の試合をとやかく言うことはできない人です。

アジアベースの大会を観ていると、
サッカーっていう競技は、「ほんとに世界中のどんな環境でもプレーされているのねん・・・。」と思います。
そして、暑い国には暑い国なりのサッカーがあるのですな。
全員カウンターのためにだけ、ピッチにいて、チームごとでカウンター職人。
そして、カウンターによってまたカウンターに勢いがつくのです。

日本のサッカーは、カウンターとは反対側に努力しています。
今日のようなアジアの戦いを観ると、まったくもって“向かい風”。
ベクトルが反対。
しかし、戦いは“カウンターサッカー命”の場所で何度も何度も行われます。
そして、苦戦します。

日本の不幸は、“カウンター最強地域”を勝ち抜かないと、
世界には行けないっていうことで、
それは、サッカーの予選区分けとかが変らない限り、避けては通れない道。

今日も90分いろいろあったが、
攻めても守ってもカウンターに不慣が目立った・・・・・。
なめんなよ、カウンター@高温多湿』です。

3次予選が一番苦しい。何度経験しても“イバラの道”
そんなことは、わかってますわよ。
ここで一気に決めてしまって(ましてや)楽になろうなんて、ムシがよすぎるってもんですわ。
あと、2戦、イバラの道は続く、の巻。

『走らない』とか『決定力が』とか、
涼しいところで涼しい顔で、へらぁ~と言えないと思いますが、どーなんでしょーね、世間様は。




**********************

●ヤットは、偉い!楢崎も!仕掛けた玉ちゃんも偉い!
  あんな状況でも右脳が働く坊ちゃんも偉い!

●“三つ子の魂百まで”よしとはよしと・・・・・・・。(あぁ、闘将も。)
  治んないんだよなぁ・・・・あーゆーのは・・・・。
  高原、出番!

●たしかに、岡ちゃんフリーズ。
  こりゃまた叩かれるんでしょうな。
  しかし、「この試合でレッド・・・・」に呆然としてしまい、
  私もすっかり忘れてました・・・・・・・交代なんて。
  まぁ、岡ちゃんなんで、忘れていたことはないと思う。
  プラン崩れたよなぁ。まさか! だもん。
  遠征中のアドバイザー就任会見(!)で、“現実メガネ”が曇ったか?
  堪えてくれぇ、アジア予選中は。
  誰が何を言っても、今、アジアを勝ちきれる監督は、岡ちゃんだけだと信じてるから。
  

昼に旅人マッチを観て、オマーン戦観て、はい、ユーロ開幕!



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

決勝トーナメント進出、のもよう。 ナビスコ [Marinos *]

ロニーの1点を守りきって、辛うじて1位突破。
準々決勝相手はガンバみたいっす。
例のごとく放送がないので、詳細はわからずですが、
(739の放送カードは、以前から決まっていたんですかねぇ。敗退決まってても〇和戦・・・・。)

いよいよほんとうに中断です。
ここで手を打たないと、ね。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

ちょっとサッカー疲れ・・・・・ [footballistic *]

試合(生観戦)がなく、とくに、リーグ戦がなく、
代表試合週間とか、いわゆる国際試合月間とか、
なんとなく、「ふへー・・・・・。」となって、しまう。
それは、ちっちゃなバーンアウトだと思うのだ・・・・・。

あぁ、たかがサッカーにこんなに心血を注いで、
楽しいのはいいが、苦しくなったり、せつなくなったりするのは、いかがなものか?
(しかし、そこまでになっちゃうから、歓喜の時は、大爆発なのだが・・・・な。)

ユーロとか、夜中だしさぁ、
あんまり必死に観てると、寝不足になって体内時計もガラガラって。
結果、ものすごい不安定になって、社会人失格っつー日中を向かえるのだ。
代表戦にしても、だいたいテレビ観戦が多くなるので、リアリティにも欠けるし。
試合をこの目でみていないのに、
あっちこっちといろんな記事とか読んじゃうと、
「もーいいぢゃんっ!うるさいなぁ、もぉぉぉぉぉ!」的にもなり、
だから、なるべく読まないよーにもするのだが、毎度毎度のことだわ。

そんな中、
“ゲームは身の破滅”な星の下なので、まったくやらないが、
ウイイレの新CMが、心のオアシスとなっています。
「そだよ、等身大で楽しいのがいいんだよぉぉ♪」だ。
タイでは、出番があるといいなっ、14番@川崎ぃ。



タグ:中村憲剛
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。