So-net無料ブログ作成

so-netさんのごきょうりょく [Marinos *]

(リニューアル前の暫定とのことですが、)
うちのOHPが、懐かしい感じに戻ってます
so-netさん、ごきょうりょく、ありがとございます、だ。
いっそ、
消滅したチームドメインのメルアドも、復帰してくれるとうれしい。
(あれは、いいサーヴィスだったなぁ、HPもちとしては。)

とうとうなじみのロゴも消えました・・・。
にーけさん、なにとぞよろしく。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

blue in snow [Japan *]

まず、1勝ですね。
すばらしい。

ボスニア戦から、いいリズムです。
高原も、ゴールはなかったものの、ボスニア戦よりも格段カンの戻った動き。
(開幕相手FWとしては、イヤです・・・。)
巻も、ゴールできてよかった。
(この頃は、阿部勇樹よりせつない。)
あいかわらずの冴えた展開力の中村@川崎は、
なんだか代表では、いつも遠慮気味とゆーか、気になってたんだけど、
今日のゴール時のおんぶ祝福(マツかと思っちゃったよ)で、
「あぁ、やっと、(代表での)ポジションをみつけてくれたな。」と。
そのうち川崎での存在感を、代表でも出してくれるでしょう、きっと。
(あの、品位のあるふてぶてしさ。)

後半、「がんばれ、篤人!あと、1歩だ。クロスの精度だけだ。ここで結果だせたら、板につくぞ。」と。
メンバーも同じ感じだったのか、
いっぱい篤人にボールが集まった。
(たとえ鹿男といえど)内田のような存在は、チームには必要だ。
岡ちゃんの定番政策ともいえる。まさに、“白羽の矢”だよ。
(なんだか緑色になっちゃったらしいが、)那須君の時もそーだった。
監督というより、チーム全体の「こいつを育てたい!」という想いが、
さまざまなミラクルを呼んだりする。(サポもね。)
だから、白羽の矢の対象は、素直でがんばり屋じゃないといけない。
多大なプレッシャーにつぶされずに、応えようという姿勢の選手にしか、
白羽の矢は向かないだ。
加地君は、それを支える役目をしなければいけない。
(余談ですが、篤人の脚のカタチが、まさにバンビみたいで好きだ。
瑛太似と言えばそーなので、若い女の子のファンもよんでくれるでしょう。
必要なことだ。代表にとって。
すっごいくせっ毛だけどな。いっそ、瑛太みたいにしちゃえ。)

そして、びっくり、うちの10番のあの粘り。
す、すばらしぃ。
きっと、やっぱり、調子がいいのだ。
あの粘り、あきらめなさ、必死さが、ミラクルを呼ぶのだ!
(それが、岡田マジック!あぁ、調子のいい時のうちを思い出しました。)
坊ちゃんファンの10番ブーイングがはじまってるみたいですが、
(10ユニというより、)誰がピッチに出られるかは、
本人と、戦い方と、相手による事だから。
坊ちゃんも調子いいようだし、
おそろしく動く柏木だっているのだし、
中盤はボランチにいたるまで、ますます奥行が出てきたね。

そして、この人!

(“2”というのが、見慣れないが、)
「私が、今、一番信頼しているプレーヤーだろうなぁ。」と、つくづく思いました。

カタチを作って崩して、得点まで、というのは、なかなかできないが、
おもしろいですよ。
なにより『目的は、ゴール!』というのが、明確だから、打つ、打つ。
チャンスとあれば、打つ。
それで、ペナであれだけワンタッチプレーもできてるし、
“帰ってきた伝家の宝刀”で、セットプレーも最大限に生かす。

わかりやすいんだよねぇ、やっぱり。岡ちゃんって。

他人事じゃない代表は、
正直、ひさしぶりかもしれないです。
長い予選、きっとバランスを崩す時もあるだろうげど、
ちゃんと楽しく観ていけると思います。

「さぶそぉ・・・。」と、思いながらも、
雪に映える代表のブルーが、美しかったです。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

blue in red mud ~対チョン・テセ [Japan *]

まさかなぁ、憲剛まで・・・・。
怪我、体調不良、多いわ。
昨日のフィギュアでも思ってたけど、『無事、これ名馬』っつーか。
どーも、岡ちゃん指導下は、怪我が多い。
別段ハードなことをさせているというわけじゃないんだろーけども、
めぐり合わせというか。
でも、それがまた、チームを強くするファクターで、
怪我人が出たら出ただけ、超新星が現れるのも、岡ちゃん指導下の調子のいい時で、
なので、
「あららららぁ。」ぐらいにしか思ってはなかったです。

ゲームはじまったら、「やっぱり穴はでかいみたい・・・。」と。
阿部勇樹の危機察知能力、
中村憲剛の展開力、
山瀬兄のアイデア、
中央の3つの武器が一気になくなると。

羽生は、まったく悪くないのだが、やっぱりゲームを引っ張る能力に関しては・・・。
どちらかというと、ものすごい臆病で、臆病ゆえの運動量なので、
感覚がDFっぽいのです。
(わかるんだなぁ、その感覚。私も臆病で気が小さいので。)

が、岡ちゃん指導下らしく、交代選手が。
前田のクレバーと、安田の恐い者知らずで、
なんとかドロー。
これは、収穫。

追いつけなかったのは、Jでテセが育ちすぎたのと、
凡ミスによる時間の無駄遣い、です。

まだ2戦ある。
東アジアの力はますます拮抗してきてるみたいなので、
まだ、なにが起こるかわかりません。
ただ、目の前の相手に勝つだけ。

重慶は、まったく進歩がなかった・・・・。
わかってはいても、
「一生行かない、重慶・・・・・。」と、いいたくなる。
大丈夫なのかしら、ほんと、オリンピック。
昨日のフィギュア四大陸@こりあは、中国では中継してないんでしょーかねぇ。

4チーム、日本以外はユニの色は赤。
ぬかるむピッチ。
恒例のブーイング。
アイデンティティ-の確立のためにも、
勝つしかないのだ、日本は。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

blue in misty judgement ~vs3カ国 [Japan *]

「をぉ、兄もぉ、憲剛もぉ!いるじゃあないかぁっっ!!」
すっかり忘れていたよ。
岡ちゃんの“マスコミ使い”。

なでしこの北朝鮮戦から、
重慶の観客も“味方を応援する”姿勢に、なった(指示があった?)らしく、
君が代へのブーイングもなく。
「そーなのよぉ、“君が代”の君は、天皇ではなくて、選手本人のことだからねぇ。」と、
ちょっとほっとしながら、K.O.。

立ち上がりからガンガンいってて、なかなか小気味よく、
「今日は、安田、田代だ。よーし、がんばれぇ。」
その田代がつぶされたところに、兄、得意のポジショニングと早い判断&速いふり切りで、先制。
この直後からですよ、雲行きとゆーか、・・・・アジアの霧が立ちこめてきたのは・・・・。

代表の試合で、試合終了とともに、涙がこぼれたのは、いつぶりだろうか?
14番が、ホイッスルと同時に、主審に握手を求め、
佑二がやっと、煮えたぎっていた感情を眼に出した。
それを観た途端に、ほろっと。

「よく、我慢した。みんな、えらかった。ほんとに。」

対戦相手は、中国。
審判は、韓国&北朝鮮。
今日の試合は、まさに、青vs赤の対決だった。

代表の試合にしても、ACLにしても、対アジアでは、不条理は、ある。
毎度、毎度、ある。
「あぁ、まただ・・・しかたない。これでも、これだからなおさら勝つしかない。」と、思う。
それが、アジア制覇は世界への掛け橋では、ないのかも・・・、と、
“アジアは別次元”、“アジアの道はいばらの道”と、思うところだが、
いったい、いつまでこーなんでしょーかぁ?

願わくば、あと1点をだめ押して、黙らせたかった。

しかし、なんというか・・・・、
日本にブーイングができないとなると、
今度は自国の監督へ矛先が向く。
日本なら、自国代表選手にブーイングが飛ぶ事態だよ。
だって、あきらかに、ハーフ越したところからプレーの精度が落ちるのだから。

中国という国は、好きです。
文化的に、太古の昔から、ここまで世界中に影響を与えた国は、他にない。
どんな美術展に行っても、行き着く先、かならずといっていいぐらい、中国にたどり着く。
自国を誇りに思うのは大事なこと。
でも、だからと言って、他国はすべて敵ではないのですよ・・・・。
ましてや、スポーツは、代理戦争では、断じて、ない!
逆に、あのダーティー連続に、苦言を唱えられる中国サッカーサポーターが、
ぜひとも、いてもらいたい・・・。

あぁ、韓国戦も思いやられる・・・・。また、vs3カ国・・・・?。
(あぁ、北京五輪・・・・。)

日本サッカー協会は、今日の試合のジャッジについて、
FIFAに申し入れをしてもらいたい。
罰するためではなく、“スポーツする環境としてどうなのか?”が知りたいし、
東アジア選手権の開催意義にも関ることだ。

岡ちゃんは、うちの監督をしていた時、
ACLでもJリーグでも、“ピッチでは紳士たれ!”という指導を選手に貫き、
選手たちもそれで成長をした。
マツも、勇蔵も、みんな、「くやしいから、勝つ」と、
エネルギーのベクトルをいい方向にコントロールすることを覚えた。
それは、ゴール裏にも伝染し、うちのスタンドのいい文化になっていると思う。
しかし、「不可解なものは不可解。」と、
試合の結果に関らず、何度も何度も繰り返し、協会に正式な申し込みをいれた。
(だからこそ、選手は、ピッチでは冷静にいられた。)
今回も、それは、ちゃんとやってもらいたいと思う。
アジアの品位ために、必要なことだ。

重慶は、霧深かった。
審判も、霧深いところにいた。

**************

半島ダービーは、引き分けた模様。 勝点は同じ4。得失点差も同じ1。得点差が、2あるが、
とにかく、土曜日、勝ったほうが優勝だ。
欲を出せ。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

Incomplete blue ~1プレーの後悔=1点に泣く。 [Japan *]

東アジア選手権、またもや制覇できず・・・・。

今日は、あまり喜べる内容ではなかった。
この大一番に来て、「なぜ?」が多すぎた。

前半、すべてが後手後手で、
“走る”のと“走らされる”のは、疲労度が違う。
判断が後手だから、疲れる。
疲れると、判断もさらに遅れる・・・の上塗りで。
またもや、佑二のギリギリの危機対応だけが目立ってしまう。
佑二や今野が、必死で返したボールを、いとも簡単にすぐにとられる。

私は、マリノスの試合でも、そういう内容の試合を観ると、
一番がっかりさせられる。
同じユニフォームを着た選手の、ギリギリのプレーに、
敬意をあらわせない、そういう試合。

誰かが必死で残したボールをすぐに奪われるとか、
身体を張ってもらったセットプレーをなにげなくやって無駄にする、とか、
相手にガチガチに囲まれてもキープしてる選手に、誰もフォローにいかない、とか。

ピッチをサーモグラフィーで見たら、
「なんだ?このまだら。」と、思うような、温度差。

プレスあっての攻撃のはずが、
ただ寄っていくだけで、
「ぜってーとる!」と思ってないのが・・・・・・。
本気で行かなかったら、相手だってこわくも何ともないのだ。

そーゆーことが多すぎた。

90分なんて、その1プレー1プレーの積み重ねの結果なのだ。
私の知っている限り、岡田監督の“最初の一歩”が、それのはず。

兄の抑えのきいたミドルが突き刺さった勢いを、
パスミス、トラップミスの連続で、これまた失った。

技術的に大きく差がある相手ではない。
また、マスコミやあちこちで、
ドイツの時同様に、
「気持ちが見えない」とか、精神論で片付けられてしまいそうな。
韓国が相手だけに、「国民性」も出される。
なぜ、そういう試合がここで起きるのかが、問題なのだと思うのだけど。
試合にいたるまでの過程を、つぶさに省みる必要がある。
と、
選手は、あの状況をピッチ内で修正していく手立てを。

タイトルはチームを強くする。
それはまちがいないことだけど、
逆に、ここは勝てなくて正解だったのかもしれません。
得点差1がどれぐらい大きなものか、
あの不用意な1プレーが、どこまでひびくか、
もう一度かみしめてもらいたい。

J1リーグ開幕まで、あと2週間。
初心にかえりましょー!



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

開幕必須本。 [Marinos *]

08-02-27_13-49.jpgもう出てたのねん。
オフ中、なかばサッカー情報遮断気味の私は、
これで重要な移籍を初めて知ったりする、のだ。

いよいよ、ねぇ♪
ねぇ、ねぇ、ねぇ♪

***rai

で、帰宅後、もう?年使ってるカバーを07本から移動。
08-02-27_21-56.jpg
トリコリボンのしおりもつけて、ヴァージョンアップ!

たのしいねぇ、年に1回の開幕前のわくわくぅ♪

こんなに期待してるのだ!
わかってるねっ!?トリコのみなさぁーん!

*********************

so-netさん、メンテナンス、おつかれさまです。
携帯からの投稿が・・・・上がらない&うちのじぃじパソでは、ちょっと重い。
週末にでも、マニュアルを読もう。
開幕までにモブログあげられるよーにしないとぉ。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。