So-net無料ブログ作成

せるちぃっく は、 [footballistic *]

日本人いっぱいチームになるのか????
■セルティックが松井獲得に動く
■千葉が水野のセルティック移籍認める
(坊ちゃんぢゃなくてもいいのか?日本人なら?
日本も格差も広がっちゃってぇ、いつぞやのアルゼンチンにもなりかねないっつーのに。
日本人選手がいるからといって、いまどきマネーがするする入ってくるわけじゃないのよぉ。)

とーんと、マリノスさんもご無沙汰で、
テレビドラマ観たり、本読んだり、食べてぇ、働いてぇ、寝てぇ、という生活です。
(murmur blog* 参照のこと。)
移籍情報などは、3日に1回ぐらいみていますが、
マリノスさん、なんだかたちおくれてませんか?
『ぐずぐすしてるんじゃなかっ!けつのあなのちいさか男たいねっ!!』 (ばーい のだめ)
 
「なんか、サッカーなくても生きていけてるじゃん、わたしぃ♪」と、思ってましたが、
今日、空をみてたら、
「・・・・あぁ、生サッカー観てぇ・・・・。」と、つぶやいてて、びっくり。

長いなぁ、J1開幕まで・・・・・まだまだ、だ。

**********

と、いうことで、3月の開幕、試合のことがかけるよーになるまでは、
(よっぽどのことがない限り)こっちのブログは、更新お休みしよーと、今決めました。
試合以外のことに、ぐちぐち言っちゃうしねぇ。
言っちゃったら言っちゃったで・・・・・・・・・。
こんなちっちゃいブログだけど、定期的にみていただいている方もいらっしゃるよーで。
我がチームを愛してくれてる人なら、『愛するがゆえ』ということは、わかってくれると思うんですが、
どーも、“アゲアシとられてる”よーな気もするんですわ・・・・・。
都合のいいように、都合のいいとこだけワンキョクして覚えられて、使われて・・・・・
 。
まぁ、それが個人ブログってもんだけども・・・・(げっそり。)
『もっと、サッカーと正面から向き合え!』(ばーい 千秋先輩。)

それでは。
サッカーと本気でむきあえる、3月以降に、またっ。


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

『サラエボの花』 1/30国立に向けて [footballistic *]

『サラエボの花』を観てきました。

これだけの過去。
真実と向き合うこと。
それでも、前へ進むこと。

私たち日本人は、これだけ強い過去からの引力を、持ってはいない。
(敗戦を経験した世代には、きっとあるのだと思う。)
過去に引っ張られながら、
それでも淡々と、静かに前に進もうという意志。
それが、この国の今。

思い出したくもない過去の象徴と、誰よりも愛しく生きる支えが、
同じ存在であることの苦しさなど、
とうてい私には、想像すらできない。

内戦があったから、強いアイデンティテーが生まれている事も確かであるが、
それは、不幸のあとに築きあげられたものであって、
私たちが、あえてその戦火に飛び込むようなことをするのは、
とてもおろかなことだし、
「二度と、どの国にも、あってはいけないこと。」と、ボスニア・ヘルツェゴビナの人たちは、
きっと、思っている。

ただ、どんな状況下においても、
人は、人としっかり向き合うことで、“神聖な姿勢で生きる”ことができる。
私は、人と向き合うことを、やっぱり、「避けているなぁ。」と、思う。
人とぶつからなくても、なんとなくは生きてゆける国にいるから。
人と、痛いぐらいに向き合わないと、前に進めないという状況の国もある。

そして、その国が、どんな状況であろうと、
同じシンプルなルールで、サッカーという競技が行われ、
人々の生活を活気づけ、潤おしていることが、
やはり、とても、すばらしいことだと思う。

1/30、私たちの代表は、この国の代表と対戦する。
この日、日本のベンチで祖国代表と戦うことを、
彼はどれぐらい待ち望んでいたことだろう。

主人公エスマの真摯さは、やはり、彼を思い出させた。
私たちの代表に、私たちの国のリーグに、サッカーに、心血を注いでくれたボスニアの人。
この試合を、観戦してもらえることを、心からうれしく思うとともに、
ここまで早い復活をみせてくれた彼のたくましさを尊敬する。

彼が、愛する祖国へ、笑って帰れるように、
私たちの代表も、今の精一杯の力を出してほしいと願う。

昨年11月に、オシム氏が映画に寄せたメッセージ。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

「よーし。」と、キリンカップ。 [Japan *]

3-0。
(あ、おひさしぶりです。みなさん。)

実は、チリ戦、どーも心が震えずで、
ちょっとばかり心配していた。
が、
よかったんじゃないですかね。(親善試合としては。)
選手それぞれが、らしさを出していて。

ボランチは、大収穫だ。
啓太は、いつもどおり啓太なのであったが、
今日は、まず、憲剛であった。
ひさしぶりに冴えている14番。
「をぉ!その展開力!それでこそ、中村@川崎!」
後半、今野に代わってから、
「(調子のいい)14番がいないと、全体的に近目になるな。」と、
思っていた矢先の今野らしさ。
これは、岡ちゃん、そーとー悩むことになる。

と、内田かなぁ。
がっちり固定されていた両サイドに、やっと、新風。
岡ちゃんは、「こいつ」と思ったら、
吸いつくぞ、どこまでも。覚悟しておけ、唯一の“鹿男”。

と、すいません、代表戦に関して、
そんなにマリサポを、前面に打ち出すことは、いちおう自粛しているのですが、
今日だけは、今日だけは、許してください、みなさん。
うちの22と10は、どーやら調子がいいらしい!!
(ひゃ、ひゃ、ひゃ、ひゃあ。)

今日だけは、今日だけは、許してください、みなさん。
だって、あんな“らしい”10番を、ずーっと見ていなかったのですから。
今日は、親(?)バカと呼ばれてもいい。
こんな日に、素直に喜ばなくていつ喜ぶのだぁ!
飽きもせずにサッカーを観ている者は、
けっきょく、こーゆーことを待っているのよ。待ちつづけてるのよ。
握手とかサーヴィスとかよりピッチの上での“わくわく”。
ちゃんと、それがあれば、雑音にぶーぶー言ったりしないのだよ。

(佑二がシーズン前だというのに、シーズン終盤みたいな表情をしていたのは、気がかり、では、ある。
ちゃんと、リフレッシュ、できたのかしらね。
あと、巻ね・・・背負ってるなぁ・・・・。がんばれぇ。)

世間が五月蝿い“考えて走るサッカー・プレッシャー”を、
岡ちゃんは、いまのところプラスにしている気はします。

タイ戦も、もちろん油断できないし、大事ですが、
私は、東アジア選手権を、ちょっと重くみています。
『いいサッカー(?)をして、勝てなかったアジアカップ』を、
実は、とても引きずってます・・・・私。
どうあれ、世界の前には、アジアが、その前には東アジアが・・・・あるという事実。

いよいよ、本番です。

**************

『おかえりなさい。』
すごく痩せていたけど、やつれてるという感じでもなく、
「試合中には、食べないっ!」ぐらいの勢いで、
スプーンをせっせと運んでいたハーフタイムの映像に、安心しました。
(あの映像は、本人、「私を撮っても。」的なんだろうけど。)
ボスニアは、ゴール前、骨太だった。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

まぁ、“三ツ沢”はついているから・・・・。 [Marinos *]

今日のキリンカップで、
ちょっとばかりいい気分になって、
ちょっとだけ、また今シーズンも横浜に通えそうな気にもなって、
「ぢゃ、そろそろ開幕への高揚を!」などと、あちこち情報をみていた。

あぁ、ほんの半月さぼっただけなのに、
いろいろ浦島太郎状態だ・・・・。

なによりびっくりしたのは、
これでした・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

*****************

開幕カードと開幕日ぐらいは、わかっていたが、
鹿島詣が意外に早い。
(今年は、理由あって神宮にも寄るつもりだ。)
ほんとにそろそろ自分をその気にしなければいけない。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。