So-net無料ブログ作成

どーなる?オールスター。 [J LEAGUE *]

オールスターは、きらいでした。
あのゆるーい感じが。
でも、「オールスターだからね・・・。」と、思いながら、ゆるーく観てました。
まぁ、ここ数年は、成績のいい時も悪い時も、うちの選手はあまり上位にくいこむこともなく、
マリサポのオールスターへの感心のうすさがわかります。

去年、佑二があれだけのことをやってくれたので、
なんか、楽しくなりました。
去年は、あのジャーマニーショックの直後、
昨日も、あのアジアカップのあとだったので。

韓国との3位決定戦の時、
「みんな、これっぽっちも楽しくなさそうだ。」と思ってて。
真剣勝負だから、へらへら笑ってたら、きっとセルじぃにおこられるんだけど、
笑顔とかじゃなくて、
オーストラリア戦序盤の嬉々とした感じが、なかったんですねぇ。

「なんか、みんな、たのしそーじゃん。」と。
「サッカーするのは、楽しいことだ。」と、出場選手の笑顔を観て、あらためて思ったりしました。
中村@川崎など、水を得た魚のように神出鬼没。
羽生も出たらよかったのに、と。
オールスターを観てると、
Jリーガーが、クラブの下部組織や、街のクラブでボールを蹴りはじめた頃、
こんな顔してやってたんだろーなぁ、ってことを想像できたりします。
小野のあのひらめき具合とか。
(ま、オールスターでひらめいてる場合じゃないけど、君。)
ほんとに、佑二ってば・・・・おとなよぉ。
そーよね、MMの食堂でマグロパーティーをもくろんでいたのだから・・・・。

来年から、多少なりとも開催のしかたが変わるらしい。
東西分けというので、
真ん中にあるうちは、毎年東にいったり、西にいったり。

最初は、外人のスタープレーヤーがいっぱいいて、
それは、それで、Jリーグを観はじめる導入口の役目をしていたと思う。
(レオナルドぉ。)
2002年前後は、まぁ、ほとんど代表メンバーみたいな。

それでも、やっぱり形骸化してきた感じはして、
「意味、あんのかなぁ。」とも、やっぱり思ってました。
うちからは、連戦中の佑二だけが出て、
まぁ、佑二なんで、疲れも見せずにやってたけど。

代表の大会やACLが入ると、過密日程はたしかに問題ではある。

けっきょく、その試合、その試合の意味を、ちゃんと考えて、
スケジュールや開催方法を検討する時にきているような気がします。

ナビスコは、賞金のわりに権威の低い大会だったけど、
“ニューヒーロー賞”に象徴される意味合いは出ていると思う。
各世代の代表を欠いた状態で戦うことで、
若いコたちの出場機会もできて、チームの総合力をあげることもできるし、
他のチームの総合力も見れる。

オールスターは、“誰に興味をもってほしいか。”なんだと思う。
オールドファンを喜ばせたいなら、それなりの選出方法があると思うし、
コアなファンを喜ばせたいなら、サテライトのカップ戦にしてもいい。
お子達を喜ばせたいなら、欧州リーグのオフに企画して、
坊ちゃんや松井や高原、ジーニョとかカカとかまだ観ぬヒーローのプレーを、
一堂に生で観れる機会にしてあげればいい。
チャリティー目的なら、賛同する選手・観客を募ればいい。

オールスターの形骸化より深刻なのは、天皇杯。
サポは本気でも、
今の開催スケジュールでは、クラブも選手も、やっぱり本腰はいれにくい。
日本の全サッカー人口が参加する大会だし、
Jのチームが参加するまでに、それこそ本気の予選が行われていて、
だからこそ、下克上もある。
なのに、当のプロチームが、本気じゃないのは、
なんだか失礼な気もします・・・・・・。

意味の濃い開催とスケジューリングを、
協会には考えていただきたいです。

****************

(ここ数日)

・なでしこ、五輪進出、おめでとぉ!
・U22は、絶対勝て!
(あれで優勝して勘違いされては、中国の今後のためにもどうかと・・・・。
ま、キリンカップとかもそうなんだけども・・・・・・。企業冠と国冠の違いはある。)
・問題の朝青龍のサッカー@モンゴル、ハイタッチしてたのは、やっぱりヒデだったよーだ。
 (あんまり報道されてないのは、事務所サイドからお達しがいったのか?
  それとも、世間的にそんな支持率になってきたのか?)
 どーすんだろーなー、ヒデ・・・・ほんとに。
 “サッカーで貢献”したいのなら、いろいろ道はあるのだと思うけど。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

悩む・・・・バルサ戦。 [Marinos *]

いくら探しても、放送予定がないよ、バルサ戦。

そりゃ、観たいのはやまやまだ。
観客として、サポとして、それなりに得るものはある。
出稼ぎツアーとはわかっていても、
世界のバルサに対して、局面局面で、うちの選手がかじりついたりしてると、
もう、たまらないのだ。

しかし、一昨年の初戦は、ホームなのに白ソックスでトリコのかけらもないFCみたいなユニで戦わされたし、
(なんだかMMのトリコポイントには、期間限定でバルサポイントなるショップが開設してるらしく、
また、こう、クラブの運営方針にイラついた。)
なによりも、ホーム7Fにいても感じるあの違和感・・・・・。
そして、チケットの高価さ。
そして、仕事。
行くとしたら、東京から新幹線に乗らねばならぬ。
フリーだからこそ、行ける平日開催というのもあるが、
フリーだからこそ、サイフのヒモもしめなければならないし、
お仕事ひとつひとつを大切にもしなければならない。

サポを喜ばせたい目的ではないのだな、と、思うので・・・・・悩む。
でも、やっぱりデコも観たい。

明日、仕事しながら考えよう・・・・・。
幸い、例年のように前売り完売ではないらしいので。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

菊名囲碁センターにも、 [Marinos *]

ユウジが。

***rai


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

しちょー、 [Marinos *]

マリサポ、にがてですか?
ダービーのあいさつとして…どーなんですか?

***rai

「あの三ツ沢で、マリノスのサポーターは、私の話を最後まで聞いてくれなかった。
私の立場も複雑なんです。
でも、ダービーはホームを応援します。
マリノスは、最下位のFCに勝って、波に乗って常勝に、
FCは、『最後のダービー』に、するなっ!」
と、いったような内容だったと思う。
最後の行だけ大絶叫でしたわぁ。
とても、応援されている気はしませんでした。
なんだか、生徒が言うことをきいてくれない担任みたいな・・・・。
オーロラヴィジョンに大写しになった、あの眼・・・・。
その後のスタンドの静けさ、そして不穏なざわつき。

ダービーマッチ直前の、
サポの心理状態を、理解したほーがいい。


nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

勝ってますともっ。 [Marinos *]

ハユマにも、とらせたいな。Fユース出身として。

個人的に、vsしちょー気分になってます…。
だめ、だめ、倒すは目の前のレアルきどりか?白ユニよぉ。

***rai


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

そりゃ、さすがに [Marinos *]

ブーイングだよな。
大ちゃんが代わった時点から、やばかったもん…。

***rai


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

2ヵ月にわたる仕掛け [Marinos *]

に応えて、あまりある結果。
中断休み気分から抜け切ってない相手につられないでよくできた。

1点とられたあとの、テツ、がっくり。
完封、したかったよな。

さぁ、旗振りながら、堂々と帰りましょう!
マリサポのみなさん。
『この街には、横浜F・マリノスがある』

***rai


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

『横浜の最も熱い日』 [Marinos *]

獲りも獲ったり8ゴール!
一試合で得失点+7。
(暫定ながら)6位。

生マリノス観戦歴8年でも、何度もない試合展開で、
「夢っぽいぞ。」と、思いながら観てました。
暑さに異常に弱い私は、ほとんど仮死状態で横国にたどりついたので、
ハーフタイムあたりまで、ちょっと意識が普通ではなく、
なので、今も、ほんとにあったことなのかどーか・・・・。
でも、今、スパサカでもみたしなっ。

どーよ、この直前の雰囲気。

そして、札束・再び!

選手、クラブ、サポが一丸となって、どれぐらいこの日にかけていたかっ!
(この中で、あのあいさつ・・・・しちょー、ある意味、君、すごい人だわ・・・・。
あーゆーのを“水をさす”“空気読まんかいっ!”ってゆーのだな。)

ラッキーもいろいろあった。
FC様の新加入選手がまだフィットしていなかったこと。
FC様のキーパーがオールスターから、なんか勘違いをひきずっていたこと。
FC様の脳内がまだ休・休・休・休・休。
FC様のDFに小村がいなかったこと。
えてして、相手がそんなだと、
たらたらたらたら合わせてしまい、どーしょーもない試合をやりがちな、
うちの育ちのよいお坊ちゃまたちが、今日はまったくちがったのだ。
相手が、というより、
“自分たちのサッカーをしてゴールを獲る”ってことに、これほど集中してくれたのだ。
で、1点獲るごとに溢れ出るアドレナリン。
とまらないスクランブル・アタック。
おもしろいほどゴールに吸い込まれるボール。
(オオシなんて、なんか、あっけにとられてた様子だった。)
見事な今年の勝ちパターンにはまった。

あげく、マツと馬場ちゃんを下げ、勇蔵と上野のオプションまで試せた。
これは、相手にとったら、大量失点+αの、ものすごい屈辱のはず。
逆の立場なら、私、耐え切れないと思う。

心ない他サポは、
「最下位相手におとなげない。」とか言いそうだ。
しかし、私は、「もっと獲ったれ!」と、終了まで思ってました。
FCに対して、愛情はない。
しかし、同じ市をホームにするチームのあの戦い方が・・・・・。
ダービーだっていうのに、あれはない。
うちの選手と同じように走っていたのは、大ちゃんだけ。
その大ちゃんが下がってからは、あまりにも・・・・。
だから、ロスタイムに入っても「手を抜くな!」と、思ってました。

大勝しながらも、課題はいっぱいあった。
(課題とゆーか、伸びしろか。)
・パス出す前に、やっぱり一瞬思考が止まる。その間に詰められる。
・やっぱり1失点・・・・テツ、がっくり。
・アドレナリン、ゴールする前から分泌しないと。
・プレスは、本気で獲りに行ってこそ相手の脅威。近寄るだけじゃ、こわくない。
勝てない試合と違ったのは、
・ゴールへの意識が高かったこと
・ペナに入ってからの粘り。五の矢ぐらいまで粘った。
それが、やっぱり運を呼ぶのだ。

8月は、たぶん、この試合しか生では観られないと思う。
このまま、今のペースをキープ!だ。
(ダービーでバーンアウトはごめんだよぉ。)

タイトルは、エルゴラ・スペシャル版(ウイイレ・バーター)より。

エルゴラは、マツびいきっ♪


nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

気が付けば、5位。 [Marinos *]

お盆とお祭りで、実家に帰っている間に、
わがチームは、ノンストップで快進撃を続けています。

あれだけやきもきさせられた前半戦がうそのような順位。
正直「間に合った・・・・。」という感じ。
これ以上だったら、たぶん、今の順位は困難だったかもしれません。
一時は、魔の降格までちょっと覚悟してました。
勝点30はキープしたので、なんとか安心。

8月残り、ホーム2戦です。
今年はアウェイの勝率のほうがいいのでは・・・・。
“なんでもない”ホームゲームにどれだけいい試合をしてくれるかに期待したいところです。

今のノンストップ状態が、どれぐらい続けられるかで、
優勝争いのしっぽにくらいつけるか、
優勝にも降格にもからまない“来期のための”という名目の後半戦になるのかが決まります。
“来期のための”と口で言ったところで、
真剣勝負をしなければ、成長の効率なんて、いいわけない。
そのためには、
この8月、ノンストップで負けなしを続けてもらって、
レッズとガンバに続いておきたいところです。

8月2試合限定のポスターがPDF配布されていますが、
大島、プレッシャーーーーー!


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

たしかに、8点とったが。 [J LEAGUE *]

なんつー・・・・・。
http://www.yokohamafc.com/news/?n=838
ぜーんぶおっかぶせておいて、これか・・・・。

苦い監督キャリアのスタートになったなぁ。

早野さんの就任が決まった時、
「へ?水沼君は?」とは、思いました。
けど、その反面、
「貴志さんのために」というモチベーションを維持するのは、難しいだろうとは思ってた。
そして、着々とコーチとしてのキャリアを踏んでいる。
なので、苦いスタートに、ならなかった、ともいえる。

高木さんも水沼君も、私がサッカーをみはじめた頃、プレーヤーだった人。
指導者としてのキャリアもほぼ同時スタート。
ここから先も、楽しみにしています。

水沼君が「すごいなぁ。」と思うのは、
かつてスター選手だったチームで、影武者に徹しているところです。
スパサカの看板をはり、一時はワイドショーのコメンテイターまでやったのだから、
華のない人では絶対にないのだ。
いまでも、ピッチで選手にダッシュさせてたりすると、やっぱり目がいっちゃうもんねー。
でも、監督を降りてからは、徹底して表には出てこない。
そのあたりにご本人の“覚悟”みたいなものを感じるし、
高木さんに比べてしまうと、
ある意味、「クラブに大切にされてるなぁ」と、思う。

他人事だが、昇格から、FCはマスコミをあおり過ぎた。
まずは、試合だよ、サッカーだよ。サッカークラブなんだから。
高木君と心中ってスタンスだったら、なんとなく「ふんふん。」と、思ってたかもしれないけど。
どーも、クラブの意思とゆーか、ヴィジョンが定まっていないよーに思う。
ヴィジョンをしっかりしない会社も、クラブも、
なぁーんか理不尽なことが起こって、ストレスたまるのよね。
甲府なんて、そのあたりしっかりしてるもんなぁ。
まぁ、応援しているサポにしたら、ちょっと厳しい状況だろうから、
勝手なことは言えないけども。
今回の解任を納得しているサポって、どれぐらいいるんだろー?とも思う。

FCのこの先のブランディングに注目しましょう。
高木さんには、
また、スカパーの解説やっていただこう。
彼の声には1/fのゆらぎがあります。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。