So-net無料ブログ作成

たいへんだぁ、 [all over the world *]

フランス。

ドイツ(W杯)の時も思ったけど、サッカーに甘えすぎだよなぁ。
『そんなにサッカーに頼るなよぉ』

***rai


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

『勝て、勝て、勝て、勝て、アウェイやけど!』 [J LEAGUE *]

明日の、○込駅が、今からたいへんこわい。
明日は土曜出勤で、“いい時間帯”に、駒○を通るのです。
乗って来ちゃうんだろーなー、赤い団体…はぁ。

***rai


nice!(0)  コメント(1) 
共通テーマ:moblog

ガーン!ガーン・・・・・。 [Marinos *]

http://www.f-marinos.com/news/topic.php?code=1165054920

じゃっ、どーするっつーんだよっ!!

・・・・・・リーグ最終戦終わった途端に。
がぁぁぁ、毎年毎年ぃぃぃ。
ほんとにこの時期はキライ・・・・・かなしいから・・・・・。

で、けっきょく、いつもテンションしりつぼみ・・・・・
なにげなーく南のほーか北のほーで終ってしまう天皇杯・・・・。

せっかく、せっかく、昨日はサカティとハユのゴールで、
白星飾ったとゆーのに。
火曜日に録画観るの楽しみにしてたのに・・・・。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

03と04のビデオを探したのですが、 [Marinos *]

優勝決まった試合とかだけが、出てこない。
あれかしら?自分でどっかに大事にしまいこみすぎたのかしら?

そーです、観たかったのは、大ちゃんと、ドゥトラでした。
と、チームとして、「今年の淋しさは、いったいなんだ?」でした。

03・04は、優勝したから好きなシーズンかといえば、
それも確かにあるとは思うのですが、
土壇場で、キワキワで、ベンチから誰かが出てきて、ちゃんと仕事をして、
苦しみながらもネチネチ勝っていった、ってところがすばらしかったと思う。
キクマリとか、飛ばしながら見てても、
今は違う色のユニを着た選手が、けっこうそーゆー活躍をしていたりする。
決して、圧倒的に強かったってわけでもないのに、
積み上げて積み上げて、こらえてこらえて結果が出たシーズンだったから、
それを観てたので、『いいシーズンだった。』と、思うのです。

新旧交代、新陳代謝はクラブにつき物だが、
大ちゃん、ドゥトラと、こーゆー別れかたは、やっぱり心情的に、すごくヤダ。

昨日はフクアリで、大ちゃんコール、ドゥトラコールがあったらしい。
そりゃ、そーだ。

頼むので、元旦、もう一回、大ちゃんとドゥトラのいるチームをみせてほしい。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

vsシリア [Japan *]

ドーハ大会、おもしろいぞ。
うちの選手、いないけど。

このチーム、みょーな集中力があって。
うちの選手、いないけど。

金田さんの若い世代の解説も大好きだ。
うちの選手、いないけど。

平山らしいゴールらったな。
うちの選手、いないけど。

このコは、なんつーか、時間の流れが他の10人と違うのねぇ、いつもいつも。
そこが大物と言われるところなのかしら?
あねワールドユースの時も、サカティ目線だったから、けっこうイライラしっぱなしだったわ。
変な倒れ方と手癖は、直したほーがいい。

高萩と谷口は好きタイプだな。
うちの選手、いないけど。

うわぁ、遅延…。しかもレッド…。
だから『アジアの道はイバラの道』なんだってばぁ。こーゆー意味でも。
観られるだけは、観てみよう。
この世代のこーゆー大会って、チームが大会中に急成長するからおもしろい。
うちの選手、いないけど。

***rai


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

天皇杯@長崎 [Marinos *]

サカティ先制で、ちょっと更新したら・・・・追いつかれてるよ、おーーーぃ。

頼むよぉ、長崎→神戸→?→国立、帰ってこぉーい。
水沼続投もかかってるだろぉぉ!?

*****************

PK勝ちぃぃぃ!
よく、がんばったぁ! テツっ!

次は・・・・vsガンバ @神戸。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

東京、原たん復帰か。 [J LEAGUE *]

W杯イヤー、終わったからねぇ。
2010年には、また南アフリカあたりに旅行でしょう。
東京は、これでまた盛り上がるかな?

うちは、水沼君、コーチ希望とか。
チームを去らないだけいいけども、できれば監督、続けてほしい。
そのためにも、がんばれ。天皇杯。

***rai


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

(一週間おくれて) vs市原 天皇杯、07シーズンにむけて。 [Marinos *]

ビデオを観ました。
とてもいい試合だったと思います。
優勝にも降格にも絡んでいないリーグ最終戦で、あの内容は、
なかなかできることではないです。
そこが市原(千葉って呼べないのです・・なぜか。)との差だったかと。
(勝って1桁順位、よかったです。)
天皇杯および来季へのヴィジョンがあっての内容と、受け取りたいと思います。
守備は、(佑二の能力が目立ってはいましたが、)誰一人さぼってないところが、よかったです。
大島、サカティは、“前線からの守備”においては、ぜったいにさぼりません。
攻撃は、「やっと、やっと繋がるよーになったねぇ。」のパスワーク。
前節までと違うのは、ぺナに上手に上手にカタチをつくろうとこだわらなかったこと。
で、サカティのオハコ「無理だろ、その体勢からは。」反転シュートにもってけたこと。
ドゥトラも大ちゃんも(マツも)いない試合で、
この内容ができたことは、最終節とは思えません。
ちゃんと、07シーズン、もっと先に、繋がっていってくれると思います。

なんというか、この若さにして、
この静かな不気味な集中力は、対戦相手にしてみたら、ちょっと気持ち悪いのかもしれないです。

マリノスを生で6年観てきて、
この試合の飄々とした落ち着き方は、ちょっと異質でした。

いつもいつも、勝ちつづけている時でさえ、ドタバタドタバタ、バクバク、ドキドキ。
いい意味でも悪い意味でも。
まぁ、“大人げない”というか、岡ちゃん就任以降は“泥臭い”とゆーか。
それが戦い方の波にもなってたし、よく転べは数々のミラクルっぽい結果も呼び込んできた。

この試合、前節、キャプテンマークを投げて退場になったマツの姿は、もちろんなかった。
こんな愚行は、初めてのことじゃないし、こっちはもう、慣れっこで、悲しくはあるが、
「またか・・・。」「まったく成長がない・・。」と、言いつつも、やっぱり3番のレプリカは多い。
マツのあの度重なる愚行は、チームへの愛情が溢れかえって、コントロールできなくなって、局面局面で表出する。
マツのチームへの愛情は、選手というよりゴール裏からの愛情に近く、
「なんでっ!?なんでっ!?(うまくいかないんだ?)」的なストレスだと思う。
だから、最終的に、サポには許されて、ピッチに戻る。
01年のギリギリの残留は、マツの存在あってこそだったと、私は今も思っている。
おとなしい選手、おとなしいゴール裏までも、マツはひっくるめてひっぱった。
ある意味、やっぱりマツは、ここまでのチームを象徴してきたのだ。

市原戦の不気味な集中力に、私はすごく期待している。
そして、そこに、マツの“血”が、どんな風に流れ込むのかが、
07年のチームを決めていくのだと、思ってる。
ベテランとして、キャプテンとしては、ほんとに感情を抑えきれない“困ったちゃん”ではあるのだけれど、
マツには、“感情だけで”プレーする選手では、絶対にない。
並外れた身体能力と、ワールドレベルの危機察知能力。
それを、チームメイトはじめ、サポもよく知っている。

飄々として、冷静で、うまいチームが、それだけで頂点を極められるほど、Jリーグは甘くない。
ますます、自分の存在が必要不可欠であることを、マツには自覚してもらいたい。

それにしても、“戦力外通告”という言葉は、なんとかならないものか?
大ちゃんやドゥトラのよーな貢献度の選手に対して、
あまりにも失礼であるし、
チームを観つづけているサポにとっても、あまりにも残酷な響きである。
大ちゃんやドゥトラに、“戦力外通告”してまで、お前たちに期待しているんだぞ、と、
狩野や山瀬(兄)、ピッチに残る選手たちに、その意思が伝わらないことには、
まったく意味のないことだ。


nice!(0)  コメント(1) 
共通テーマ:スポーツ

ドゥトラ 帰国。 [Marinos *]

http://www.f-marinos.com/news/topic.php?code=1165406140
13日に帰国。
(あぁ、もう1回でいいから、ドゥトラのいる試合を観たかった。それが元旦なら言うことなかったのに。)

01年、フロントの 坊ちゃん+若手 新陳代謝政策の失敗で、
チームは残留争いを繰り広げることになり、
シーズン半ばにその若手(ナオ、ハユ、豊など)を一斉レンタル、
監督交代、それでやってきたのが3人のブラジル選手。
ドゥトラは、その中のひとりでした。
緊急にチームが打った残留のための手だったし、
その3人の中でも、ドゥトラは最初一番地味で、
正直、こんなに長くチームを支え、中心となってくれるとは、あの時、まったく思っていなかった。

いつもどんな時も、安定したパフォーマンスを繰り広げ、
いつどんな時も、チーム自体を守りつづけてくれた。
サンチョル兄さんのような“精神的支柱の役目”や
安君のような華やかさはなかったけど、
徹頭徹尾“助っ人”として、そのタフなプレーで、もやしっこマリの成長を促してくれた。

ゲーム中、誰かが倒されると「大丈夫?ねぇ、大丈夫?」と、今だにバクバクするけども、
ドゥトラが倒されても、いつからか「ドゥは、大丈夫!」と。
ほんとに、「甘えてたなぁ・・・。」と思います。

あの硬質なゴムまりのようなフィジカルで、
手以外のすべての部分を使って、ボールを前へ前へという姿勢を、
残された選手は、忘れてはいけないと思います。

ゴール裏に『動虎』のフラッグが出現した日は、ほんとーにうれしかった。

私たちは、いつまでもいつまでもドゥトラのことは、忘れられないと思うし、
これからうちの左サイドに入る選手は、きっといつまでもいつまでも、ドゥトラが目標となり、
壁となるんだと思います。

5年間、ほんとに、ほんとに、ありがとぉ。


タグ:ドゥトラ
nice!(0)  コメント(1) 
共通テーマ:スポーツ

天皇杯@神戸 [Marinos *]

…そーか、…今シーズンも終わっちゃったか…。
神戸に行くつもりでいたのだけど、
そーゆー決意をした時に限って、
いろんなことがたたみかけてきた今週。まさに、今年の象徴のよーな週でした。
ごめんよぉマリノス。いつもの年よりは北上して来たのに。

元旦は、なんかもう…。いっそ札幌が勝ったりしてもらいたい。

***rai


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。