So-net無料ブログ作成

もう10月もなかば・・・・。 [Marinos *]

気がつけば10月もなかば。
前記事から、試合もみたよーなみないよーな。
仕事のバタバタもあって、昨年以上に熱、失速中。
9/23は横国にもまいりまして、
ひさしぶりに「戻ってきたじゃぁないかっっ!」とかなりいい気分で帰ってきたのでしたが、
そこからあまりマリノスというか、サッカー自体に触れられてないのです。
今日は、ガンバ戦、TVで観ました。
観ればまだまだ“我チーム”な意識は戻ってくるのです。
ちゃんと相手より先にボールに触ろうという姿勢が見えて、ほっとしました。
こんな基本的なところで・・・・、でも、大切なことです。
一時は「あらららららららら。」という時期もあったのですから。
山瀬兄のシュートはすばらしかったですが、
彼に対しては、ほんとにごめんなさい、どーもまだまだ“うちの子”意識が薄く・・・・。
どちらかといえば、耐えに耐えた哲&DFに拍手。

天皇杯まで、水沼君はどうやってモチべをたもってくれるだろー?
&、年末にはすこし仕事も落ち着いて、私も参戦したいものです。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

ふたりの中村 [Japan *]

代表戦も、ダイジェストぐらいでしか観ていないので、なんとも言えないのですが。
とうとう、私が一番観たかった中村憲剛も呼ばれ、ゴールまであげたらしい。
しかもすばらしいミドルであった。
リーグ戦でも代表戦でも、ダイジェストで立ち姿などが映ると、
「やっぱ、似てるな。」と、思うのだ、もう一人の中村に。
どちらの中村も、私は好きである。

中村@スコットランドは、8年ぶりのハットトリックだったらしい。
しかもその3点は、すべて流れの中からで、
「2点ぐらいはFKだろう。」とたかをくくっていた私は、倍ぐらいうれしかった。
「すごいじゃないかっ、坊ちゃん。」
坊ちゃん試合を90分フルで観なくなってから久しい。
それが一番淋しい。
そのためならばJに帰ってきてほしいとさえ思う。

さて、立ち姿が似ているし、なんだか最近は中村@川崎もファンタジスタと呼ばれはじめた今日このごろだが、プレースタイルは似て異なるふたりである。
「なんかおもしろいことおこしそう」的雰囲気は共通してるけど、
なんというか、ふたりの中村が同じ青いユニで、同じピッチに立つことは、
まったく想像すらできない私です。
正直、オシムが中村@スコットランドを招集するということは、たぶんないんじゃないかと・・・・。
でも、やっぱり中村@スコットランド(<@横浜だけど、だってちゃんと観てないもの@スコットランド)は、好きな選手だし、でもチームのカラーというものが、ねぇ、あるでしょう。
(だからあんまり「呼べ、呼べ」と無責任に言うものではないよ、TBS。)
しかし、私の中村@スコットランドへの思い入れは(M川さんになど負けないほど)強く、
坊ちゃんがあのジャーマニー・ショックを振り払うには、代表じゃなかったら、どこにあるのだ?
と、頭を悩ますこの頃です。

「なんかおもしろいことおこしそう」的フェイヴァリットな選手はおフランスにもひとり。
が、こちらも代表カラーが決定しつつある今、
「果たして・・・・呼ばれることはあるんだろーか?」と、心配である。



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。